読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

無職だけど生きている

茨城でひっそりと生きている28歳無職です

自然って色々あるけど、とりあえず滝を見てきた

地元 自然
        スポンサーリンク この記事をシェアする

 こんにちは、りょうた(@nr880622)です。

 

 先日の【写真】茨城県の自然を撮ってみた - 無職だけど生きているの記事で、県内のいろんな物・場所の写真をあげました。

 

 あれはまだまだごく一部です。少し消しちゃいましたがトータルで4500枚くらい写真があります。

 

 なので、今回の記事も地元の物をいくつか挙げていきます。これ(+先日の記事)を見て、茨城に来たくなってもらえればうれしいです(^^)

 

 

 

 

 袋田の滝

 こちらは知っている人も多いかと思います。日本三名瀑に入っている、高さ120m、幅73mと非常に大きな滝です。袋田の滝 | 大子町公式ホームページ

 

f:id:ryota0622:20170117010614j:plain

f:id:ryota0622:20170117010838j:plain

 ここまで大きな滝は、全国見回してもなかなかないでしょう。かなりの水量なので、見るところから距離はあるとはいえけっこう水は飛んでくるので、多少濡れるのは覚悟してください。

 

 袋田の滝は【写真】茨城県の自然を撮ってみた - 無職だけど生きているで触れた月待の滝と同じく大子町にあります。そのためやはり交通の便は少し不便なので、実質車くらいしか交通手段はないでしょう。

 ちなみに同じ茨城の水戸からでも国道をひたすら北上して、2時間くらいかかりました(笑)

 

 ただその疲れも飛ぶくらい圧巻だったのでオススメです。

 ちなみに大子町はリンゴが名産らしく、リンゴ系のお土産も結構いっぱいあります。

 思えば、僕も高1の時の校外学習(遠足)で大子にリンゴ狩りに行きました。

 

  あと道の駅奥久慈だいごで食べた奥久慈しゃもという地鶏もなかなか旨いです(^^)

 

 

 

 不動滝@常陸大宮

 

 これは別に有名ってわけでもなく、僕も当時の会社の上司に誘われて行くまで全く知りませんでした。 日本の滝(百選以外)/不動滝(茨城県常陸大宮市) - PukiWiki

 場所もすごくわかりづらく、国道から外れた道を通ってさらに小さい道を行ったところにある所。

 

f:id:ryota0622:20170118221936j:plain

 周りにコンビニとかなくて若干の民家と山と田んぼしかなかった(笑)

 

 

 

 一応、田んぼのそばに駐車場?と思われるスペースはあって、そこから先は道が狭いので徒歩で。

f:id:ryota0622:20170118223333j:plain

f:id:ryota0622:20170118224343j:plain

 カエル。

 

f:id:ryota0622:20170118220114j:plain

f:id:ryota0622:20170118220212j:plain

  少しわかりづらいかもしれませんが、高さ的には7mくらいだそうな。

 当時は震災や土砂崩れの影響で、所々道が外れたところで木が倒れてました。

 

 ちなみにこの不動滝、【写真】茨城県の自然を撮ってみた - 無職だけど生きているで触れた月待の滝と同じ日に行きました。午前中、不動滝で写真撮って午後から月待の滝に行ってきました。

 

               スポンサードリンク

 

 

 

 

 

 まとめ

 今回は僕が観てきた滝ということで二つ紹介しました。

 袋田の滝は県外の人でも知ってる人は多いでしょうが、不動滝は僕も言われるまで知らなかったくらい。

 

 不動滝とかをネットで調べて分かりましたが、小さいのも含めると茨城県内は探せば意外と滝はあるよう。http://waterfall.main.jp/ibaraki/ibaraki.html

 他県も多かれ少なかれあるでしょうけど。

 

 僕が行ったのは両方とも夏だったのもあり、涼しくて快適でした。

 県外で言うと、長野県の白糸の滝も2,3回行ったことありますけど、夏の滝周辺というのは本当に涼しくて気持ちいいです!(^^)

 (今は冬ですけど(笑))

 

 自然と一口に行ってもいろんなパターンがありますが、夏に関して言うと滝はオススメです。