アクアワールド大洗はサメの種類日本一。茨城県の水族館といえばここ

アクアワールド大洗のサメ

こんにちは、茨城に住んでますりょうた(@nr880622)です。

 

先日は大洗にあるアクアワールド大洗に行ってきました。

場所は水戸市の隣の大洗町にあって、高速なら北関東道で大洗ICで降りる、電車なら大洗鹿島線で大洗まで来て、周遊バスがあるのでアクセスの良い場所です。

 

毎年100万人ほどが訪れる水族館。

そんな人気スポットを紹介します。

 

スポンサードリンク




 

有名どころ。サメは日本一の種類数

全部で580種、68000点の生物がいます。

 

いろんな生き物がいますが、特にサメやマンボウは全国的にもかなり有名です。

サメについては種類数でいうと日本一ですかね。

アクアワールド大洗のサメ

f:id:ryota0622:20161121225834j:plain

サメだけで水槽が数個あるくらいの数です。

 

外にはペンギンやカピバラなど

あとは外にもペンギンとかカピバラとかいますね。

アクアワールド大洗のペンギン

f:id:ryota0622:20161121231308j:plain

朝行くとペンギンが散歩してます(^^)

ちなみに羽についている色のついたバンドは個体を区別するためのものだそうです。

色や本数で、飼育員さんはどれが誰かは分かるそうです。

 

巨大水槽

中に入ると、まずあるのが、

出会いの海の大水槽

イワシ、エイ、ウミガメ、サメなどいろんな生物がいます。

1日に3,4回、ダイバーさんたちはいろんな生き物の解説をしてくれます。

 

ちなみにウミガメは頭や手足を甲羅に引っ込めることができないそう。

 

暗くなって深海魚

そこから少し歩くと、深海魚とかがいるスペースで暗くなって、

フライドエッグジェリーフィッシュ

クラゲがいる。

アンコウ

アンコウなどの深海魚がいます。

 

ちなみにアンコウは茨城では割と有名であん肝とかは名物です。

一度だけ食べたことがあって、何とも言えない味でしたが(笑)

あん肝

好きな人はハマるでしょうね。

珍味なんて言われてますし。

 

大洗の北にある那珂湊おさかな市場があってそこでいろいろ魚も食べれます。

車でも20分もあれば行けますかね。

 

淡水魚スペース

ちなみに海水魚がメインではありますが、最後の方は淡水魚のスペースになっています。

サケとかメダカとかも見れます。

タガメ

タガメは水族館以外では見たことがないです。

絶滅危惧種ですからね・・・。

 

ホトケドジョウ

2枚目はホトケドジョウで、アクアリウムのショップとかで売ってるのを見たことがありますが、こちらも絶滅危惧種

タガメについては県内で採取したらしいので、茨城県内にもいることはいるんですね。

 

ショー有り。定期的に様々な展示も

他にも毎日アシカやイルカのショーをやってたり、時期によっては展示をやってたり。

現在は沖縄の海に関する展示をやってます。

 

ちなみに小美玉市に茨城空港がありますが、そこから沖縄(那覇)も飛行機で行けます。

他にも福岡、神戸、札幌、海外だと上海も行けるそうです。

茨城空港の場所が市街地からかなり離れていてド田舎みたいな所なので、アクセス的には微妙ですけどね(笑)

空港からどこか行く分にはバスとかいろいろ交通機関はあるらしいので、その辺は大丈夫なようです。

 

茨城県の他の水族館

茨城の水族館というと他には常陸大宮市の山方淡水魚館とかすみがうら市のかすみがうら市水族館というのがあります。

山方淡水魚館は、日本一小さい水族館とも言われています。

名前の通り、いるのはメダカや鯉など淡水魚のみ。

特別天然記念物のオオサンショウウオもいます。

 

かすみがうら市にはかすみがうら市水族館があり、同じように淡水魚がメインです。

ただし霞ヶ浦周辺の生物がメインなので、山方淡水魚館とは違った顔ぶれが楽しめます。

また、日本で2番目に大きな湖の霞ヶ浦のそばのため、霞ヶ浦の眺めが最高です。