読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

無職だけど生きている

茨城でひっそりと生きている28歳無職です

いろんな人に刺激されて、新しい自分を作る

ブログ
        スポンサーリンク この記事をシェアする

  無職・ニートに悩む

reon5653desu.hatenablog.com

 

 僕は自分のことをブログ名にも使っている無職と言ってますが、まぁニートと言ってもいいでしょう(笑)

 

 実は僕のブログは検索から来る人はそんなにいなくて、全体の1,2割くらいみたいだけど、その中で何で検索したのかなと検索ワードを見てみると「無職」ってワードが圧倒的に多い。(あとはメダカなどアクアリウム関係)

 

 

 ということは「無職」で悩んでる人もけっこういるんでしょうね。

  

 

 

 

 そんな中で冒頭のブログでは、本を読むこと人と会うことを推奨してます。

 

 

 僕もこれには大いに賛成・・・というかだいたい同じようなことを心掛けています。

 

 本は最近だと堀江貴文さんの99%の会社はいらない (ベスト新書)本音で生きる 一秒も後悔しない強い生き方 (SB新書)や西野亮廣さんの魔法のコンパス 道なき道の歩き方 をよく読んでます。

 いずれも世間一般の常識を少し批判する内容になっていますが、僕から見ると「なるほどなー」と思えるところがいっぱいあり、逆にそういうことを言う人に惹かれるのかなと最近思います。いわゆる「常識を疑う」といいますかね。

 

 

 

 

 人と会うことについては、友人ともちょくちょく会うけど、

 

 

ryota0622.hatenablog.com

 

 だったり、

 

 

 

ryota0622.hatenablog.com

 

 でもこれまでに会ったことのないような人に会って話を聞いたりすることも刺激になりました。

 

 

 特に仕事がなくなると、人と会う機会がどうしても減ってしまうので、気をつけなくちゃいけない。実際、塾にいた時に転職した同僚に話を聞いても孤独感に悩んだという話でした。

 

 

 ボランティアでは主に僕よりも1回り以上年上の方たちと交流する機会があり、人生戦略論のセミナーでは同世代で同じような考え・悩みを持つ方たちと交流することができました。

 

 加えて僕の場合、ツィッターのフォロワーの方やブログを読んでくれてる人とも交流していて、実際面識のない人ばかりだけど、周りにはいないタイプの人が多いのでこちらもいい刺激になります。そういった意味ではインターネットでも人と交流することは可能なのでいい時代ですね。

  

      f:id:ryota0622:20161108220835j:plain

 逆に今までは他のSNSやってても、基本友人のみとの交流だったので、今こうしていろんな方と交流するのが新鮮な感覚です。ツィッターのフォロワーや読者もだんだん増えてきているので、そこからいろんな人と交流するのが楽しみです。

 

 

 

 春先とかは仕事辞めてどうなることかと思ったけど、いざブログやツィッターやってると意外と同じような状況の人が多いなと気づいた。(まわりで同じような状況の人がほとんどいないもので)

 

 そういう意味ではネット関係で新たな楽しみができましたね(^^)