メダカと混泳できる生物まとめ。シマドジョウ、オトシンクルス、石巻貝

シマドジョウ

こんにちは、りょうたです。

 

【アクアリウム】魚を見て癒されようで飼っている生物について触れましたが、他にも今はいないのもふくめていっしょに飼ったのがいたので補足。

この記事で紹介する生物も、メダカを食べたりもしくは食べられるなどはないので、混泳(違う生物を同じ水槽で飼うこと)も充分に可能です。

 

必須と言うほどではないですが、いっしょに飼うと水槽内もにぎやかで楽しげな雰囲気が出てきますよ。

今回紹介するのは、シマドジョウ石巻貝オトシンクルスです。

 

オトシンクルス。コケを食べてくれる

ガラスについたコケを食べてくれる

オトシンクルス

石巻貝と同じく、コケを食べてくれます

壁に張り付いて、コケをそぎ取るようにして食べます。

 

ただコケを食べつくすと食糧がなくなることになるので、エビ用の沈むエサなどを与えるといいですね。

水槽内をあちこち動きまわりますが、性格は温厚なので、メダカなど他の魚を襲うことはないので、混泳も問題なしです。

 

分類上は熱帯魚なので水温は少し高めがいいですね。

 

オトシンクルス

 

オトシンクルスはこう見えてナマズの仲間だそうです。

オトシンクルス (Otocinclus) は、ナマズ目ロリカリア科ヒポプトポマ亜科に分類される

オトシンクルス – Wikipedia

 

水温と食糧に注意

実はオトシンクルスは飼って2,3か月くらいで死んでしまいました。

考えられる原因としては、

  • 熱帯魚なので水温が適してなかった(低めだった)
  • コケを食べつくして食糧がなくなった

と考えられます。

他の生物はほぼ1年以上は生きているので、もうちょっとオトシンクルスについては勉強してみます。

シマドジョウ。水槽の底をウロウロ

シマドジョウ

ドジョウの一種です。

ほとんど水槽の底を動き回っていて、水面付近には上がってきません。

 

メダカのエサの食べ残しなどを食べているため、シマドジョウ用にエサを与えなくても問題ありません。

 

ちゃんと飼っていれば3,4年は生きます。

石巻貝(イシマキガイ)

石巻貝

貝の仲間で、水槽にこびりついたコケを食べてくれます

ミナミヌマエビなど他にもコケを食べてくれる生き物はいますが、石巻貝が一番効果は目に見えて大きいですね。

石巻貝を入れたら水槽がキレイになりました

水槽のコケ対策はイシマキガイにおまかせを

コケを取る能力はトップクラスです。

デメリットを挙げるとすれば、寿命はせいぜい1年くらい(メダカは上手く飼えば2,3年生きる)なので、若干使い捨て感もあるところですね。

 

2019年7月13日追記

卵産みました。

淡水では孵化しないので、一度産卵すると卵がずっと残ります。

スクレーパーなどさきの尖った・細いもので除去するのをオススメします。

 

石巻貝の卵

何もしなければずっとこのまま

いろんな生物を混泳してみよう

今日紹介したのはメインで飼うというよりは、コケ取りや掃除屋など補助的な位置づけです。

僕の場合、メダカをメインで飼ってます。

 

最初のころはメダカだけで飼ってましたが、途中からエビなどを追加しました。

メダカと混泳させるので人気なのはエビ。

特にこの2種類のエビは飼いやすく、メダカとの相性も良いですね!

 

ミナミヌマエビとヤマトヌマエビをメダカと混泳させて飼ってみる

 

やはりいろんな種類がいた方が華やかと言いますか、観てて楽しい・癒されるって感じがあります。

混泳についてはメダカなら、エビやドジョウが人気・無難なようです。

 

ちなみに金魚とメダカをいっしょに泳がせると、金魚がメダカを食べることもあるそうなのでNGです!

(基本的に倍以上の大きさの差がある魚は、メダカを食べる危険があるのでNGです)

逆に言えば、大きさが近くて大人しい生き物であればメダカと相性の良い生物は意外と多いです。

 

メダカと混泳できる様々な生き物をまとめてあります

 

メダカの飼育の仕方と混泳できる生物の一覧