ブロガーりょうたを応援!Polcaで支援する

HSPを知ったキッカケをまとめてみた

HSPを知ったキッカケ

こんにちは、りょうたです。

 

僕自身、特に今年に入ってネット上だけでなくリアルな場でHSPの方に会う機会が増えてきました。

つくづく感じますが、同じHSPでも内向型、外向型など他の気質も掛け合わさってくるとだいぶ違いがあるなと感じます。

そんなHSPの方たちを見て思いました。

りょうた

そもそもどのようにして、HSPを知ったのだろう?

 

そんな質問をTwitterで投げたら、同じHSPの方からの回答がもらえていくつかパターン化できたので、それを紹介します。

 

①違和感を感じてた


ある意味、根幹はこれかなとも言えますね。

書籍など他のパターンでHSPを知った方も、実はここが始まりかもしれません。

元々、周りの人と比較してできないこと、苦手なことが多いことのあるHSPにとって、人生の中で違和感を感じることが多々あったことでしょう。

まことさんのように、HSPに関連しそうな言葉から調べていってHSPに行きつくというパターンも割とありそうですね。

 

②HSP関連の書籍


書籍で知った人も多かったですね。

HSPを体系的に 知る・学ぶという点では、書籍が一番優れているかなと感じてます。

 

僕もHSPを知ったキッカケはブログでしたが、勉強に一番使ったツールは書籍なので、非常に良い手段と思いますね。

心なしか以前より書店で、HSP関連の書籍を見かけることが増えた気もするので、HSPの知名度が少しずつでも挙がっていると思うと嬉しいですね(^^)

 

③HSP関連のブログ

ブログだと個人の体験談の要素が他より強いので、よりリアルで分かりやすい情報が得られますよね。

また、先ほども触れたように他の気質も絡むなどして、同じHSPでもだいぶ違ってくる事もあります。

その辺を見比べるのもなかなか面白いと思います。

ちなみに僕がHSPを知ったキッカケもブログでした。

キッカケのブログ記事はコチラ:HSPは混乱してマルチタスクに向かない。その理由と対策

 

④ラジオで取り上げられた

ゼロクロさんで言うと好きな声優さんがラジオでHSPを取り上げたことがキッカケ。

こういう風にある程度メディア露出があったり影響力のある方がHSPを取り上げてくれると心強いですよね。

「この人もHSPだったんだぁ」みたいなことがあると、それも安心感や親近感がわきそうです。

 

違和感は悪い事ではなく重要なシグナル

HSPを知るきっかけは多岐に渡りますが、やはりどこかのタイミングで周りの人とは違うという違和感を感じていた方は多いようですね。

ただこの違和感を感じて、

A

何か特殊な気質なのかも

と思うか

B

いや、僕がダメな人間だから・・・

と思うかで違ってきますよね。

 

病院の診断もそうですし、HSPに関して言えばネット上でもある程度の判断はできる(そもそも診断できる病院がほとんどない)ので、何にしてもHSPでよくある違和感を理由にふさぎ込まないでほしいし、むしろ「活かす」という発想は持ってほしいなと思います。

 

むしろその違和感はあなたにとって重要なシグナルになってきます。

ぜひその違和感を見逃さないで、その意味をじっくり考えてみましょう。