読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

無職だけど生きている

茨城でひっそりと生きている28歳無職です

無職になってからを軽く総括してみました。

お金
        スポンサーリンク この記事をシェアする

 気が付けば4年やった塾講師を辞めて半年がたちました。さらに農場をクビになってから無職が続き、かれこれ丸3か月無職。これの前も合わせると、累計5カ月無職をやっています。

 

 無職になって変わったこと 体編

 塾講師って昼から深夜が仕事なのでどうやっても夜型の仕事になってしまいます。僕もこの頃は朝10時に起きて、寝るのが夜中の3時くらいでした。

 辞めてからはまず規則正しい生活を心掛け、今は遅くても朝9時には起き、夜も夜中の1時には遅くても寝るようになりました。

 また食事も、昼食が以前は夕方でしかも忙しい時は食べないときもありましたが、今は規則正しく3食食べてます

 そのため一番大きいのが、体調全般が良くなったこと。以前は常に体が怠かったり、重かったりしましたが、今では考えられません。

 

 

  無職になって変わったこと 精神編

 精神的にも以前は、休日も仕事を家ですることもあったので、なかなか心から休んでる日というのがほとんどありませんでしたが、今は年中休み(笑)なので、そもそもストレス的なものもほとんど感じません。そのおかげか以前よりイライラすることも少なくなったと思います。大半のことは「まぁ、しょうがない」って感じで。

 今はとにかく興味のある資格の勉強や趣味のカメラなど、好きなことを気の向くままにやっています。

 

 

  不安なこと

 とにかくお金のことが不安ですね。来月までは仕事がなくても失業手当が出るので良いですが、11月以降は何もなくなるので、仕事も何もない時にどうするかということです。

 幸い、塾講師やってた頃に退職を見据えて、貯金は頑張ったので収入がなくても1年くらいは大丈夫であろう額は貯めたし、実家なのですぐに生活に困るわけではありません。それでも、学生の時や車買うときなどにかなりお金は親に出してもらってたので、極力自分の力で金銭的な所は何とかしたいところです。(さすがにどうしようもなくなったら助けてもらおうかと思いますが)

 

 

 つまり、無職というのは・・・

 結局の所、お金が心配なんですよね・・・。僕の場合、親であったり、友人に無職だからどうのってことはほとんど言われないので、普段の生活の中で無職だから何かあったというのはないのですが、やはりお金が入ってこないので。

 

 投資やったり、ポイントサイトでちみちみポイント稼いだり、最近はアフィリエイトを始めたり、まずは労力をそれほど要さないところから対策は打ち始めてます。

 

 まぁ何にしてもお金が入ればと・・・。大金じゃなくていいので、とりあえず手元に15万くらいあれば十分貯金までできるかなーってイメージです。