読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

【借金返済中】無職だけど、奨学金の繰り上げ返済をする

        スポンサーリンク この記事をシェアする

こんにちは、奨学金の返済に追われているりょうた(@nr880622)です。 


f:id:ryota0622:20161013221528j:image

 

突然ですが、奨学金の繰り上げ返済をすることにしました。

月23102円返済を20年間やって、総額550万円くらいを返済する予定。

返し終わる予定の2031年頃には40歳を超えてるので、早く返したいなというのとまだ何とか貯金に少し余裕があるので、この際やっておこうと思って。

  

 

 

手続き・やり方


f:id:ryota0622:20161013221537j:image

まずは大学卒業前に奨学金の説明があり、そこで返還のてびきという冊子をもらうのでそれを準備。

やり方は電話か郵送、FAXがあるそう。

FAXでやろうと思って、大学生の時にもらった冒頭にあるてびきの後ろのページにいろんな書類があるので、繰上返済申込書をコンビニでコピーして、必要事項の記入。

 
f:id:ryota0622:20161014211833j:image

 

真ん中の奨学生番号は、年に一回くる途中経過の手紙に書いてあり、何か月分・いくらにするかは任意の数字を記入。

 

 
f:id:ryota0622:20161014214218j:image

 

とりあえず10万円で記入。任意の額でOKです。

 

それで具体的な返済の仕組み。月23102円返済とはなってますが、実際は利息も含まれていて、今月を例にとると、

 

 

元金18589円

・利息4375円

・措置期間利息138円

 

そして繰り上げ返済の時は利息はかからないので、実際やってみると利息分だけ返済総額が少なくなるということになります。(措置期間利息はかかる)

実際、回を追うごとに利息はだんだん少なくなってます。

 
f:id:ryota0622:20161014214237j:image

 


f:id:ryota0622:20161014214250j:image

なお、この後の元金は徐々に上がっていきますが、数年は2万を切るくらいなので、計算上だいたい半年分くらいは、今回の繰り上げ返済で返済できるかと思われます。

ちなみにFAXでやったけど、家になくても最近はコンビニのコピー機に備わってますね。

 

               スポンサードリンク

 

 

 

 

やってみて思った

・・・ということを最近知りましたが、これをもっと早く知っていれば塾講師やってた時に何度かやっておけばよかったと思います(笑)一応、ボーナスも出てましたし。

父も同じように奨学金を借りたけど、けっこう稼げていたようなので、繰り上げ返済をバンバン使って、割と早い段階で全額返済できたそうです。もしくは、貯めに貯めてまとめて全額一気に返したとか?

(ただ、父は国立大出てるし、大手企業勤めだったので圧倒的に有利な気も・・・)

 

 

繰り上げ返済は、やれるならやったほうがいい

これから奨学金を返す人、今返している人は、このことも頭に入れて活用していただくと、利息分くらいではありますが返済総額を抑えたり、早い時期に返すことも可能ですよ。ちなみに返済総額550万の内、利息が7,80万くらいだそう・・・。

上の写真で各月の利息の額がありますけど、むしろ早い段階の方が利息が多い分、繰り上げ返済は早い時期の方がお得でしょう。

 

そもそも僕は第二種というのを借りましたが、第一種だったら利息がないんですよね。成績とかの基準があるので、第二種よりハードルは少し高めらしい。逆に二種は特にこれといった条件はなかったかと思います。

(大学の授業ほぼ皆勤だったけど、成績は100人くらいの学科で下から10番目くらいでしたw)

確か第一種は学内で上位半分~3分の1の成績を取ってなければダメだった気が。

ただ、やっぱり可能であれば借りない方がいいのかな。結局返すとなるとかなりの額を返すことになるし・・・。

一方で、奨学金を使わないと大学行きたい人も行けない人もいることでしょう。

特に私立ともなると年間100万はするところがほとんどですし。

  

それでも借りないまでは行かなくても、せめて借りる額は最小限に抑えた方が良いです。

数年から20年返済することを考えると、これほどきついものはないです。

 

来月くらいに正式な繰り上げ返済の詳細が郵送でくるそうなので、きたらまた記事にします。

 

 

 

 

 追記。来ました!

 

 

ryota0622.hatenablog.com

 

同じく奨学金の記事

www.ryota-freedom.com