【8月21日開催HSP勉強会】HSPと発達障害がテーマです。詳細はコチラ

休日出勤と時間外労働はできるだけ減らしたいよね

いつ休めるの?

ブラック企業から生還しましたりょうたです。

ブラック企業ならではの悪い文化ってありますよね。

僕もいろいろと経験しましたが、特に多かったのが

  • 休日出勤
  • 時間外労働

今回の記事ではこの2つについて僕の実体験をもとに休日出勤や時間外労働の現状について解説しています。

ちなみに塾講師の時の話です。

労働基準法における休日出勤

使用者は、労働者に対して、毎週少くとも一回の休日を与えなければならない。 前項の規定は、四週間を通じ四日以上の休日を与える使用者については適用しない。

労働基準法第35条|e-Gov法令検索

労働基準法において休日は『週に1日は与える』か『4週間に4日与える』のどちらかを満たす必要があるとされています。

このような最低限必須の休みは『法定休日』とも呼ばれています。

仮に1週間休みが無くても、あとで補填して4週間合計で4日あればそれはそれで法律上は問題ないです。

りょうた
りょうた

とはいえ、個人的には1週間以上休みがないのはキツイです。

10連勤を塾講師の時にやりましたが、後々疲れがどっときます。

おそらく人間の体の構造として、週に1日は休みがあるのが前提なのかなと思います(笑)

働き過ぎは仕事のパフォーマンスにも影響

ただ、会社の都合上で法定休日にも社員を出勤・仕事をさせる場合は注意

この場合、出勤させたからと言って違反とは必ずしも言い切れないですが、その代わり法定休日に出勤させた社員に対して『休日労働に関する割増賃金』を支払う必要が出てきます。

当該労働させた期間を平均し一週間当たり四十時間を超えて労働させた場合においては、その超えた時間(第三十三条又は第三十六条第一項の規定により延長し、又は休日に労働させた時間を除く。)の労働については、第三十七条の規定の例により割増賃金を支払わなければならない。ついては、通常の労働時間の賃金の計算額の五割以上の率で計算した割増賃金を支払わなければならない。

労働基準法第32条の3の2|e-Gov法令検索

割増賃金については法定休日に出勤させた場合はもちろんですが、それ以前に労働時間が週40時間を超えたらその分は割増賃金を払うのが基本のようですね

りょうた
りょうた

労働者としても会社としても、労働時間に週40時間に収まるのがベストですよね。

労働者からすれば負担が最低限で済むし、会社もコスト削減につながりますから。

休日出勤体験談

物を運ぶ人
ゴリゴリの力仕事でした

塾講師当時の僕の場合、法定休日とされる月の休みが4日を切るということはなかったですが、元々予定されていた休みを潰されたことは何回かありました。

なぜ休みをつぶされたのか?逆に出勤して何をしていたかというと、

  1. 教室の改装(机、棚などの配置換え)
  2. 撤退する教室から机など諸々の物資を運び出す(レンタカーも使い全て自分たちで運ぶ)
  3. 新しい教室に机などを運び込む(引っ越し業者は原則使わない)
  4. よく分からない雑用(社長の私用?も含む)

※レンタカー代は会社(社長)のお金で

辺りが主でした。

特に2月~3月に教室が撤退したり、新しい教室が進出するときは机などの物資を運ぶのに僕ふくめ若手社員は駆り出されていました。

引っ越し業者などは一切使わなかったため、教室移転などの作業も全て自分たちでやっていました

りょうた
りょうた

若手社員のメンツは多少入れ替わりもありましたが、僕は必ず入っていました。

社長と2人きりで作業という日も…。

当時、他の社員からも同情されてました(笑)

うちの会社は『外注』という発想が全くなかったです…。

こういう休日出勤的なことが数日前や前日に言われたこともあったので、休みも迂闊に予定は組めなかったですね。

ちなみにこの一連のことに関して手当てを抜きにしても、1円たりとももらったことはありません

強いて言えば、作業当日のランチを社長が奢ってくれたことぐらいでしょうか。

1,000円くらいでしたが(笑)
(日給1,000円と考えると恐ろしい)

早出も当たり前。手当はない

  • 13時出勤のところ、12時、11時と早まることもあった(前日に言われることも)
  • 早出でも早出手当は一切なし
  • 一度社長に呼び出され行った先が社長の元自宅で私用だった

休日出勤とまでは行かないですが、正規の出勤時間より1,2時間早く来るように言われたことも多々ありました

僕がいた塾は13時が通常の出勤時間でしたが、本社での会議などを理由に12時に繰り上がることもありました。

会議と言っても教室長の話がメインなので、僕みたいな平社員は別にいなくても良かったのでは…とは今更ながら思いますが。

りょうた
りょうた

むしろ、提示通り13時出勤であれば「ラッキー」と思ったくらいでした(笑)

また稀ではありますが、先ほど触れた教室の改装作業などで午前10時や11時に指定された教室に出勤したこともありました。

元々残業を毎日少なくても1~2時間はやってた上にこのような早出もけっこうありました(週の半分は早出してたかも)が、早出に関して特に手当がもらえるなどはありませんでした。

りょうた
りょうた

そもそも残業代すら出ない会社でしたからね…。

印象的だったのが春期講習中のある日、13時にある教室に授業準備(授業は16時から)のため出勤する予定でしたが社長に別の教室に呼び出されました。
(なお本来出勤する教室とは自宅から見て逆方向)

特に要件を伝えられず時間と場所だけ指定されたので何をするのか不安でしたが、結局社長に案内されたのが社長の元自宅?だという空き家でよく分からないガレキの片付けの手伝いをさせられました

作業自体は1時間くらいで終わったので、その後は本来の教室に出勤しましたがいまだに謎の仕事でした(笑)

手当なんかない!シンプルな給与の内訳

お金が少ない

ちなみに僕がいた塾の給与の内訳はすごくシンプルで、

  • 基本給
  • 交通費

この2つだけでした。
(教室長は手当も付いたらしいが、上司曰く付いても数千円程度とのこと)

とりあえず言えるのはいくら時間外労働(残業)をやっても1円も出なかったということ

退職後に数えた限りで、最高で月に70~80時間残業したこともありましたが残業代なんて出たことがありませんでした

りょうた
りょうた

今考えると恐ろしいですが、当時の僕は残業代を『都市伝説』と思ってました(笑)

時間外労働・休日出勤は極力なくそう

記事のまとめ
  • 労働基準法において休日出勤自体は違法とは言い切れないが、労働時間が週40時間を超えるなら超えた分は会社が割増賃金を払う必要がある
  • 僕が塾講師だったころ、休日出勤はそれなりにあった(月100時間近いときも…)
  • 残業もそうだが早出もけっこう多かった(4~5割は1~2時間出勤時間が早まってましたね)
  • 時に私用で呼び出されたこともあった

主に塾講師の時の話ですが、早出(時間外労働)や休日出勤についてまとめました。

仕事の都合上、やむを得ない理由で時間外労働が休日出勤が発生することはないとも言い切れません。

そのため全部を否定するつもりはないですが、それでも時間外労働や休日出勤はないに越したことはないです。

不要不急の理由であればなおさらです。

どうか無理をして働く人が少しでも減ればと思います。

りょうた
りょうた

定時で終わるのが当たり前。

週40時間を超えるなら、会社はちゃんと残業代を払おう。