【合格祈願】受験本番が近づいてきた。塾業界はゲン担ぎ

        スポンサーリンク この記事をシェアする

f:id:ryota0622:20170217011659j:plain

こんにちは、元塾講師のりょうた(@nr880622)です。

 

昨日出かけた先で、ゲン担ぎ系のグッズが売ってたのを見て塾講師時代の受験生を思い出しました。塾でもゲン担ぎみたいのはしたものです。

 

 

 

 

 

 

 この時期の中3

茨城県の高校入試でいうと、私立高校は終わって残っているのが国立高専と公立高校の入試。大学のほうももう少しで国公立大の2次試験だそうで。

 

塾のほうは高専志望の子がいるかいないかで少し変わりますが、基本的には公立高校の過去問や模擬問題がメインです。

 

ちなみに多くの塾は、中3の授業は2月いっぱいで終了で、3月で塾内での学年は上がります。

 

去年の受験の時は中3は1クラスだけ持ってましたが、複数あるクラスの上位のクラスだったので、いわゆる進学校志望の子ばかりでした。

 

結果的には惜しくも全員合格とはなりませんでしたが、みんなしっかり頑張ってくれました。

 

 

塾のゲン担ぎ

さてそんなこの時期は、店に行けばゲン担ぎ的なものがいろいろ売っています。

各塾もその辺はいろいろやるようです。

 

ちなみに僕のいた塾はキットカットでした(。・ω・。)ゞ

社長が生徒全員分を用意して、各教室で配る流れ。最近のキットカットは箱や袋に個別にメッセージを書く欄もありますね。

 

 

講師によってはプラス自費で鉛筆なり別のお菓子なり神社で合格祈願の鉛筆買ったりなど、いろいろ買ってました。

 

僕もキットカットに加えて、自分でゲン担ぎ関連のお菓子を買って生徒に配ってました。

 

さらに僕は最後の授業の時に受験の心構え的なことを話してました。

 

最後の授業が終わると、「頑張ってきます!」という生徒や「今までありがとうございました!」と言う生徒もいて、場合によっては保護者の方も挨拶に来たりするので、いろいろこみ上げてくるものもありました。

 

ちなみに僕はゲン担ぎはしないタイプですが、塾でこういうのをやると緊張感のある時期なので、場が和みますね(笑)

 

 

 

こっそり合格発表の日

実は去年の3月の合格発表の時は、一応有給扱いでしたが実質は退職してました。

出勤は2月いっぱいだったもので。

 

ただ、受け持った生徒の合否は気になったので、そこの教室長に許可を取って僕も発表の日は教室に顔を出しました。

(と言っても、教室にいたのが直属の上司と仲の良かった室長なのであっさり許可は下りました。なお、他の社員には内緒にしました)

 

ちょうど辞めて2週間くらいの頃で、生活も通常のリズムに戻る最中に行ったので少し変な感じでした(笑)

ただ、最後に生徒の喜ぶ顔を見れたり、いろいろ話をしたり、写真撮ったりしたので、行って良かったです。

 

 

まとめ

そういうことで、時期的に公立高校の試験も近いことでいろいろ思い出してました。

去年(一昨年)僕が教えてた当時の中2も今は中3で受験の最中なので、気になるといえば気になります。

もっと言えば僕が2、3年目に教えた当時の中3に関しては、今回大学受験をしてますからね。

 

辞めた身ではありますけど、元教え子のことも気にはなります。

各自しっかり頑張ってほしいと思います。