ハイドロカルチャー。観葉植物を土を使わずに育てるやり方

皆さん、観葉植物って部屋に置いてますか?

 

僕はいっぱい置いてます。

部屋いっぱいの観葉植物

ポトス、オリヅルラン、サンスベリア、サボテンなど。

 

そんな観葉植物。

普通は、鉢を買って、土を買ってという流れですが、一部の観葉植物は土を使わないで育てています。

その植物でやっているのが、ハイドロカルチャーという観葉植物の育て方。

 

土を使わないという変わったやり方ですが、やり方によっては良い感じに植物が育ちますので、紹介します!

ハイドロカルチャーとは?

ハイドロカルチャーとは、ハイドロボール(ハイドロコーン)という人口の土(粒?)を使って植物を育てる方法です。

 

通常植物は土に根を張っていますが、ハイドロボールは土の代わりの役割をします。

ハイドロボール

見た目は小さな粒ですが、植物も根を張ってくれて、保水性があるのが特徴です。

 

容器は透明な物+底に穴がない物

ハイドロカルチャーが普通に土を使う時と違うのは、

・透明な容器

 

・底に穴がない容器

という2点です。

 

透明な容器

特徴の一つが写真の様に中のハイドロボールや植物の根が見えるような容器。

こうする事によって、水がどのくらい入っているか把握できます。

 

水を入れすぎてしまえば根が腐ってしまって枯れてしまいますし、入れなくても当然枯れます。

水の量が見えれば、水を入れるタイミングもわかりやすいです。

ちなみに容器はハイドロカルチャー用のもありますが、透明であればコップとかでも代用できます。

穴が開いてない容器

土を入れる鉢であれば、そこにこの様に穴が開いていますよね。

通常はここから余分な水が出るようになっています。

 

でもハイドロカルチャーの容器だと穴がないので、容器に水を溜めるようになります。

 

ハイドロカルチャーのメリット

土と違って汚れない

土だと周りが汚れてしまうなんてこともありますが、ハイドロカルチャーだとそれがありません。

部屋を汚したくない、インテリアとして綺麗な物を置きたいという方にはオススメです。

 

虫がつきにくい

土だとまれに土の中に虫がいたり虫が発生することもありますが、ハイドロカルチャーだとこれもありません。

ハイドロボール自体が加熱殺菌されてあります。そのため衛生面は心配ないです。

 

繰り返し利用することが出来る

土と違い、ハイドロボールは劣化する事がないので、再利用することができます。

植物が枯れたり、植え替えなどで余ったハイドロボールはそのまま次の植物に使う事が出来ます。

 

 

ハイドロカルチャーのデメリット

水の加減を気をつけないと根が腐る

土の場合もそうなんですが、ハイドロカルチャーの場合もあげる水の加減は気を付けなければいけません。

透明な容器で水をあげるタイミングは分かりますが、あげすぎは厳禁です。

 

外から見て容器の下3分の1くらいが水の量の目安です。

 

専用の肥料が必要

土の上の固形肥料

普通に土で観葉植物を育てる時は、写真のような固形肥料などいろんな種類がありますが、ハイドロカルチャーの場合は数が限られます。

ハイドロボール自体が養分を吸収するわけではないので、固形肥料は使えません。

ハイドロカルチャー専用の液体の肥料があるので、それを使いましょう。

 

また、土と違ってハイドロボール自体に養分がある訳ではないので、ちゃんと肥料を上げないと水だけになってしまって、土よりも育ちが悪くなります。

 

 

完全に根付くわけではない

土の場合は根と土がくっつく様になっているので、ちょっとしたことでは植物は抜けません。

しかしハイドロカルチャーの場合は、ハイドロボールと根が完全にくっついてるわけではないので、もし植物を抜こうとすると簡単に抜けてしまいます。

万が一、ハイドロカルチャーの鉢を転倒させただけでも植物がぬけてしまう事があるので、扱いには気をつけましょう。

 

ハイドロカルチャーが使える植物

ホームセンターなどに行くと、いろんな種類が売っているので、意外とだいたいの観葉植物は可能かもしれません。

今の所、ポトスとオリヅルランでやっていますが、しっかり育っています。

 

ただ肥料は土の時ほど、やってはいないので土に比べると少し成長が遅い感じはあります。

 

まとめ

ということで、ハイドロカルチャーについての記事でした。

植物が大きくなると、別の鉢に植え替えなければいけない時も土に比べるとハイドロボールは楽です。

 

全体的に見れば土よりも手軽にできるものなので、これから観葉植物を部屋に置きたい方はぜひ!

 

関連記事:観葉植物を部屋に置くと空気が浄化されてきれいになる

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA