【謹賀新年】2017年はこんな年にしたい

f:id:ryota0622:20170101184304j:plain

こんにちは、りょうたです(@nr880622)。今年もよろしくお願いします!

社会人になってから去年まで、ずっと年末年始は仕事漬けだったので、ゆっくりできている今回はどう過ごせばいいか分からない所もあります(笑)

さて、この時期になると新年の目標を立てる方も多いと思いますが、僕も立てます。

現時点でまだそんなに固まってはいませんが、いくつか「これかな?」みたいのはあるので、それをあげておきます。

 1.ブログ(ネット)で生計を立てられる勢いで

去年はてなブログを始めた時から、ある程度頭の中にはありましたが去年は(特にブログ開始直後とか)ちょっとした用語(HTMLとかPV・アクセス数の違い)とか言われてもよくわかりませんでした。そんな状態の中、試行錯誤でした。

ただ有名ブロガーのブログを見たり、実際に話を聞いて勉強したのもあるので、今年はその成果を出せるようにしたいです。

ただ厳密にはブログだけでなく、クラウドサービス(ランサーズ)も始めたのでそちらと合わせて稼げればなと思います。

将来的にはブログに加えて、そこから派生して何かできればなと。

 2.体を鍛える

体組成計を持ってるので、毎日体重や体脂肪を測っていますが、夏以降増えっぱなしな感じでした。最近は落ち着きましたが。

それほど太い体型ではないのですが(むしろ細身と言われるのに)、体脂肪率は20%を切れません(´・ω・`)お腹がそんなにたるんでるわけでもないので、筋肉が少ないのかな?

体重については、塾講師やってた頃になった胃腸炎の影響かあまり増えなかったのですが、仕事辞めてからちゃんと食事をとって、元々痩せ気味だったのが、1年で8㎏ほど太って適正体重になったかなという形です。

とりあえずは腹筋が割れるようにしたい。

 3.いろんな人に会う

去年はイベントで東京に行ったりと、いろんな人に会えた年でした。

参照:レールを外れて生きる20代の人生戦略論に参加して、僕が得たもの – 無職だけど生きている・ WorkHack。仕事は作り出すもの。楽しくやるもの。 – 無職だけど生きている

なので、目標というか継続って感じにもなりますが、今年もフットワークは軽く行きたいと思います。

去年、こういう感じの話をある人にしたら、「目的意識を持て!」と説教されました。

ただ、僕としては止まっている暇があるなら動きたいし、そのまま歳を取るのも嫌なので、ある程度調べて良さそうと思ったら、どんどん行くようにします。

逆に今までは目的意識を持ちすぎて・考えすぎて、動けなかったからね。

 4.楽しい年にする

そして、結局これに尽きるかと(笑)

何をするにしても楽しくなければ続かないと思います。

ブログとかも収益を出せればというスタンスでやっていきたいですが、それも楽しんだ上でやっていきます。

収益抜きでもブログやツィッターで誰かと交流するってけっこう楽しいですからね(^^)

 具体的な所

書いてみたら思いのほか書けましたが、もう少し目標は練っておこうと思います。

ちなみに「転職活動の方は?」と思った人もいるかもしれませんが、去年いろいろ考えてみて、会社に勤めるというのがあまり考えられなくなりました。

そもそも僕は集団行動や人に会わせることが苦手・・・というか苦痛で、今までトータル5年くらい会社で働いていて、「やりがい」とか「楽しさ」を感じたことがほとんどありませんでした。

これ例えば気の合う人と集まって何かやるというなら、それは良いことですが、そう都合のいいことも会社では起こらないでしょうしね。

あとは、給料や生活リズム、時間などを会社(他者)に委ねるのに違和感を感じたというか怖くなったというのもありますね。

それだったら、自分で自己責任で道を切り開きたいと思いました。

そんな2017年、去年以上に良い変化が起こせるようにしたいです!

4 Comments

sasashi

りょうたさんも脱社畜コースに入った訳ですね。昨年よく引用する脱社畜を決意したブロガーさんを見ましたが、その方も親の理解というか就職を迫られなかった気がするので親の目というのは会社を転々とする人が無理にでも働くorそうでないかの差と思えました。

ryota0622

うちも親はそんなにうるさいタイプではないので助かってる部分もあります。家族そろってれば普通にご飯も一緒に食べますし。
これが口うるさいタイプの親だったら、そもそも去年仕事を辞めることすらできず、今頃どうなっていたことか、と思います。

komatsugoroh

おめでとうございます
これは、起業に近い…いや、起業だなぁ
時間、場所、したいこと、を、主体的に決めることができるでしょう
アマチュアの生活支援者としての私の立場からすれば
「生き甲斐を感じることができる環境を自ら作り、行動(考える、感じる、も含む)を変容させていく」ことを支援するってのは、援助の基本…いや、究極の目標なんです
もちろん、もしあなたの「事業」を運営し続けていく上で、不足があるならば、どこかの組織に依拠して、資金を調達すればいい(含む、就労、バイト)わけです
※就職の奨めではありません。しなくてもいいんです。そこは、君の経営戦略です
逆に言えば「君の事業の運営のため」に、否定しなくてもいい道だとは思います
もしかすると、非営利で、公益性の高い組織の方がいいかもしれません
ぜひ、成功してほしいです
これは、私にとって、是非ともうまくいってほしいチャレンジなんです
…笑う人がいたら、そいつは、過去世界の亡霊だと信じてよいかと思います
なぜなら、その人の言うことを聞いても、世界は発展しかったからです

現在コメントは受け付けておりません。