高収入はいらない!年収300万円で豊かになる

プア充

こんにちは、りょうたです。

昨日の記事では、印象に残った本を紹介しましたが、もう一つ自分の考えに影響を与えた本があるのでそちらも紹介します。

 

高収入は要らない」という世間一般の常識とは逆行するようなサブタイトル。

当時、仕事に消耗していた僕にとって目をひく内容でした。

今回は前回のような仕事の話もそうですが、生き方にかんするところでも少なからず影響は受けた本でした。

 

  • お金を稼ぐよりも自分らしく生きたい
  • 高収入を求めてガツガツ働くことに違和感を感じている
  • 会社勤めてしているけど、全然給料上がらない

なんて方にはぜひ読んでほしい本です!

高収入は要らないにひかれて

プア充

「プア充-高収入はいらない-」(著:島田祐巴)、この本を買ったのは2014年頃でしたね。

 

当時は塾講師をやっている最中でした。

前年、前々年ほどではありませんでしたが、休みも少なくなり、ちょうど仕事に対して疲弊し始めた頃でした。

最もきつかった2日間で触れた頃とほぼ同時期でもありました。

 

この頃から、働き方を含め当時の自分の生活に疑問を持つようになりました。

給料自体は上がりはしませんでしたが、初任給で見ると悪くはありませんでした。

 

正直お金には余裕はありましたが、なんか心が満たされない日々を過ごしてました。

当時はお盆などを除いて年中週休1日で、貴重な休日も体力回復するだけで、特に何かをしたわけでもない。

そんな日々が続いていました。

 

最も、体力回復といっても1日で回復するほど、余裕もありませんでした。

そんな時に見つけた本がプア充でした。

 

プア充って何?

貧しくても充実した生活

貧しくとも充実した生活・・・いや、貧しいからこそ充実した生活が送れるんだ。

プア充ー高収入は、要らないー【電子書籍】[ 島田裕巳 ]

と作中では触れています。

高収入や出世を望まない人たちのことを言います。

 

なお作中では、年収300万円くらいが一番良いという考え方です。

MEMO
ちなみに僕が塾講師やってた頃は、年収は300万円に届いてなかったので、300万円あったら逆に当時より裕福な生活が可能ですけどね(笑)

 

300万というと世間一般では低い水準と感じるかもしれません。

しかし、無駄な出費を抑えて変にぜいたく(ブランド品を買い漁るとかギャンブル)をしなければ十分生活は可能に感じます。

実際僕も年収300万に満たなかったですが、普通に貯金できてました。

実家暮らしというのも大きかったですが、頭を使えば生活はできます。

 

  • 仕事量に合わない、それなりの収入で不安だらけの将来
  • 年収は高くはないが、安定した収入で希望あふれる未来

あなたはどちらを選びますか?

 

収入を増やすのは難しいけど、支出は減らせる

僕も奨学金、車の保険、生命保険と大きな出費はありましたが、ある程度節約をがんばれば貯金はできてました。

どんな働き方をしても収入はいろんな要素がからんでくるので、いきなり収入を上げるのは難しいです。

働いてちゃんと給料の上がる会社なんて今時少ないですからね・・・。

 

だからこそ、支出に目を向けて整理をする。

そうすれば多少収入は少なくても、なんとかなるのではないでしょうか。

 

金銭面での対策はしっかりやろう!

【退職前にやること】お金は退職前から準備を重ねた

お金を得ても失うものがある

仕事が忙しく、昔の友人と疎遠に

お金を稼ぐために時間のすべてを費やしてしまい、本当の人間関係を築く時間がなくなってしまうのは本当に怖いものだよ。

プア充ー高収入は、要らないー【電子書籍】[ 島田裕巳 ]

何回か読んでみて、一番印象に残っている言葉です。

僕も仕事してた頃はというと、休みが少ない・残業が多いというのもあり学生時代の友人とは疎遠になってました。

 

塾講師について言えば、アフターファイブという概念がないので、仕事終わりに飲むなんて習慣もない。

そもそもアフターファイブの時間帯からが授業があったりで、仕事本番ですからね。

 

塾講師を始めてちょっとした頃に上司に、「塾講師やってると孤独になりがちだよ」と言われました。

あまり孤独になりすぎると友達は減るし、結婚もできないんだろうな。

 

仕事をするのに何かを失うのはおかしい

塾講師やってると孤独になりがちだよ」と言われ、実際後でそうなったので間違ってはいないのですが、なぜ仕事や給料を得る代わりに、大事な人間関係(+その他)を失わなければいけないのか。

ずっと違和感を持ってました。

 

今になっては、学生時代の友人とも時々会うようになりましたし、イベントなどでいろんな人に出会ったりしています。

最近はまたイベントで人とのつながりが増えてきたので、これは良い兆候と思ってます。

 

仕事以外のことが面倒になった

人によっては上手く仕事とプライベートを充実している人もいるかもしれませんが、両立できない・バランスが取れてない人というのは多いと思います。

僕でいうと「とにかく働いて成果を出せば給料が上がる」と信じてた頃は、

仕事が充実→プライベートも充実する

と考えてました。

 

ただ実際やってみると、これがかなり疲れるのでたまの休みの日も休息しかできないんですよね・・・。

これくらい疲れると休みの日って何をするのも面倒になるそうで、多少は遊びの誘いもありましたが、割と断ってました。

 

今となっては考えられないですが、仕事以外のことがこんな面倒になっていたのです。

結果的には無職の今のほうが、はるかに充実しています(笑)

 

プア充のススメ

話の最後の方で、「プア充」を実践するにあたって大事なことが書いてあるので、いくつか抜粋。

 

・稼げば稼ぐほど、お金への不安や欲望や執着は増す

 

・収入が増えればその分、支出も増える

 

・「少欲知足」。限られた資金の中で、自前で楽しむ

 

・先の事を心配することに意味はない

 

・周りに迷惑をかけることこそが、社会で生きるということ

 

プア充ー高収入は、要らないー【電子書籍】[ 島田裕巳 ]

塾講師だった当時は、よほど無駄遣いしなければ月単位では赤字になることはまずなかったので、逆に気が大きくなっている部分はありました。

10万くらいするパソコン買ったり、8万くらいするコート買ったりなど・・・今では考えられない額を一気に使いました。

MEMO
パソコンは今ブログなどの仕事で使いますし、コートも気にいっているので、結果的には良い買い物でした

 

逆に今は節約をかなり意識しているので、お金を使うべきところ、使うべきでない所をきっちり区別できています。

 

オススメ・読んでほしい人

  • 「お金持ち=幸せ」ということに疑問を感じている人
  • 年収が低くて不安な人
  • ガツガツ働くことに違和感や疲労感がある

こういう人にはぜひプア充を読んでほしい。

ただ働いて金持ちになることだけが、幸せということではないのがわかります。

 

プア充が合わない人

逆に言うと、

  • とにかく金持ちになりたい!低年収なんて嫌だ
  • 長時間労働もいとわない

というタイプの人はプア充には向かないでしょう。

まぁ、頑張ってください。

 

仕事以外に大切なこと

そんなこともあって別に働くことが嫌というわけではありませんが、仕事にすべてをささげるというスタンスは疑問に思います。

もちろん人によって違ってくるでしょうから、本気で「仕事一本!」という方はそれでもいいでしょう。

 

ただ、合う合わないはあるので、けっして誰かに強制するべきではないもの。

この消耗しやすい世の中。自分の生き方や生活に少しでも違和感を感じたら、ぜひ一度立ち止まってじっくり考えてみてください。

 

当時の自分の生活、生き方に疑問を持ちました。

ちょっと今から仕事やめてくる。会社で消耗している人は必読の本