読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

無職だけど生きている

茨城でひっそりと生きている28歳無職です

【飼育も簡単】メダカとの混泳おすすめ生物たち

アクアリウム
        スポンサーリンク この記事をシェアする

こんにちは、りょうた(@nr880622)です。  

 

ryota0622.hatenablog.com

 この記事で触れましたが、メダカ、ミナミヌマエビ、ヤマトヌマエビ、タニシを飼っていますが、他にも今はいないのも含めて一緒に飼ったのがいたので補足。

 

 

 

 

シマドジョウ。水槽の底の方をうろうろ

f:id:ryota0622:20160912105010j:plain

ドジョウの一種です。ほとんど底の方を動き回っていて、あまり上の方には上がってきません。たまに上がってきてもメダカなどを襲うことはありません

餌については、ドジョウ用の餌も売ってはいますが、基本的にはエビと同じでメダカの残餌を食べるので特に餌を与えるということはしてません。

各水槽に1匹しかいませんが、動き回る姿がかわいいです(/ω\) まれに土の中に潜って、顔だけひょこっと出してることもあり、その姿もかわいいです(*´ω`*)

ペットショップ行くと他の種類のドジョウもいろいろいますが、役割はそれほど変わらないようです。

 

ちなみに3年前からメダカを飼い始めた際にシマドジョウも2匹一緒に飼い始めて、そのうち一匹は今も生きています。

雄と雌の区別の違いについては・・・・わかりません(笑)そもそも繁殖も難しいらしく、ネットで検索しても普通に飼ってる人で繁殖した例は見当たりませんでした。

繫殖は期待しない方がいいです。 

 

 

 

イシマキガイ(石巻貝)。コケ対策といえばこれ!

 

f:id:ryota0622:20160912111128j:plain

タニシと同じく貝の仲間で、水槽にこびりついたコケを食べてくれます。

こちらも性別の区別はよくわからず、やはり普通に飼って繁殖した例はほとんどないそうです。万が一卵を産んでも米粒みたいな卵が壁にへばりついた形になり、見栄えはあまりよくないそうです。

ただ、普通に飼ってて繫殖することはほとんどないので、特に気にする必要はないでしょう。僕も長く飼ってて、産卵されたことはありません。

 

ただ見かけによらず大食感らしく、数匹入れておいたら目に見えてコケが減っていました。

 

 

オトシンクルス。コケ対策。かわいい

 

f:id:ryota0622:20160912112253j:plain

 

石巻貝と同じく、コケ取りをしてくれます。壁に張り付いて、コケをそぎ取るようにして食べます。1枚目みたいな感じで。ただコケを食べつくすと食糧がなくなることになるので、エビ用の沈む餌などを場合によっては与えるといいかもしれません。

水槽内をあちこち動き回りますが、性格は温厚なので、メダカなど他の魚を襲うことはありませんので、混泳も問題なしです。

ただ、分類上は熱帯魚なので水温は少し高めな方がいいかもしれません。

f:id:ryota0622:20160912112246j:plain

ちなみにこう見えてナマズの仲間だそうです。

 

オトシンクルス (Otocinclus) は、ナマズ目ロリカリア科ヒポプトポマ亜科に分類される

オトシンクルス - Wikipedia

 

 

 

まとめ。コケ対策として飼う

今日紹介したのはメインで飼うというよりは、コケ取りや掃除屋など補助的な位置づけでしょうかね。

僕の場合、メダカをメインで飼ってます。最初の頃はメダカだけで飼ってましたが、途中からエビなどを追加しました。やはりいろんな種類がいた方が、華やかと言いますか、観てて楽しい・癒されるって感じがあります。

混泳についてはメダカなら、エビやドジョウが人気・無難なようです。

ちなみに金魚とメダカを一緒に泳がせると、金魚がメダカを食べることもあるそうなのでNGです!(基本的に倍以上の大きさの魚は、メダカを食べる危険があるのでNGです)