体調管理は睡眠がすべての基本!健康でいたければ、ちゃんと寝よう

 

www.continue-is-power.com

昨日見たこちらのブログ。

 

会社の先輩たちが3時間くらいしか寝てないみたいな話で、それが文化みたいな感じになってるようです。

僕も以前に塾講師をやってた頃は仕事柄、寝るのが夜中とか夜明け前になることもありました。

 

夏ごろになると、寝る頃には空が明るくなってることもありました(笑)

このように睡眠と体調に関しては常に体調が悪かったりで、悩んだ部分もあったので、その時のことを基に思ったことを今回は書いてます。

  

  

どれだけ寝たかだけでなく、どの時間帯に寝るか

長時間労働で体が動かなくなった

f:id:ryota0622:20170920011237j:plain

ryota0622.hatenablog.com

 

先日一例として挙げた記事で話しましたが、2日で30時間仕事をしたら体が動かなくなりました。

それでこの時は2,3時間とかでなく、6,7時間くらいは寝たのですがこの状態でした。

 

ちなみにこの日は朝4時に家に帰ってすぐに寝て、昼の11時~12時くらいに起きました。

そして、起きたら冗談抜きで体が動きませんでした。

これが本当に、目は覚めてるのだけど体があまりに重かったのです。

 

一瞬、何が起きたかわかりませんでした。

 

適切な時間に寝る

僕の場合、言及した記事に補足する形になるけど、睡眠時間が取れても、

「夜中(明け方)に寝て昼に起きる」というパターンだとダメだと気づきました。

(それ以前にこの2日だけで言うと働きすぎな気もするけど)

 

ちなみにこれが関係あるかわかりませんが、当時はなぜか仕事の日も休みの日も関係なく毎日、夕方頃に強い眠気に襲われました。

今は全くそういうことはないですが、これも睡眠時間のずれの影響でしょうか。

たまに夜更かしをしたりであまり寝てない日があると出てきますが。

 

当時も今も睡眠時間は実はそれほど差はないのだけども、当時と違って今は朝起きて夜寝るという普通に規則正しい生活をしてるのもあって、体調の良さが別人のように違います。

 

当時と比べて、今はものすごく体が軽く感じます

 

 

仕事柄、不規則な生活に長りがちな人は特に注意 

仕事柄、どうしても夜型になってしまう

f:id:ryota0622:20161101014804j:plain

塾講師については僕のいたところに限らず、どこも基本昼出勤して深夜に退社というのがほとんどなので、睡眠の時間帯がずれるのはしょうがないんですよね。

強制的に不規則な生活になってしまう。

 

だからこそ、気をつけよう 

なので人によっては、普通にこの生活をするだけでも体調崩すなんてこともあるらしいので、体調を保ちたければ人一倍体調管理に気を遣わないといけないです。

同じことは病院や工場などの夜勤の方にも言えるでしょうね。

 

実際うちの会社は常に誰かしら体調を崩してるイメージでしたが・・・。

ちゃんと夜に寝て、朝起きる。普通のことですけど、これが基本ですね。

 

 

実際こんな感じだった

昔の自分の投稿

ちなみに他のSNSとかで去年とか一昨年の自分のつぶやきとか日記を見てると、体調面を中心に当時の状況があります。

 

例えば去年の10月の某日。

「胃がちょっと痛くて、頭痛がして、時々多少の吐き気+疲労感。今の自分の体の状態を表現するとこんな感じ。」

 

確かこの頃は、胃腸炎になってて胃腸薬を服用してて、途中から睡眠導入の作用のある安定剤も併用しましたね。

 

補足すれば日によっては、常に疲労感というかだるさみたいのはあったけど。

 

薬は効くけど、同時に依存した感もあった

ちなみに安定剤の効き目の方は確かで、服用して2,30分もすればけっこうな眠気が来ました。

 

逆に言えば、薬を使わないと体調が保てない状態でしたけど・・・。

 

そういう状況で仕事を減らすというのも時期だったり、人員の関係で難しかったので、安定剤を使いはしたけど睡眠は極力気を付けました。

 

薬漬けって程でもないですが、たまに安定剤を飲み忘れることがあってその時は不安になりましたね。

 

とはいいつつ、たまに深夜帰って翌日(というかその日)の昼前(朝10時くらい)から授業なんてパターンもあるので、その場合はどうやっても6,7時間も寝るのは無理。

 

週末とかにたまにあったパターンです。

 

噂だとうちではなかったけど、朝8時~24時まで仕事というのを夏休みや冬休み限定ながら、数日続けるところもあるとか。

 

              スポンサードリンク

 

 

 

 

そんなわけで大事なことは

睡眠時間の確保と規則正しい生活

f:id:ryota0622:20170920011413j:plain

いろいろ体調のことも書いたけど僕の経験から言うと、大事なのは・・・

 

  • 睡眠時間をしっかり確保する。人によって適正な時間もずれるでしょうけど、いろんな人の話を聞いてる限りは6,7時間くらいがベスト。
  • 時間が確保できても、夜中とか明け方に就寝するとあまり意味がない。ちゃんと夜に寝て、朝起きるという普通の生活をしよう!

 

ってところでしょう。

 

早い話、ちゃんと寝ろ

  

ツィッターで見つけたけど、こういうことですね。

 

やっぱり普通の生活の方が良い

本来、夜は寝るもの

夜型・夜勤の仕事をやってる場合はどうしても時間帯がずれてしまうので、睡眠の面だけで言うとどうしても健康面でのリスクはありますよね。

たぶん今後転職をするとしても、夜に仕事するのは無理ですね。

 

今では夜9時とか10時には眠気が出てくるので。塾講師の頃なら普通に仕事してましたが、今はもうこの時間に仕事は無理です。

そもそも人間に限らず動物(夜行性は除く)というのは、夜は寝ているものですからね。

 

ある意味夜型・夜勤というのは、そういう自然の摂理的なものに完全に逆らっていることになりますね。

一応、夜行性の動物もいるけど人間・猿というくくりで考えると当てはまらないですね。

 

寝すぎも毒。適切な長さの睡眠時間を取ろう 

ちなみに寝すぎて逆に体が重いなんて話を聞きますけど、実際僕も9時間10時間と寝るとやっぱりそういう感覚はあるのでただ闇雲に長く寝ればいいというわけでもない

ですね。

いわゆる寝だめとか。

 

それなら毎日ちゃんと適正な長さの睡眠時間を取りましょうってことで。

適正な睡眠時間の長さは人によって変わるようなのでその辺は自分でいろいろ試す感じですね。

 

僕の場合だと6,7時間くらいがちょうど良さそう。おそらく大半の人もこれくらいが一番無難な長さと思われます。

 

 

なので健康管理。まずは睡眠から!

疲れのことから風邪の予防など。体調管理の基本は適正な時間に適性な長さの睡眠時間を確保するのが一番ですね!

特にこれからの時期はインフルエンザが流行ってくるので、なおさら気を付けなければいけません。

 

そういうことで睡眠時間足りないと感じる方はまずちゃんと寝ましょう!

 

仕事にも影響出るから、体調管理は大事!↓

www.ryota-freedom.com