読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

無職だけど生きている

茨城でひっそりと生きている28歳無職です

無職とお金の攻防

お金
        スポンサーリンク この記事をシェアする

 先月から失業手当が出てはいるので、一応お金が入ってきてはいるのですが、3か月の支給、会社の給料よりは少なくなるので、無職である以上お金のやりくりには苦労するところです。

 

 

 例えば税金で、今までは給料から健康保険、年金、市民税が天引きされてましたが、これらを自分で払うことになります。

 実は前々から家計簿は付けてはいたのですが、その際に給料は手取りで計算してたので天引きされた税金は家計簿から除外してましたが、いざ計算に入れてみるとこれが大変(´・ω・`)

 計算上は今までになかった出費が発生してるので(笑)

 

 

 皆さんも仕事辞める際は気を付けてください(´・ω・`)

 

 

 ちなみに額としては健康保険税が付き25000円、市民税も年4回に分けますが、1回25000円。

 年金は月16000円の手前でしたが、こちらは無職など経済的にきついときは市役所で手続きすれば免除や減額、納付猶予になります。ちなみに今は納付猶予となってるので、納めてはいません。

 

 健康保険と市民税は前年の給与を基に額を計算するそうなので、あくまで目安で。

 

 

 

 もう一つ気を付けるとすれば、失業手当が出るのは自己都合で会社を辞めた際、手続きしてから3か月はしないと手当が出ないので、それまでの生活費くらいは貯めておくのを勧めます。

 

 まぁ私の場合加えて、転職するのに時間かかるのも想定して、ざっくり1年分くらいのお金は貯めました。

 

 無職になっても税金などで、意外とお金ってかかるので、退職する際に余裕があればお金のことも頭に入れてもらえればと思います。