読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

家族とは、互いを補う・カバーするチームである

        スポンサーリンク この記事をシェアする

f:id:ryota0622:20170124115430j:plain

 こんにちは、りょうた(@nr880622)です。

 

 

 先日の【無職と親】期待はしない - 無職だけど生きているでも触れましたけど、無職ですけど親に変に干渉されず平和に過ごしています。

 

 家庭によっては喧嘩になったり、僕みたいのが追い出されたりなんてこともあるそうですが、うちは全くそういうこともなく互いにのんびり過ごしています。

 

 

 

 

 

 補い合う

 うちを例にとると、(仕事は除く)

 

 母は家事全般なんなくできる。

 

 父は畑仕事が得意で、家で食べる野菜の大半を賄うくらい。

 

 僕は一応家族の中で一番パソコンや携帯には詳しいので、調べ事はぱっとできるとか。+家事が多少できるくらい。あと掃除全般

 

 あとは父は仕事でいない日が多く、母は車の免許持ってないので、僕が車で出かけるついでに母に頼まれておつかいに行ったりとか。(たまに大きいものを買うときもあるので、どのみち車でないときついけど)

 

 とりあえずある程度は、役割分担がはっきりしているかと思います。

 

 

 恋愛でも結婚でも言える

 僕自身、今独身で今後結婚するかは分からないし彼女がいたこともないけども、こういうことはだいたい同じかと思います。

 どちらかに頼りきりでなく、互いに弱点とかはあるでしょうから、それを補い合えれば上手くいくじゃないんですかね。

 

 基本的に相手に怒ったり責めたりするというのは、それだけ相手に依存をしているということですから、「依存」ではなく互いを「カバーする」というイメージでいればいいのかなと。

 逆にカバーが上手く行ってれば、相手を責めたり、怒ったりするという発想も沸かないと思う。

 

  よく結婚とかで年収が話題になりますけど、個人的には例えば年収300万同士が結婚すれば、理論上は年収600万レベルの生活はできるから、そもそも相手に高年収を求めるというのもその時点で相手に依存してるんじゃないかな。

 もちろん金銭感覚の話も出てくるので、単純な話ではないでしょうけど。

 

 あと結婚しないという手もありますけどね。

 

             スポンサードリンク

 

 

 

 

 僕が心掛けるべきこと

 当然僕も「カバーする」という発想は心掛けなければいけません。

 現状は独身で彼女もいないわけなので、まず大事にすべきは家族。

 

 ※どうしても家族仲が険悪で修復不可な場合は友人など他を探すのもアリでしょう。

 

 幸い僕の場合は兄弟で唯一、一人暮らしを経験してるのもあるので親の大変さ(家事とか生活面での)というのは分かっています。

 

 どうしても親に助けてもらわなければならない場面もなくはないけども、それはそれでしょうがないと思います。(一応一人暮らしの準備もしているけど)

 僕は僕でできることをやろうというスタンスでやって、その代わり親とかにも多くは求めないのでお互いにやれることをやれば十分にカバーはできるでしょう。

 

 

www.ryota-freedom.com

 

 間違っても、相手のことをネチネチ責めるのはNGです。

 

 

 まとめ

 今回の話は家族がメインですけど人間関係のあらゆる状況で言えることだと思います。

 

 思えば塾講師やってた時も、基本的に一つのクラスに数理担当・国社担当・英語担当と3人の講師が就くのだけど、講師によって微妙に得意分野に違いがある。

 生徒とコミュニケーションが得意(流行りとか)、躾が得意、保護者対応が得意などいろいろ。

 

 今思うと成績面など上手く行ってるクラスというのは、自然と講師間の役割分担やフォローというのも上手く行ってたと感じました。

 これが逆に上手くいってない所だと、講師間で役割を押し付けあったりというのも正直あったので(だいたい僕に押し付けられましたけど(笑))、気づいたのは最近だけど仕事でも関係するんですね。

 

 仕事でもこういった経験はあるので、なおさら互いをカバーしあうというのは大事だと思います。

 今回の記事では家族がメインの話になってますけど、別に誰が相手でも同じことで集団やコミュニティが上手くいく秘訣の一つとして、お互いをカバー・フォローする

 

 これは大事なことですね。