集団授業と個別指導どっちがいいか、元塾講師の僕が解説してみた

f:id:ryota0622:20170331222939j:plain

こんにちは、元塾講師のりょうた(@nr880622)です。

元塾講師ということでそれっぽいことでも書きます。

僕は4年間、小学校5年生~中学3年生までの数学(算数)と理科を教えてました。

授業形式は集団授業と個別授業の両方を経験していますが、メインとしては集団授業を担当していました。

こう2種類あると人によっては、「集団授業と個別授業のどっちがいいの?」という人もいます。

実際、塾への問い合わせや入会の面談でもよく保護者からは聞かれました。

どっちもメリット・デメリットはあるので、どっちがいいかは生徒の成績や性格によって変わってきます。

ということなので、塾に入る生徒と照らし合わせて考えていきましょう。


集団授業

f:id:ryota0622:20171005012223j:plain

メリット。レベルの高い環境に身を置ける

・成績が上位の子はだいたい集団授業の方に入ることが多いのでレベルの高い環境にいられる。

・授業時間が個別より長く取っていることが多いので、テストの模擬問題などがっつり問題を解くことができる。1コマ1時間半~2時間程度の所が多いです。

・授業時間は個別より長いが、時間と料金で考えると個別よりは割安

デメリット。個別指導ほど融通は効かない

・基本クラス内で中~上の子のレベルに合わせて授業が進むことが多いので、クラスで下位だとついていくのが辛い場合がある

・先生に指されたとき時や質問するときは、内気な子だとやりづらいかもしれない。

・これは塾によるかもしれませんが、個別と違い、欠席した場合の振替授業がないことが多い。(授業で使用したプリント等はもらえる)

・授業についてこれなそうなレベルの成績だとそもそも入塾できないか個別の方を勧められる。

個別授業

f:id:ryota0622:20170930003744j:plain

メリット。融通がきき、臨機応変

・だいたいは先生一人に対し、生徒1人か2人が多いので、分からないところがあれば質問がすぐできる。

・個別の講師はアルバイトの大学生など若い先生が多いので、生徒も接しやすい。

・やりたい教科、時間等が基本的には自由に設定できるので、融通がきく

・欠席しても振替授業は可。

・一人ひとりの成績に合わせてカリキュラムを作るので、基本成績悪いから入塾できないことはほとんどない。

デメリット。料金が高め

・集団授業より1つの授業の時間が短いことが多いので、授業内でやれることは限られる。(ちなみに私の所は個別は1コマで80分、集団は110分か170分でした)

・講師がアルバイトの場合が多いので、どうしても社員がやることの多い集団授業と比べると教える力は劣る。

(ただ研修はキチンとやってる所が多いので、あくまで社員と比べてということで)

・授業時間を考えると集団授業より割高になることもある。授業を追加すれば追加した分だけ料金もかかる。

まとめ。どちらが合うかを見極めよう。料金体系も要確認

・・・といったところですかね。どちらがいいかに関しては子どもの性格や成績にもよるので、一概にどっちがいいかは言えません。

個人的には、

勉強がすごくできなくて塾に来た➡個別指導。

ある程度勉強ができてもっとレベルが高いものを➡集団授業

ですかね。

ただし集団授業に関しては、元々のクラスのレベルにもよるので可能ならそこも確認した方で良いでしょう。

自分のレベルと極端に差のあるクラスに入るとそれはそれで意外と大変です。

クラスのレベルが高すぎるとついていけなかったり、逆に低すぎると退屈だったりするので・・・。

あと補足をすると私がいたとこ以外の塾も含めて、料金に関するクレームやトラブルは多いので、HPやチラシ、パンフレットなどで料金体系は確認しておきましょう。小規模なところだと、HPすらない所も多いですけど。

特に個別指導の方は、集団授業と比べて複雑な感じもするので注意してください。

関連記事

お金に関する話はこちらの記事でも。

www.ryota-freedom.com