【料金は割とシビア】学習塾の料金事情を元塾講師が解説してみた

        スポンサーリンク この記事をシェアする

f:id:ryota0622:20161125194946j:plain

 

 

こんにちは、元塾講師のりょうた(@nr880622)です。

 

sasashi0526.hateblo.jp

 

元塾講師なもので複雑な気持ちも多少ありますが、やっぱり塾・予備校ってものすごくお金がかかるんですよね。1か月で数万かかるのもよくありますし。

 

僕自身は塾・予備校を全否定はしませんが、ただ通えば良い・通えば絶対成績が上がる・下がったら塾のせいと思ってるなら、行かない方がいいでしょう。

 

そんな今回は塾とお金の話。 

 

 

 

 

個別指導の実態(by元生徒)。大手だから良いわけではない

www.ryukke.com

 

こちらの記事では個別指導に関して触れていますが、僕がいた塾も大手個別指導塾から移ってきた子はけっこう多かった印象です。

 

というか他の塾から来た子の半分以上は大手の個別指導から移ってきた子ってイメージです。

 

そんなことで移ってきた生徒からいろいろ話を聞けたわけです。

 

基本個別指導って本来は先生:生徒が1対1もしくは1対2ってイメージですが、実際の所は講師の数が少ないのか生徒の数が多すぎるのかで1対3とか1対4、もしくはそれ以上というのが意外とあるとか。

 

あまり人数がいると基本個別指導って1コマ80分なので、時間が足りず下手すると前回出した宿題チェック・解説とかで終わってしまうこともあるとか。(生徒談)

 

もちろん大手も実績をあげている以上は、カリキュラムや指導方法などが間違っているわけではありません。

 

 

ただし、一概には言えませんが大手だから安心ってわけではないですね。

www.proof0309.com

 

もちろん良い大手もありますが、とりあえず規模が小さい塾といったんフラットな視点で比べた方が良いです。

 

 

しかしお金がかかる。特に個別指導になるとより高い

まぁ人数的なものは仕方ない所もあるのですが、個別指導で難しいのは冒頭のブログでも触れてますが料金が高い

 

値段自体は塾によってだいぶ変わってきますが、いろいろ見たイメージは集団授業が月2~3万に対し、個別は幅がありますが2~5万の間ってイメージですね。

※中学生の場合。高校生はこれより若干高いかも。だいたい+数千~1万のイメージ

 

僕のいた塾も個別指導はあったのですが、何せ料金のシステムが分かりづらい

 

実際僕は集団授業担当なのでまだいいですが、個別指導担当の人でもちゃんと把握しきれてない部分があったくらいです。

 

なのでたまに個別担当の人が不在で、集団担当の自分しかいないときに、個別の料金きかれたときは本当に困りました(笑)

 

集団は全員同じ料金ですが、個別は取る科目数や細かいカリキュラムによって変わってきますからね。

 

加えて、料金に関して社員への周知徹底がされてなかった気もするけど。

 

そもそもうちの場合は料金的なものは社長と経理でほとんど独断で決めてしまっているので、社員が分からないのも仕方ない所はあります。

 

会議でも社長から政策的なことは事後報告の形で言われるので困惑する所もあったり。

 

週何コマ授業やるか、使うテキスト、科目、時間帯・・・様々な要素が絡んでくるので様々です。

 

ただざっくりしたイメージでは個別は集団の1.5倍~2倍くらいの値段がする感じでした。

 

他の塾を見ても集団授業は週3、個別は人によりますが週2,3くらいが多いですが、集団は1コマ120分~150分

 

個別は1コマ80分なので、時間で考えるとどうしても割高です。

 

とはいえ個別指導もメリットはある

もっとも個別は先生がつきっきりで、集団よりも質問とかしやすかったり授業時間とかの融通も効くという所ではかなり便利です。

 

あとは部活で忙しい生徒なんかは大会等で授業に来れないなんてことも度々あるので、そういった生徒にはむしろ時間の融通が利く個別指導の方が向いているかもしれません。

 

実際僕がいた塾も、集団でやりたいけど部活が・・・という生徒は、部活引退まで個別でやって、引退してから集団に移るとかもありました。

 

集団授業だと欠席しても振替授業がない所が多いですが、個別指導であれば基本的に後日振替授業は可能な所が多いです。

 

 

でもやっぱりお金がきついかな

そんなメリットはありますが、やはり集団も含め塾ってお金がかかります

 

僕の担当したクラスでもお金に余裕がなく、月謝の支払いが滞ることも時々ありました。

 

これは別に僕のいた所でなくても、各塾でこういうことはあるでしょう。

 

なので金銭面に不安がある、でも子供に勉強はさせたいということであれば、まずは各家庭でしっかり勉強する仕組みを構築したほうがいいです。

 

逆に言えば家でしっかり勉強できていて、学校の授業とかもフル活用してもらえれば特に塾に行く必要もなくなるかと思います。

 

むしろ家と学校でやれることができてないと、塾に来ても受け身になったり、いいかげんになったりで、あまり意味がないです。

  

あくまで塾は補助的な位置づけと考えた方がいいでしょう。

 

              スポンサードリンク

 

 

 

塾にも特待生がある。料金割引・免除のチャンス!

ちなみに最近は各塾で特待生制度を採用してる所もたまにあるので、成績に自信があればそれにチャレンジするのも良いかと。

 

場合によっては高くても月数千円で済むところもありますので。

 

ただこれに引っかかるには最低でも偏差値60(中の上)くらいは必要ですかね。これで2,3割安くなるかな?

 

がっつり安くなるともなると偏差値65~70は必要でしょう・・・。

 

勉強が苦手な子は・・・頑張りましょう。

 

余談ですが、だいたいの塾は漢字検定などの資格の取得を推奨していて塾で受けて合格した場合は図書カードがもらえるところもあります。

 

 

 

映像授業の台頭。最近はスマホでも

という感じが多くの塾の現状。

ただ最近はスタディサプリなどのような映像授業が台頭している感じがします。

高校生でいうと、代ゼミや東進。

最近は中学生などに向けて、スタディサプリなど映像授業が昔より増えてきた印象です。

代ゼミなどの予備校になるとやはり値は張りますが、スタディサプリなどのようにスマホなどで手軽にできるものになると、月額でも1000円くらいとかなり安くなります。

 

僕も中学生を教えてた時に年々スマホを持つ子が増えてきたと感じてたので、これからはスマホも一つの勉強のツールとして利用することがあるかなとも感じました。今やスマホを持っていないこの子の方が少ない印象です。

 

そもそも僕が中学生の頃は、スマホでなくガラケーを持っている人がちらほらいたかなって時代でしたしね(笑)15年くらい前か・・・。

 

また、スマホが媒体であればわざわざ教室などに行かなくても家で勉強が可能なので、特に地方など交通が不便な地域の方にはいいでしょうね。

今後のインターネットの活用とかを考えると、映像授業の需要は伸びるのではないでしょうか。

 

 

 

 まとめ

僕が通ってた塾も後で親にきいたけれども、冬期講習だけで10万くらいかかったみたいな話だったので、何度も言いますが塾ってかなりお金がかかります。僕の場合、自分に加えて弟も同じ塾に通ってましたしね・・・。

 

大手の高い塾から来た生徒もいたので、必ずしも「高い金額=良い塾」、というわけでもなさそうです。

塾を選ぶときに大事なたった一つのこと - 無職だけど生きているでも触れてるように、「口コミ」が重要な要素にもなりますので、ぜひ情報収集をするといいでしょう。