読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

無職だけど生きている

茨城でひっそりと生きている28歳無職です

ビオトープ管理士の試験も近づいてまいりました

自然
        スポンサーリンク この記事をシェアする

 ビオトープ管理士の試験まで残り4日となりました。

 

 

 

ryota0622.hatenablog.com

 

 おおまかなことはこちらで触れましたが、大きく4つの問題+小論文の構成です。

 

 生態学

 こちらはやはり高校生物や大学でやったことが役に立っており、10問ありますが8問くらいはコンスタントに正解できてます。過去問やってて、場合によっては満点を取るときもあります。

 

 ビオトープ

 ここも生態学ほどではないですが、ここまで点は取れている方かと思います。

  

 

 環境関連法

 課題はここで、法律、条例などは今までまともに勉強したことはないので一番苦戦しているところです。エコ検定でも似たようなことは聞かれましたが、より細かく深く聞かれている感じです。

 

 計画部門

 これについても点の上下はありますが、おおよそ合格点は取れてるかと。

 

 小論文

 上の4つで手一杯なので、とりあえず過去問をざっと見てこういう問題があるのかと把握はするようにしています。あとは回答のヒントも載っているので、それにも目を通す。

 それほど、すごくうまい文章を書けというわけでもないようですが、まずは上記の筆記の部分の知識をしっかりしなければいけませんね。

 

 

 

 

 

 筆記試験については4つ全てで正答率6割以上が必須なので、苦手な所は得意な所でカバーしようというのは通用しないです。1つでも6割を切ると、即不合格なので・・・。

 とりあえず現段階では、環境関連法以外はおおよそ6割は取れていて、関連法だけ4~5割といったところです。

 

 ただ、今後の生態系や環境関連に取り組むうえで、ビオトープ管理士でもあればかなり箔が付くようなので、頑張ります!