メダカと一緒に飼える生物と飼育に必要な物

クロメダカ

こんにちは、りょうた@nr880622です。

 

3年前から部屋でメダカを飼ってます。

昔、グッピーも飼ったことがあって、いわゆる観賞魚というのが好きでした。

 

そして、たまたま行った祭りで母がメダカ釣りとやらでメダカを持って帰ってきて、かわいいと思ったので水槽など一式揃えて飼うことにしました。

メダカ以外にもいろいろ一緒にいるので、その辺も紹介します。

 

スポンサードリンク




 

アクアリウムのオススメ生物

メダカ。いろんな色がある

クロメダカ

クロメダカ

メインです。

クロメダカを最初飼ってましたが、遺伝の関係でたまに白メダカが生まれる場合もあり、今は白いのも数匹います。

 

白メダカ

ちなみによく小学校の教科書に載ってるメダカはヒメダカ(緋メダカ)と呼ばれるもので、野生にいるのがクロメダカです。

元々いたクロメダカを品種改良したのが、ヒメダカだそうです。

 

メダカは基本的に春~秋に産卵します。

水草に卵を引っ付けます。

 

一回の産卵で数個の卵を産みますが、場合によってはほぼ毎日卵を産むなんてことも。気温が程よく高い日とかね。

上手く飼えば、数十匹の稚魚を育てることもできます。

 

ミナミヌマエビ。コケ取り要員で繁殖も簡単

餌を持つミナミヌマエビ

抱卵しているミナミヌマエビ

淡水に生息するエビで、日本にもいます。

けっこう小さくて、2~3㎝くらいでしょうか。

水槽内に発生したコケをついばむように食べます。

 

そのためエビ専用の餌も売ってますが基本的にはメダカの餌の食べ残しを食べるので、あまり餌は与えません。

産卵は2枚目みたいな感じで抱卵して、あとは稚エビが勝手に出てきます。

 

稚エビは最初は見えるか見えないかくらいの大きさで、メダカに食べられる危険もあるため、基本的に水草に隠れてます。

 

こちらも特に放っておいても勝手に増えて、一つの水槽に2,30匹の稚エビがいるなんてことも。

稚エビもコケや残餌、水草を食べるので放っておいても育ちます。

たた、エビは高温(30℃以上)の水温は苦手なので、夏場の水温には注意が必要です。

 

 

ミナミヌマエビの飼育。メダカとの混泳に一番オススメ!

 

ヤマトヌマエビ。たくさんコケを取ってくれる

ヤマトヌマエビ

ミナミヌマエビより一回り大きいです。体の横に点々があります。

点々が少し線状、体が大きめであればメスです。

オスはただの点で、体は小さいです。

 

元々、汽水(淡水と海水の混じるところ)に生息しており、普通に飼ってると抱卵・産卵つまり繁殖しません

ホームセンターなどで売っているアクアリウム用の塩を適量入れて汽水に近い状態にすると抱卵します。

 

ただ、孵化しても育てるのは難しく、ネットで調べても普通に飼ってる人で、孵化から育てあげた例は見たことがありません。

体がミナミヌマエビより大きいため、水槽のコケをよりたくさん食べます。

コケ取りとしては効果的かと思います。

 

ヤマトヌマエビについてはこちらの記事でまとめてます。

 

ヤマトヌマエビもメダカと一緒に飼育できる

 

タニシ。水槽のお掃除屋さん

タニシ

タニシ

貝ですが、卵ではなく、稚貝をそのまま産みます。

買ってきたときに、ちょうど産む時期だったそうで、一気に10匹近く稚貝を産みました(笑)

こちらもエビと同様、残餌やコケを食べるので、いわゆる掃除屋的な位置づけです。

 

そしてタニシ自体に水質浄化の効果もあります。

ただ、うちでは室内ではあまり生きられず、外にもスイレン鉢にメダカがいますが、そちらの方が元気です。

おそらく、タニシに必要な量ほど室内だとコケとかが発生しないからでしょうね。

野生でも田んぼとかにいるので、同じく田んぼにも生息するメダカとの相性は良いと思います。

 

タニシについて詳しくはコチラ

 

タニシの飼い方。メダカとも一緒に飼える

 

補足。こちらも揃えておこう

水草。水の浄化や隠れ場所に

水草は基本的には必須です。

僕が入れてるのはアナカリス、マツモがメイン。

加えてウイローモスがあれば、産卵床にもなります。

水草があることで

  • 卵を産む場所(産卵床)になる
  • 隠れ場所になる
  • 水を浄化する

などのメリットがあります。

ちなみに水草も上手く育てば、新しい芽を出したりでけっこう増えます。

 

メダカ飼育にお勧めの水草はこちらの記事でまとめてます。

メダカの飼育にオススメの水草

 

産卵と水草についてはこちらの記事でまとめてます。

メダカに産卵・繫殖してほしいなら、水草と産卵床は必須

 

一部、農薬がついている場合もあるので注意しましょう!

【水草その前に】エビや貝は、農薬付きの水草にご用心!

 

地面に敷くもの(底床)

あとは水槽で地面に敷くものですが、うちではソイルの水槽と田砂の水槽があります。

特にどちらが良いというのはないので、入れる魚や個人の好みでしょうかね。

 

ソイルの場合は、水草を育てるのに向いています。
田砂の場合は、メダカや特にドジョウ類の野生の環境に近くなります。

 

水槽は必ず専用の台に乗せる

それから水槽を乗せる台は必ず用意することです。

水、砂や石等入れれば、2,30㎏はあるので、普通の台だと乗せられません。

(乗せたところで、重さに耐えられず台が崩壊します。)

 

必ず、専用の台を買うようにしましょう。

メダカの水槽についてまとめてあります

 

メダカの水槽。種類ごとの用途まとめ

 

最初が少し大変だけど軌道に乗れば簡単

生体だけでなく、水槽、水草、ろ過装置、砂、水槽を載せる台などアクアリウムは初期費用はまあまあかかります。

ただ実際飼ってみると、すごい癒されます。

一度軌道に乗れば繁殖などもスムーズにいきますので、最初が少し大変かもしれないですが頑張っていきましょう。

 

メダカの繁殖・産卵について詳しくはコチラ

 

メダカの卵を確実に増やす!産卵~繁殖でやること