【HSP】フリーランスに向かない人

フリーランスが向かない人

HSPのフリーランスブロガーのりょうたです。

今回のテーマは『フリーランスに向かない人

僕もフリーランスをやっていますが、僕にとってフリーランスという働き方自体は天職だと感じています。

一方で全員が全員フリーランスに向いているわけではありません。
(会社員も同じく)

TwitterのDMやブログの問い合わせなどで、

私ってフリーランス向いてますかね?

みたいなことをよく聞かれます。

 

もし明らかにフリーランスに適正のない人が、無理やりフリーランスをやると金銭面から仕事面まで様々な意味で地獄を見る可能性もあります

今回の記事では、あえて『フリーランスに向かない人』を挙げたので、これからフリーランスになろうとお考えの方、迷っている方は今一度自分がフリーランスに適性があるかを考えてみましょう。

 

フリーランスの適性を見極めよう

結論からいうとこのタイプはフリーランスの適性が低いことが多いです。

例えばフリーランスは会社員と違い、自分の力量次第で大きく稼ぐこともできますが、逆に収入がゼロになることもあり得るため収入が不安定なことが多いです

会社員の働き方の基準で言うと考えられない部分もありますが、それくらいの違いがあります。

 

僕の場合、不安定な事に関してはモチベーションに変換できますが、会社員の感覚が強すぎると収入が不安定なことに対して、プレッシャーに押しつぶされそうになる人もいることでしょう

会社員とフリーランスで何から何まで違うため、自分の適性を見誤ると厄介ですね。

それに対して会社員としての働き方
HSPが会社勤めするときのポイント

 

ではなぜ、

  • 金銭面が安定してないと嫌
  • 行動力が低い
  • 一つのことを突き詰めるのに抵抗がある
  • 向上心が少ない

このようなタイプはどうしてフリーランスの適性が低いのか、以下でまとめています。

 

金銭面が安定していないと嫌

まずフリーランスの大きな特徴はブロガー、ライター、エンジニア…たくさんの種類がありますが、何をやるにしても収入は不安定です

極端な話、ある月は100万円稼げたのに、別の月は10万円みたいなこともありえます。

もっといえば月の収入がゼロというのもありえます。

 

僕はこれを知った上でフリーランスになりましたが、不安定なことについては「頑張らなきゃ!」と思うタイプなので上手くモチベーションになっていると思います

逆に会社員の場合よほどのことがなければ良くも悪くも給料に変化はないので、そのイメージが強いと金銭面が不安定なことが重くのしかかります。

 

特に僕と同じくHSP気質がある方は、不安を感じやすい方も多いのでより覚悟が必要になってくるかと思います。

まずは金銭面が不安手な点、ここを上手く割り切れるかどうかですね

不安定さをモチベーションに変換できますか?

りょうた

不安定さを楽しめるかは重要ですね

行動力が低い

大切なのは自分で決めること

仕事内容によって多少重要度は変わりますが、いずれにしても会社員の時以上の行動力が必要になることが多いです

 

例えばフリーでライターをやる場合、記事を書くサイトや会社などを自分で営業をかけるなどして見つける必要があります

クラウドワークスクラウドワークスなどのクラウドソーシングのサービスに登録することである程度の手間は省けるにしても、結局は自分で営業や提案をする必要はあります。

 

会社員の場合ももちろん営業がある点は同じですが、会社員の場合は会社のネームバリューを使って営業ができますが、フリーランスはあくまで母体が自分一人です。

いきなり見ず知らずの人に仕事を与える人や会社もそうはいないので、上手く営業するなどの行動力がよりフリーランスは求められます。

 

ちなみに営業については形は様々でオンラインのみで解決することも可能ですが、茨城県みたく地方の場合はオンラインだけというのは難しい部分もあります。

僕の場合は、コミュニティスペース本拠地の管理人をやっていて本拠地の名前を使って営業っぽいことをすることもありますが、オンラインだけでなくオフライン(対面)での力が試されることも、フリーランスは特に多いなと感じます。

 

一つのことを突き詰めるのに抵抗がある

正直これは意見が分かれるかなとは思いますが、僕自身フリーランス歴はまだ1年ちょっとですが、元々4年前に会社をクビになってからブロガーになりこれまでにブロガーを中心に全国の様々なフリーランスの方を見てきたり関わったりしてきました。

そういう人たちを見てきて、感じたのがフリーランスは『その道のプロ』が多い印象ということ。

 

会社員の場合、もちろん何かを突き詰める側面もありますがどうしてもマルチに何でもこなす要素の方が強いことが多いです

例えば僕は正社員の塾講師を4年やりましたが、事務の人がほとんどいなかったため経理系の作業も講師がやったりしてましたし、雑務的な物もけっこうがっつりやってたりで、意外と授業関係の仕事の割合がそこまで高くもありませんでした。

注意
もしくは残業で授業関係の仕事をやることが多かったです。

 

そのため会社員の場合はどうしても『プロ』(1つのことを突き詰める)というより、『マルチプレイヤー』(なんでもそつなくこなす)が重宝されることが多いです。

MEMO
もちろん全ての会社の全ての社員がマルチプレイヤーでもないですが、やはり圧倒的に多いです。

りょうた

僕みたく得意苦手がハッキリしているタイプは会社はきつかったです…

 

フリーランスの場合、確定申告や市役所での手続きなども自分でやる意味ではある意味マルチとも言えますが、仕事については得意なところはきっちりやって、苦手なところなど仕事によっては外部に委託すること(外注)もあるので、会社員と比べると一つのことを突き詰める要素が強くなります

 

またフリーランスとして仕事をするうえで、

  • 「この人は○○に強い」
  • 「○○と言えばこの人」

みたいに言われると仕事もとりやすくなるので、その点でフリーランスはプロの要素が求められると感じます。

特にフリーランス初期は、ハッキリした強みを出すためにより突き詰めることが重要になってきます

 

向上心が少ない

フリーランスの仕事のはスキルの積み重ねが大事

すでに触れた『金銭面の不安定さ』『一つのことを突き詰める』

これのカギになるのが向上心です。

 

常に『成長する』『頑張る』と言った心意気は、ブロガーだろうがエンジニアだろうがフリーランス全般必須と言っても良いくらいです。

逆に言えば向上心がないと、仕事にも影響し、さらに収入にも悪影響が出るので気持ちを切らさないのが大事です。

MEMO
もちろん、常に張り詰めた気持ちでいてもストレスが溜まってしまいます。

 

「モチベーションが上がらない…」なんて話も聞きますが、モチベーションに左右されるようでは、フリーランスには向かないです
(会社員だとしても問題だと思いますが)

モチベーションが高いかどうかは問題ではなく、やらなきゃいけないのです

 

あなたはフリーランスに向いてますか?

フリーランスに向かない人
  • 金銭面の不安定さが嫌な人
  • 行動力が低い
  • 一つのことを突き詰めるのに抵抗がある
  • 向上心が低い

フリーランスの身でありながら、あえてフリーランスに向かない人を挙げてみました。

個人的にはフリーランス自体は増えてほしいなと思います。

でも無理にフリーランスをやることで、より不幸になってしまっては元も子もないです。

フリーランスはもちろんですが会社員でも幸せになったり理想の生き方、働き方をすることは可能です

 

今回の記事を見て、もし「あれ?自分のこと?」と思った方がいれば、フリーランスを目指す、なること自体を否定はしませんが、今一度自分のやりたい生き方や働き方を考えることをオススメします。

HSPに注目したフリーランスについて
HSPの人はフリーランスで仕事の才能が開花できる