HSP目線で街コンと合コンを考察してみた

HSP目線でみた街コンと合コン

HSPのりょうたです。

 

突然ですがあなたは街コンや合コンに行ったことがありますか?

実は僕はこう見えて2,3年前はトータル10回くらい行きました。

 

結果から言うとそこで彼女ができることはなかったわけですが(笑)

とは言え、街コンや合コンに行ってた当時は今以上に異性と話す機会もなかったので、「慣れ」という点ではよかったとおもっています。

 

当時は今以上にHSP気質が出ていたような感じもしましたし、街コンや合コンって行ったことがない人にとっては全くと言っていいくらい未知なものかもしれません。

まして騒がしい所が苦手なHSP気質だと、なんとなくキツそうなイメージもあるかもしれませんね。

今回の記事では実体験として、街コンや合コンがどんなところかHSP気質も交えてまとめています。

 

街コンと合コンの違い

どちらも男女が居酒屋とかに集まって、出会いを求める場という点は同じです。(恋愛、友達作りなど)

ただ違う点を一つ挙げると、

  • 街コン⇒不特定多数(数十人~百人くらい)の男女が集まって席を変えながらいろんな異性と話す
  • 合コン⇒数名規模の男女で異性と話す。大きな席替えはない

 

ということで、席替えの有無や人数に大きな違いがあります。

 

街コンの流れ

詳しくは街コンに行った感想。初街コンレポートでも書いているのでざっくりと。

ちなみに街コン、合コンともに2016年~2017年の話になります。

受付~着席

会場の飲食店に行き、受付(料金が当日支払いの場合はここで払う)を済ませ、席に着きます。

この時に飲み物は先に注文。

お酒の方が多いですが、ソフドリンクでも大丈夫です。

 

乾杯~席替え

街コンで乾杯

スタッフが司会進行を務め乾杯。

男女で和気あいあいと話します。

 

テーブルごとに男女とも2,3人のペアになっているので、30分ごとに男性のペアで席を移動します

男性のペアが各テーブルを周る形で、基本的には時間内で全ての男女の組が話せるようになっています。

 

2次会をやる場合もある(希望者のみ)

2時間が所定時間の場合が多いですが、街コンによっては2次会をやることもあります。

あくまで希望制なのと別料金にはなりますが、希望者が10人くらいいれば開催されます。

 

だいたいここで男女同数だったのが男女7:3くらいになりますが(笑)

ちなみに2次会は別料金で1000円~2000円くらいが多いです。

つまり2次会まで出ると、男性の場合トータルで1万円近くになることも。

りょうた

とにかくお金がかかります…(泣)

 

合コンの流れ

こちらも街コン・合コンのメリット・デメリットを比較してみたで詳しく触れているのでざっくりと。

待ち合わせ

基本的に主催が一人いて、その人の男女の友人を集める感じです。

お店の前、近所で待ち合わせして、そろってお店に入ることが多いです。

 

お店に入り乾杯

ビール

街コンと違い厳密に時間は決まってないのでそろい次第乾杯。

基本的に主催した人が乾杯の音頭とかはやります。

 

2,3時間トーク

合コンは街コンと違って時間ごとの席替えがありません。

ずーっと同じメンバーでやっていきます。

そのため、合わないとけっこうキツイです(笑)

 

なお表面上は普通の飲み会みたいなものなので、お金は街コンより安く済みます。

MEMO
男性の方が多めに払うことがほとんどですが、それでも5000円はいかないイメージ

 

りょうた

街コンと違い異性と合えば良いですけど、話が弾まなかったりなど合わないと地獄です…

余談ですが合コンに行ったいきさつとしては、主催の人(男性)と前に行った街コンで意気投合してLINEで連絡してて、合コンに誘われたというのがきっかけでした。

同性でも仲良くなっておくとこのようなことがあるのです(笑)

 

HSP的観点から見た街コンと合コン

大人数なのですごく騒がしい

耳をふさぐ男性

主に街コンですが、少なくても20~30人はいるので基本的にかなり騒がしいです

そのためHSP気質、特に音に敏感なタイプはこの環境は割とキツイです。

 

それ以前に、周りがうるさいので相手の話が聞こえなかったりするのも多々ありますが(笑)

街コンに行ってた当時(2016年~2017年)はHSPなど知る由もなかったですが、当時も街コン終了後から翌日にかけてはグッタリしてましたね。

 

異性の顔色を気にしすぎてしまう

そもそも街コンにしても合コンにしても異性の出会いの場という側面もあるので仕方ないですが、HSP気質だとなおさら異性の顔色を気にしてしまいます

 

大丈夫かな‥?気に障ること言ってないかな‥?

あれ?表情曇ってる…

などですね。

相手に好かれたい(嫌われたくない)という気持ちが普段以上にはたらいてしまうので、特にHSPの場合はただでさえ気になることなのに余計に気になってしまいますね。

 

街コンの場合は、例え最初の異性が合わなくても次の異性とは合うなんてこともあります。

ただ合コンはメンバーが固定なので合わない時に、その合わないメンバーで2,3時間を乗り切らなければいけないので、諸々が気になってしょうがないです。

 

あえて聞き役に回るとやりやすいかも

これは最近気づいたことですが、聞き役という立ち回りもアリかなと思いました

どうも街コン、合コンの雰囲気にのまれて上手く喋れない感じもありました。

 

そこで無理に面白いことを言おうとするくらいなら、話は上手い人に任せて自分とかは聞き役に回ればいいかなと思いました

 

HSPの長所として「共感力」というのがありますが、これは聞く時にこそ真価を発揮します。

 

ただ騒がしかったり刺激も多いので、刺激との兼ね合いというのは課題ですが。

 

HSP的にキツイけど、異性に慣れる点は良い

HSPと街コン、合コンについて
  • 街コンは人数がすごく多いので、騒がしかったりとHSP的に刺激がいっぱい
  • 合コンは人数が少ない分、刺激は少なめ。ただしメンバーが固定なので相手と合わない時がキツイ
  • HSPの共感力(傾聴)を活かして聞き役に回るといいかも
  • 男性の場合、2次会も含めると1万円くらい飛ぶのでお金が余裕にある状態の時に参加するのがオススメ
  • そもそも異性と話す機会がない人は、慣れるのにもオススメ

刺激の多さの観点から言うと、合コンの方がまだやりやすいかなという感じが個人的にはあります。

ただ席替えがない分、相性が良ければ良いですが、悪かった時はそれで2時間乗り切らなければいけないので地獄になる可能性もあります

 

レアなケースですけど、ひどい時には本当に疲れます。

なので街コンも合コン、どちらもメリットもありデメリットもあり…というところですね。

 

このようにHSP気質をそのまま当てはめるとデメリットが先行する街コンや合コンですが、1つの人生経験として1回くらい行っておくのも良いかなと思ってます。
(僕はもう行くことはないでしょうけど)

 

特に僕は3,4年前あたりはそもそも異性と話すことにも慣れてなかったので、一種のリハビリにもなったかなと思います。

なので彼女、彼氏を作る以前に、異性と話すのに慣れたいという方にもオススメです

 

りょうた

僕ですか?彼女はいませんが、何か?