読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

金融機関の使い方

        スポンサーリンク この記事をシェアする

 前回の記事ではお金の使い方について触れました

 

ryota0622.hatenablog.com

 

 今回はお金の貯め方について。

 

 銀行預金

 

 現在銀行口座はみずほ銀行、ゆうちょ銀行、常陽銀行じぶん銀行の4つです。

 

 みずほ銀行

 一応メインバンクという位置づけです。失業手当の振り込み先や日常のATM使用もここです。みずほマイレージクラブに入ってるので、口座に10万円以上残っていればコンビニATMでの引き出しも月4回までは手数料0円になっています。

 ただみずほ銀行の店舗が茨城は少なく、定期預金など諸々の手続きは店舗に行かなければできないのが面倒です。逆にほとんどのコンビニのATMが使えるので、手数料さえ気を付ければ使い勝手は良いです。

 

 ゆうちょ銀行

 貯金用。加えてマネックス証券の口座への送金用にお金を貯めておくのにも使ってます。時々ATMに行って、余分な小銭を預け入れてじわじわ貯めてます。

 ちなみに車で行こうとすると、ゆうちょ銀行も駐車場が狭いかそもそも駐車場がない所もあるので車で行くのは面倒です。

  なおゆうちょのATMならいつでも手数料はゼロですが、コンビニとかだと手数料かかるので注意!

 常陽銀行

 完全に貯金用です。塾講師やってた時に(強制的に)全社員口座を作りました。

 こちらはそこそこの額があるので定期預金とかしようかとも思いましたが、ネットバンキングではできず店舗でしか手続きできないのが面倒。

 とりあえずは、みずほ銀行の口座残高が少なくなった時の補充用ってことで。

  こちらは店舗で平日の昼間でないと手数料かかるので、平日仕事だと辛いかもです。茨城県の地銀なので、茨城県内はいっぱい店舗ありますけど。

 じぶん銀行

 ここも貯金用です。一番多くの現金を入れてて、定期預金に使ってます。

 ただマイナス金利の影響で定期預金の金利が大幅に下がったので、今の定期預金の満期が来たら、マネックス証券に移して国債にしようかと考えてます。

 

じぶん銀行 円定期預金金利推移表 2016/09/05 

 

 ちょっと前までは金利も良い感じだったのですが・・・。

  手数料については預け入れは無料、引き出しは月4回まで無料、5回目以降は手数料有です。

 

 

 証券会社

  マネックス証券の口座を持ってます。一昨年、塾講師辞めようと決意し、辞めてからのお金の足しになればと思い、投資を開始。

  

 マネックス証券

 解説はネットでほぼできたので楽でした。そもそもネット証券で店舗がないので、

  店舗のある証券会社だと、店員の口車に乗せてあらぬ方向になんてことも考えられたので、実際に投資をしながら勉強しようというスタンスで。

 やってるのは基本的に株と投資信託です。

 株はあまり難しいことを考えず、自分が普段使ってるものに関する会社にしています。

 投資信託はデータを見つつですが、とりあえず余計なコストがかからないものに絞ってます。細かいデータを見てもなかなかわかることではないので、とにかく手数料が低いものを。(ノーロードと呼ばれるものとか)

 どちらも大儲けってほどでないですが、同じ額を定期預金にするよりは良いかなーってくらいの利益は出せてます。

 

 

 

まとめ 

 これをやったからといって劇的にお金が増えたとかではありませんが、少なくともお金に対する意識は変わったかと思います。

 そもそも証券会社を開いたころにはある程度会社を辞めようと決意しつつあったので、尻に火が付いたような気持ちでしたが(笑)

 投資に関しては本とかデータを見ても、経済とかに詳しくないとあまり理解できないので、それなら少額でやってみて徐々に理解していくのもありかと思います。

 株も今は1株(数百円~)から買えるのもありますし、投資信託も1000円からというのもありますので。

  あとATMでの手数料に気を付けましょう。一回108円として、月1回を毎月だと年間1296円。毎週108円かけると50週として年間5400円と意外とバカにできないので、このような一回一回の小さな出費も気を付けましょう。