読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

無職だけど生きている

茨城でひっそりと生きている28歳無職です

ひどいことを言われ続けてきた生活

考えてること 学習塾
        スポンサーリンク この記事をシェアする

 

 

 

 去年の今頃だったかと思いますが、社長が社員全員集めてテストをするってことになりました。

 

 内容としては、県内主要高校の偏差値、文系・理系で上位何名まで国公立大に行けるか(社長オリジナルの資料がベース)、県内の各私立大の推薦入試の募集など・・・。

 

 ちなみに僕を含め、大半の社員は高校入試を担当しているため、そもそも大学入試にかかわる人がほとんどいないというね。

 

 

 で、添削されて点数出して返されましたが、当然点数は酷かったです。

 

 確かこの時期現場は講習があり、テキスト作成があり、という感じでかなり忙しくその中で社長の一声で実施されたテスト・・・。

 

 まぁ点数が悪いのは予想してましたが、点数と一緒に書かれてたのが

 

 「クズ」「ゴミ」

 

 でした。

 

 ※後で聞いたら同僚や後輩などもだいたい似たようなことは書かれてたそうです。

 

 

 正直これを見て、呆れた感情と怒りの両方が込み上げてきてなんとも言えない気持ちになりました。

 

 

 正直このテストをやる前の段階で、会社を辞める決意はほぼついてましたが、これがきっかけで決定打になったというかより辞めたい気持ちが加速したというか・・・そういうことになったと思います。

 

 

 

 

ryota0622.hatenablog.com

  「価値がない」と言われたり

 

 

 

ryota0622.hatenablog.com

 「信用してない」言われたり、

 

 

 

 今までの会社では散々なことを言われてますね(笑)

 

 

 とりあえず口の悪い人は嫌いです。

 

 

 

 そんな人達を反面教師にして、せめて僕は口の悪い人間にはならないようにしたいと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 バカ