MENU

カテゴリー

HSPの刺激対策。自分の性質を受け入れよう

カフェラテとノート

こんにちは、のんびりHSPブロガーのりょうた@nr880622です。

 

ブログやTwitterでもHSPのことについての発信をしていますが、ネット上でもHSPかどうかを調べるページはけっこうあるので、自分がHSPかどうかの判断もそれほど難しくはないです。

 

『じゃあ自分がHSPと分かったら、どうすればいいのか?』

 

そんなことを思いましたが、自分に嘘はつかない・素直になるというのは大事だなと感じています。

特にHSPと分かって悩んでいる方は、この記事でどのようにHSPと向き合っていくか理解してもらえれば嬉しいです。

 

スポンサードリンク




HSPとわかったら

自分がHSPと認める

サムズアップする男性

チェックテストなどをやった上でですが、もしHSPの可能性があるなら認めてしまった方が良いです

(軽度か重度かは別として)

 

ただしそこで悲観するのではなく、自分の性質として認めること

あくまでも長所や短所の一つとして捉えるくらいで良いでしょう。

 

書籍はもちろん、インターネットでもチェックテストはいくつかありますので、気になる人はやってみることをオススメします。

 

▼僕が実際に受けたチェックテスト

 

質問が多いですがよりたくさんの事例に触れられます。

敏感度判定テスト

 

当てはまるものに✓を。

手軽にできます。

Are You Highly Sensitive?

HSPではないとしても、当てはまるものがあれば向き合ってみましょう。

 

「HSPだったらどうしよう・・・」

というより、「自己分析」の一環くらいのスタンスで多少気軽にやるくらいの方が良いですね。

 

HSPについてはコチラの記事でもまとめています

 

敏感すぎる人。HSPについてまとめてみた

 

好き嫌い、苦手を我慢しない

例えば僕の例。

・人混みが嫌い・苦手

 

・騒がしいところが苦手

 

・ピリピリした雰囲気が苦手

僕の場合は、音や雰囲気に敏感なのでこのあたりが苦手です。

HSPと分かる前は言い方は悪いですが、「人混みが嫌いとか変わっている」というくらいに思ってました。

我慢しろ!、というか・・・。

 

ただ自分がHSPと分かってからは、上記のものは極力避けています

 

思えば会社員時代も自分の限界を超えるレベルまで仕事をしていたこともありましたが、得るものはあったようでありませんでした。

 

特に自分の嫌いな物や苦手な物を避けること。

人によっては「それはおかしい!」なんていう人もいるかもしれません。

 

でも他人である以上、そもそも視点が違うはず。

(HSPの人とそうでない人なら尚更です)

 

自分の軸をしっかり持つ

人の意見を聞くことも時に必要ですが、同時に自分の軸も大事にしましょう

最近、質問箱というサービスで匿名の水戸在住の女性から「HSPの発信が不快」と言われました。

でも、ブログやTwitter内では好意的な声が多いので発信は辞めません。

 

ちなみにこの記事は、ある意味このアンチのおかげで思いつきました(笑)

 

日常のHSP対策

音の刺激の対策

耳をふさぐ男性

特に何に敏感かは異なってきます。

僕の場合は特に音に敏感。

 

必要以上に音の刺激を受けると疲弊してしまうので、自分なりに対策をしています。

 

外出時はそもそも騒がしい所に行かなければいい話。

もしどうしても行く場合は、行くところはあらかじめ決めておく

そしてそこだけ行ってさっさと退散する、という風にしています。

 

家にいる場合は、耳栓やイヤホンは常備しています。

PCやiPodで音楽をかけるのも良し。

 

あとは気休め程度ですが、窓やドアの隙間に隙間テープを貼っています。

 

環境・雰囲気対策

僕の場合もう一つ敏感なのがその場の環境・雰囲気。

特にピリピリした雰囲気は大の苦手ですぐに体調を崩します。

 

これに関しては自分ではどうしようもないので、その場から退散するの一択ですね(笑)

メンタルが強靭な人は大丈夫でしょうけど、そうでない人はいたらいただけダメージを受けるので、無駄に消耗しないのが一番です。

 

その他。光、匂い等

太陽

個人的には音や雰囲気にかなり敏感な分、こちらは平均的なHSPと比べると平気っぽい。

ただ、特に夏の日差しはけっこうまぶしいと感じるので、晴れている日はサングラスは持ち歩いています。

あとは日焼け止めはなるべく毎日塗るとか。

光や匂いに関して僕個人としてはそこまで気になる事はないのですが気になる方は、なおさんのブログ記事が参考になります。

 

HSPが刺激を遮断する方法まとめ113選

 

まとめ。苦手・嫌いに罪悪感を持たない

サムズアップする男性

結局は自分の嫌いや苦手を認めるというのが一番かと思います。

 

今まで周りが割となんでもこなせる器用な人が多かったのもあって、

なんでもできる人(マルチな人)でなければいけない

というイメージもありました。

 

でも、自分がHSPとわかってから自分の嫌い・苦手な物がHSPという自分の持って生まれた性質からきていると分かってからは、そういう考えもなくなりました。

 

冒頭にも書きましたが苦手な物は苦手、嫌いな物は嫌い・・・という風に自分に素直になるというのがある意味一番HSPと付き合う上では大事になってきます。
(ある意味ではHSPでなくてもあらゆる物事に当てはまる気もしますが)

 

自分に素直になる、嘘をつかないのが一番ですね(^^)

 

HSPの概要についてはコチラの記事でまとめてます

 

敏感すぎる人。HSPについてまとめてみた