塾業界は、年末年始特訓の時期になりました

f:id:ryota0622:20161224143301j:plain

クリスマスもそうですが、気が付けば年末になりました。

年末に思い出すのが、塾講師の時にやっていた冬期講習の年末年始の特訓授業

僕も去年までは大晦日も元日もこの特訓授業のために出勤・授業をしてました。

今年は無職ということで、大学生の時以来、6年ぶりに年末年始はゆっくりできます(笑)

ちなみに中学生の時に通ってた塾も、中3の時は元日も塾に行きました(笑)

僕が中3のときに通っていた塾では

僕が通ってた塾も中3になると年末年始特訓はありました。

中学の終業式の翌日から冬期講習が始まって、普段通りの授業を受けて、12月31~1月2日までの3日間が特訓授業の日でした。

普段は塾に2,3時間くらいいましたが、年末年始の3日間だけは朝9時に授業始まって、昼休憩をはさんで夕方の5時まで授業でした。文字通り、朝から夕方まで塾に缶詰でした。

1日に2,3教科こなしましたかね。

ちなみにこの塾、普段は個別指導の形式でしたが、この特訓授業だけは集団授業形式で、しかも同系列の他の教室の生徒も一緒に授業を受けたので、ものすごく新鮮な感じがして、逆に楽しかったです(笑)

仕事では

僕が働いてた塾は、中学まで通ってたとこと別ですが、おおよそ同じような感じでした。

ただ僕が入って最初の2,3年は、人によって年末に出勤する人と年始に出勤する人に分かれてました。ちなみに当時は元日は全員休みでした。

それが最近は通っていた塾と同じ感じになって、元日もきっちり授業をやりました。

ちなみに生徒については、出席率的にはほぼ全員来てました

ちょっと変わってたのが、普段は昼から授業(時々朝からもありましたが)で、夜10時くらいまでの授業でした。

これが年末年始の特訓時は朝開始で夕方に授業が終わり、後は帰れるので一般のサラリーマンと同じような時間帯で仕事ができました。

数日間だけですが、規則正しい生活ができました(笑)

ちなみにお盆も同じようなパターンでした。

ちなみにどちらの塾も特訓授業は中3だけでした。

特訓の内容

塾によって多少内容は変わってくるかもわかりませんが、冬期講習が始まる際にテキストをもらうのでテキストに沿うというのが多いかと思います。

もしくは冬期講習の通常バージョンと特訓授業バージョンでテキストを分けてあるか。

基本特訓授業は中3だけでしたが、内容も総復習が基本であとは冬休み終わったらすぐ私立高校の受験がある(茨城県の場合)ため、私立対策の色が強いような印象もありました。私立の過去問やったり、模擬問題やったり。

公立高校については、私立高校入試が終わった段階から順次対策を一気にやっていく感じですね。

※茨城県の場合、一般入試で言うと私立はほとんどが1月の半ば、公立が3月初旬にあります。

ちなみに塾は大きく集団授業と個別授業がありますが、基本的に年末年始の特訓授業は集団授業のみが多いようですね。(うちもそうでした)

映像授業で通ってる場合は、自分の好きな時に行くパターンが多いので、映像授業に関しては来たい人は元日も来るって感じですね。

業界的には

この時期はいろんな塾の冬期講習の案内の広告が新聞と一緒に来るので、見てますが全部の塾がやってるわけでもなく、だいたい半数くらいが元日もやっているというイメージです。

業界的には、今後大学進学(+大学院進学)がさらに増えると予測してるそうなので、それに関連して大学受験はもちろん高校受験も各塾はこういった特訓授業を含めて力を入れていくと思われます。

まぁ何にしても年末年始も仕事してると、

世間が「ハッピーニューイヤー!(*´ω`*)」ってなってても、

あ、年が明けたのか?(´・ω・)」という感じで、淡々としてましたね(笑)

まとめ

ということで学習塾の年末年始の特訓授業についてでした。

正直生徒として通ってた当時はしんどい部分がかなりありましたが、合格のためと割り切ってました。

講師としてやってみると、いつもは夜型の生活が特訓期間中だけ通常の朝方の生活にならざるを得ないので、身体的にはかなり負担が減ったと思います。

ってことで個人的には悪くはないかなと(笑)

内容的には高校受験の話でしたが、大学受験をひかえている高校生ももうじきセンター試験などがありますので、ぜひとも悔いのないように残りの期間過ごしてください(^^)