茨城県で登山するなら筑波山。頂上の景色と温泉も良いよ

        スポンサーリンク この記事をシェアする

こんにちは、茨城県在住のりょうた(@nr880622)です。

 

リバ邸茨城に来てから近隣の市町村を見て回っているけども、そうすると必ず見かけるものがあります。

 

f:id:ryota0622:20170906230005j:plain

 

それが筑波山

 

 

 

どこからでも筑波山は見えるな

 

 

 

筑波山に行くわけでなくても平坦な土地が続くので、だいたいどこにいても見えるイメージです。

 

 

 

位置。つくば市の外れの方

 

筑波山って名前なので、一応はつくば市に属しているけど端っこの方なので、つくばの市街地からは割と距離があります。(2,30㎞くらい)

 

登ってみた

f:id:ryota0622:20170906230629j:plain

そんな筑波山ですが、先日登ってきました。

山登りとかほとんどしたことがないけれども、「楽しそう」という思いと「しんどそう・・・」という思いと両方あって何とも言えない感じでした。

 

ちなみにルートにもよるけど、筑波山は割と初心者向けだそうな。

 

ルートはいくつかあったけど、距離が短い方らしいつつじヶ丘のルートを選びました。

 

 

登山

前半

f:id:ryota0622:20170906231550j:plain

少し坂を上ったらさっそく岩がたくさん。けっこう急な所もありました。

 

f:id:ryota0622:20170906231853j:plain

トトロにでも出てきそうな雰囲気の道。

割と湿ってたけど、かえって涼しかった。

 

当日は気温はそこまででもなかったけど、けっこう湿度が高めだったのでけっこう汗かきました。

実は登山するのも当日の朝に決まったけど、さすがにもうちょっとちゃんと準備すればよかったなと思いました(笑)

 

後半。岩がいっぱい

f:id:ryota0622:20170906232056j:plain

弁慶七戻りという岩。確かに落ちてきそうな雰囲気もある。

 

f:id:ryota0622:20170906232356j:plain

母の胎内くぐり

せまい岩の隙間に入ったり。

 

f:id:ryota0622:20170906233240j:plain

出船入船

言われてみれば船っぽくも見えるかも。

 

頂上に到着

f:id:ryota0622:20170906234450j:plain

そんなこんなで1時間ちょっとくらいかかって、頂上に到着。

 

877mの標高から眺める景色はこちら。

f:id:ryota0622:20170917104459j:plain

奥の方、うっすらですが霞ケ浦も見えます。

曇りでもある程度見えたので、晴れていれば、はっきりと霞ケ浦が見えるでしょうね。

 

下りはロープウェイ

f:id:ryota0622:20170907001917j:plain

一応帰りは同じ登山道を下るパターンもあるけど、さすがに歩いて下る体力は残ってなかったのでロープウェイにしました。

乗り場の近くに、お土産などが売っている売店もあります。

 

 

f:id:ryota0622:20170907001941j:plain

ロープウェイだから当たり前なんだろうけど、とにかく高いこと(;・ω・)

でも景色は最高でした。

 

温泉もあるよ

 

f:id:ryota0622:20170910104506j:plain

筑波山の登山口(つつじヶ丘)の近くにはホテル・温泉もありました。

 

お風呂 – 筑波山京成ホテル

 

温泉からの眺めが撮れなかったですけど、頂上同様に良い景色でした。

 

まとめ

f:id:ryota0622:20170917104211j:plain

そもそも茨城県が全体的に平坦な土地が続いていて、特に南の方に行くと筑波山以外に目立つ山というのもそんなにありません。

(常陸大子など北の方はけっこう山があります)

 

そんなこともあり、筑波山は茨城県を象徴するものの一つと僕は思います。

 

ちなみに紅葉の名所でもあるので、これからの時期に紅葉を見に行きたい方にはオススメスポットです(^^)

筑波山(つくば市)標高877m、関東平野にそびえ立つ紫峰 | 観光いばらき(茨城県の観光情報ポータルサイト)

 

つくば市の記事も書きました

 

www.ryota-freedom.com