読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

無職だけど生きている

茨城でひっそりと生きている28歳無職です

環境と生態系を守ろう!

自然 転職活動
        スポンサーリンク この記事をシェアする

 7月にエコ検定を受けて無事受かりました。

 今月末にはエコ検定の発展版と言われている?

www.biotop-kanrishi.org

の試験を受けてきます。

 

 

 どんな試験?

 マークシートと小論文による試験。マークシートの方は生態学ビオトープ論、環境関連法(法律)、専門科目(計画管理士と施工管理の2種類でどちらを受けるか事前に選ぶ)

 大問はこの4つからなり、全ての大問で6割以上の正答率を出すこと。小論文は「可」が評価で付けば合格だそうです。1つでも6割を割ると即不合格だそうで。

 難易度は高校の生物や地学、大学レベルの知識も必要といったところでしょうか。

 僕の場合は高校で生物、地学をやって、大学も農学部ということもあり、またエコ検定と出題が被る所も少しあるので、多少の知識はあるかなという感じです。

 

 ただやはり、エコ検定と比べると専門的で深いところまで聞かれるので難しいですね。

 

 受かったら・・・

 ビオトープ管理士自体は、公的な入札に有利になるなど主に土木関係で優位になるみたいです。ただ最近の環境問題のことを考えると、今後は少し幅も広がるかと思います。

 ちなみに僕の場合、転職活動云々は抜きにして、単純に環境問題や生態系に関心があって受けたってことで、あくまで好きなことを勉強してるだけという感覚です。知識の幅が広がるといいますか。

 

 まとめ

 生物系を専門にしてないときつい試験です。

 テキストも一応ありますが、売ってる所も少ないのでネットの方が確実です。

 

 なお過去問もテキストにありますが、1回分しかありません。公式サイトで5回分をまとめたものは販売しており、そこくらいしかまともに過去問はないようです。

 

 ちなみにエコ検定は年に2回でしたが、ビオトープ管理士は9月の一回しかありません。なので、もし落ちたらまた来年まで待たなければいけません(´・ω・`)