【転職活動】会社を退職しても、まだ救いはある

        スポンサーリンク この記事をシェアする

 

f:id:ryota0622:20161106124200j:plain

 

こんにちは、りょうた(@nr880622)です。  

新卒で内定をもらえなかった人にだって、救いの手はある - 無職だけど生きている

にて新卒の未就職者向けの事業の一例を紹介しました。

 

僕も現在は転職活動の身ですが、一応去年塾講師をやってる頃から徐々に活動は開始してました。 

 

今回はその中で僕が活用した機関をいくつか紹介します。

 

 

 

 

ジョブカフェいばらき

最初に行ったのがここでした。「いばらき」とはついてますが、各都道府県にいくつかあるようです。茨城県でも6か所あるそうです。

やっていることはハローワークと被る部分もありますが、カウンセリングやセミナーなどが充実しています。

僕のカウンセリングを担当した方は、キャリアカウンセラーの資格も持っていたそうでいろんな話を聞けました。僕の担当になった方は、何社かで採用担当の経験もあったそうです。(ハローワークは資格がある人もない人もいるよう)

 

個人的にはジョブカフェの方がハローワークより相談員がしっかりしてる感じですね(ハローワークが悪いとかではないです)

明確に決まっているかは分かりませんが、基本的には若い人(20代)向けのよう。

求人についてはハローワークと共同のものもありますが、ジョブカフェ向けの求人もあるそうな。(ハローワークにはないもの)

ちなみにカウンセリングの段階では、適性検査などもやってどの職種に行くかという話にもなりましたが、事務処理能力の高さなどから、事務職を勧められ、当時は簿記の勉強もしてました。

 

ハローワーク

塾を辞めてからメインはこちらに移ってます。失業手当など諸々の手続きはここてやってます。

僕は職業相談でよく利用していますが、他にもセミナーやPCなどの職業訓練もやってます。

ジョブカフェは他の利用者見ても同年代が多かった印象ですが、当然こちらは40代50代以上と思われる人も多いですね。

  

退職してからやったこと。【保険に年金、失業手当】会社を退職してからやったこと - 無職だけど生きている

 

 

農林振興公社。農業関係ならここ。

文字通り?、農業分野の求人を専門に扱ってます。農業版のハローワークといったところでしょう。

HPからも求人は見れますが、フルタイム・パートタイムとも想像してたよりは求人がありました。茨城県に関しては農業が盛んですしね。

ただ個人経営レベルの規模ともなると条件が良いとも言えない所もあるかな。社会保険すらないとこも普通にありますし・・・。

 

ただ、農業方面を考えている方にとっては強い味方になると思います。

僕が初めて行ったときは、一度電話して「農業関連の仕事を探している」と伝えたら、すぐに面談をセッティングしてくれました。

 

※ハローワークでも農業の求人はありますが、農林振興公社の方が専門とあって、

詳細な情報まで得られやすいです。

  

実際に働いた感じは、【農業への転職をお考えの方へ】仕事としての農業はきつい - 無職だけど生きているにて。

 

 

             スポンサードリンク

 

 

 

 

転職サイト。自己分析、全国の求人を見れる

いくつか登録はしています。正直あまり使っておらず未知な所もありますが、各サイトで自己分析の一環で強みなどの診断するものがあるのでそれはやってます。

メインで使ってるのはリクナビNEXTグッドポイント診断をやりました。

 

 

そこで出たキーワード(長所)として、

 

悠然(気長に物事を行う)

感受性

冷静沈着

柔軟性

親密性(謙虚な気持ちを持つ)

 

の5つが挙がりました。おおよそ塾講師の時に言われたことと一致してたので、驚きました(笑)

この他にも転職活動に関するコラムなんかもあったり、いろんな情報も載っているので、こういうのを見てるだけでも勉強になります。

  

このほかに僕が使っているもので、農業方面をメインに扱う第一次産業ネットというのもありますが、他にもITに特化したものなど規模問わずいろんな転職サイトもあるようです。

 

ざっくりした印象では、ハローワークの求人より条件等は整っている印象です。

あとはハローワークやジョブカフェと違って、全国の求人を見れるのも特徴ですね。

仮に転職サイトで求人に応募はしないまでも、自己分析やコラムは勉強になる部分もあるので、どこか1つくらいは登録しておくと良いでしょう。

 

まとめ。とりあえずいろんな手があるので、救いはある

僕が利用した範囲の紹介なので、おそらく人によってはもっと他のを利用しているので、まだまだあるでしょう。

仕事を辞めたいと思ってる人、すでに辞めてどうしようかと考えてる人。そういう人たちに伝えたいのは、

世の中探してみればそういう人を救済する仕組みはある!ということです。

 

 

世の中、会社辞めたら終わりみたいな風潮もあるようだけど、決してそんなことはないです! 

 

退職してからの諸々の手続きはこちら

www.ryota-freedom.com