【水草その前に】エビや貝は、農薬付きの水草にご用心!

  

f:id:ryota0622:20161118191100j:plain

 

こんばんは、りょうた(@nr880622)です。

   

今までの記事でも触れたようにメダカやエビなどを飼っていますが、今回は特にエビについて。

 

今は2,30匹はエビがいるのですが、実は去年の5月ごろに突然大量に死にました

当時も同じくらいいましたが、5匹くらいをのぞいて全滅しました。

原因は何かというと、買った水草に農薬が付いていたためでした。

 

農薬ってメダカは普通にしてれば大丈夫ですが、エビに関してはとても危険なものです。今回はそんな水草の農薬とエビについて。 

 

   

農薬がついている水草。特に輸入のもの

農薬がついているといっても、売ってる水草すべてに農薬が付いているわけではありません。

店によって割合も違ってきますが、基本的に外国産(輸入)水草はほぼ100%が検疫などの関係で農薬が付いています。

 

その辺は売っている水草に必ず記載はあるはずなので、買う際は要確認です。

なお、国産だと無農薬の物もありますが、農薬を使っている物も一部はあるので気を付けてください。

とは言っても、輸入物だと珍しい水草が入手しやすいというメリットはあります。

  

農薬のついてない水草。ほぼ国産

逆に無農薬の水草となると、これは国産の水草しかありません。

無農薬の場合は必ず書いてあるので、売り場とかでは一目でわかるようになってます。「国産無農薬」という風に書いてあります。

 

ちなみにネットの場合も、以前Amazonで水草を買いましたが、こちらも同じ感じで無農薬ということは書いてあります。

基本的に農薬の記載がなければ、農薬が付いていると思っていいでしょう。

 

 

 

農薬がついてるのはどうする?

農薬でエビや貝は死ぬ

f:id:ryota0622:20171014143827j:plain

でここで疑問なのが「農薬付きの水草って入れて大丈夫なの?」かと思います。

輸入物とかね。

 

これについては水槽で飼う魚などの種類にもよりますが、

もし、エビや貝類を入れるのであれば大丈夫ではないです、死にます

というか実際死にましたしね。

ちなみにメダカやドジョウは大丈夫でした。

 

農薬はしっかり除去しよう 

なのでメダカ(魚)だけを飼う場合は特に農薬は気にする必要もないですが、エビや貝を入れるときは細心の注意を払わなければいけません。

ちなみにもしエビのいる水槽に農薬付きの水草を入れたい場合は、水草その前に・・・みたいな農薬を抜く薬品がありますので、それを使ってからがいいです。

 

水草その前に、の場合は粉末を水に溶かしてその中に水草を入れて10分くらい漬けて、その後水ですすぐとほぼ農薬を取り除けます。

 

※たまに薬品を使っても農薬が落とせない水草も売ってる(落とせないと書いてある)ので、それについてはどうやっても無理でしょう。これについてもメダカなど魚には無害ですけど、エビや貝のいる水槽に入れるのは絶対にやめましょう。

 

水草その前にで間違って長時間つけていると、水草そのものにダメージが出る可能性もあるので、ちゃんと10分くらいというのは守りましょう。

 

付着している貝も除去できる

ちなみにこの薬品、農薬だけでなく水草に付着していることのある害貝(サカマキガイ)やその卵も一緒に駆除できます。 

この貝自体、直接の害はないのですが、異常に繁殖力があり、見た目もよろしくないので、あまりお勧めできないです。

 

oitamedakabiyori.com

 

 

農薬がなくても貝がいるのでしっかり洗おう

なので農薬のついてない水草にもいる可能性はあるので、不安なら貝を取り除くという目的で薬品を使ってもいいです。

水作 貝転キャッチャーみたく道具を使って貝を取り除く手もありますが、数匹いればあっという間に増殖するので早い段階で除いておくのが良いでしょう。

 

また、害貝に関しては一度発生するとあっという間に増えてしまうので、農薬がなく持て水草その前に等を使って、一度念入りに洗っておいて、卵などを洗い流しておくと良いです。

 

 

応急処置。とりあえずきれいな水へ

ちなみに万が一、エビのいる水槽に農薬が入った場合はエビを観察してればある程度分かります。

 

もし、

  •  泳ぎ方が普段と比べて変・ふらふらしている
  •  泳いでからの着地が上手くいかない・転ぶ
  •  色が変わる(僕の時は異様に赤みを帯びました)

 

というのが見られたら、農薬等で危険な状態なので別の水槽、もしくはきれいな水

(カルキ・塩素の抜いてある水)に移しましょう。

この辺りは割と短時間の間に起こります。

 

※泳ぎ方が変とか着地に失敗とかは健康体のエビならまずありえないので、それを見かけたら農薬が関係ないとしても状態は良くないです。

 

危篤な状態でなければある程度これで助かりました。

※貝はこの時飼ってなかったので個人的には未確認ですが、同じような処置で大丈夫と思われます。

 

 

まとめ。エビや貝は農薬に弱いので対策をしっかりする!

そんなことで農薬のついた水草をエビ・貝のいる水槽に入れるとエビたちは死にます。

 

なのでエビ・貝を飼う際は、

 

  •  農薬のついてない国産水草を買う。ただし国産でも農薬付きのものはあるので要確認。
  •  輸入物の水草は必ず農薬が付いてるのでそのまま入れない。
  •  もし入れる際は薬品を使って、必ず農薬を抜く。
  •  メダカ(魚)には影響ないので、メダカだけということなら特に気を遣う必要はない。

ということです。

 

メダカ(魚)単体なら特に問題ないですが、エビ(甲殻類全般)や貝類を飼っていて水草を入れる際はそれに農薬がついていないかは必ず確認しましょう!