読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

無職だけど生きている

茨城でひっそりと生きている28歳無職です

税金との闘い

お金
        スポンサーリンク この記事をシェアする

 

 

 今月は健康保険税25,000円市県民税25,000円を払わなければいけません。

 健康保険は8月~2月まで毎月、市県民税は6,8,10,1月と4回に分けて納付。

 

 いつもはATMからお金引き出して、コンビニ行ってという感じでしたが、今回はネットで支払いをしました。

 

 支払い方

 

 厳密にはクレジットカードですね。

 

 

koukin.yahoo.co.jp

 

 にアクセスすれば税金のほか、ふるさと納税、水道料金、自動車税などいろんなものの支払いができるそうです。YAHOO!のIDクレジットカードの番号を登録すれば支払いが可能です。

 

 ちなみに手数料がかかるそうで、25,000円ずつだと両方324円ずつ手数料がかかるそうです。

 

 ただ、クレジットカードに入るポイントとATM、コンビニに行く手間を考えたらまぁ妥当かなと。

 

 

 

 

  無職には特に痛い税金

ryota0622.hatenablog.com

  こちらの記事でも挙げましたが、無職になってから健康保険、年金、市県民税といった税金を自分で納めるため、普段の出費が働いてた時よりある意味増えました。

 ※年金は手続きをして納付猶予中。ちなみに月額16260円だそうな。健康保険とかと比べれば猶予なり減額なりはすんなりできそうです。

 

 

 元々家計簿をつけてて、普段の出費は把握してましたが、元々天引きされた分は無視してたので、ある意味想定外の出費が発生した感じです(;・ω・)

  収入を記入するときも額面でなく、手取りで見てましたしね。

 

 働いてるときに給与明細でいくら税金が引かれているか確認すれば、一応無職になった際に払う税金もシミュレーションはできるので、これから会社を辞める方はぜひその辺を頭に入れてもらえればと思います。

 

 

  ちなみに毎年5月ごろに自動車税も払わなければいけません。これは毎年のことなので想定はしてますが、僕の車は古いので今年から値上がりしました。39600円(;´Д`)

 

 

 

  まとめ

 そんなことで働いてる時はほとんど天引きなのであまり自覚はなかったですが、仕事を辞めると自分で払うのでいかに税金がきついかが身をもってわかりました。

 税金については手続きとかでなければ、普段の生活で節約するのはほぼ不可能なので頭の痛い所です。

 

 なので働いている時もなかなか自覚する機会はありませんが、健康保険や年金でなかなかの額を税金として払ってるので、給与明細で一度見ておくといいでしょう