【9月19日開催】HSP診断テストをテーマにしたHSP勉強会

オオサンショウモはメダカと相性の良い浮き草

オオサンショウモ

メダカ飼っていますりょうたです。

メダカを飼育するでほぼ必須なのが水草。

その水草の中でも特に『浮き草』と呼ばれる類のものは文字通り水面に浮かべておくだけで育つため余計な手間もなく育成も楽です。

今回の記事ではそんな浮草の中でもメダカ飼育に使えて扱いも簡単なオオサンショウモについて解説しています。

オオサンショウモの概要

オオサンショウモ
アマゾンフロッグピットと一緒に。アマゾンフロッグピットよりは少し大きいですね。
オオサンショウモ

熱帯アメリカ原産で変わった葉の形や葉の表面に毛が生えているのが特徴の浮き草。

山椒の葉に似ていることに名前が由来しており、似た名前で『サンショウモ』という浮き草もありますがサンショウモは日本の在来種。

お店によってはオオサンショウモは『サルビニア』と表記されていることもあります。

基本的には日光など強めの光が必要ですが室内で育成した例もあるので、水草用の照明などで明るさが確保できていればさほど問題ないと思います。

(大半の水草もそうですが)寒さには非常に弱く、冬の屋外では育ちません。

そのため屋外(ビオトープ)でオオサンショウモを育てる場合は、冬の間だけでも室内で育成するのをオススメします。

オオサンショウモの育て方

オオサンショウモに合う環境

メダカビオトープ

屋外、室内どちらでも育った例はあるそうですが日当たりを好む点からは基本的には屋外(ビオトープ)での育成が望ましいです

ただし寒さには弱いため冬の間については室内の日当たりの良い場所で育てると冬の間でも成長します。

肥料は水草用などの肥料を使っても良いですが、メダカなどの生体がいれば糞などがそのままオオサンショウモの肥料になるため肥料を与えなくても問題なく成長します。

またメダカのいる水槽で肥料を与えると、水の富栄養化も進みやすく水が汚れやすくなるためメダカなどの生体が要る場合は肥料の使用はあまりオススメできません。

メダカの屋外飼育(ビオトープ)についてはコチラ

よく増えるので適度に間引きを

オオサンショウモ
このように横にどんどん新しい葉を出していきます

オオサンショウモに限らずアマゾンフロッグピットなど浮き草全般に言えますが、環境が合えばよく成長しよく増えます

成長すること自体は喜ばしいですが、度を過ぎると時には水面を覆いつくす勢いで増えることもあります

りょうた
りょうた

特に日当たりの良い屋外はよく増える印象です。

アマゾンフロッグピット
写真はアマゾンフロッグピットですが、このように水面を覆いつくすこともあります。

水面を覆いつくすことでデメリットもあり、

  • 水中に光が届きにくくなる
  • それにより水中の水草の光合成が阻害される(成長も阻害される)
  • 特に屋外飼育の場合は上からの観察が非常にしづらくなる

などがあります。

どの水草も光は成長において重要なので、浮草の増えすぎには注意ですね。

メダカ飼育で光(照明)は重要という話

ちなみに増えすぎたオオサンショウモなどの水草は別に水草用の水槽を用意しても良いですし、僕の場合は空きビンや小さいプラスチックのケースに水草をストックしています。

マツモ
増えすぎたマツモをビンでストックしています。

特にオオサンショウモやアマゾンフロッグピットなどの浮き草の類は小さめのケースでもストックできるので良いですね。

オオサンショウモ
浮き草はこのような小さなプラスチックケースに入って売られていることが多いです

メダカの産卵場所になる

オオサンショウモの根

オオサンショウモの根(厳密には根ではなく水中葉と呼ばれる葉にあたる部分)は細かい毛のようなものが生えていてここにメダカが卵を産みつけることもあります

卵を産みつける場所を『産卵床』とも呼びますがオオサンショウモの根はメダカにとって良い産卵床にもなりますね。

ちなみにオオサンショウモの根(水中葉)は柔らかくメダカの非常食にもなるそうです。

メダカの産卵床についてはコチラ
メダカの卵についてはコチラ

川などに放流してはダメ!

オオサンショウモは熱帯アメリカ原産ということでいわゆる『外来種』です。

さらに国立環境研究所から『侵入生物』としての指定も受けています。
(ホテイアオイやアナカリスなども同じく)

そのためオオサンショウモが水槽などに入りきらなくなったからと言って近所の川や沼などへの放流は絶対にいけません。

元々いる植物(在来種)と競合したりなど様々な悪影響が出るためです。

最後まで責任を持って育てましょう。

参考⇒侵入生物データベース オオサンショウモ

りょうた
りょうた

オオサンショウモに限らず、家で育てたものを野生に放流するのはNGです!

オオサンショウモは育てやすい

記事のまとめ
  • 室内でも照明をしっかり当てれば育成できるが、基本的には屋外(ビオトープ)向け
  • 育てる上では日光が重要。肥料は与えなくてもメダカのフンなどが肥料代わりになる
  • 環境が合えばよく増えるが増えすぎることがあるので適度に間引く
  • 根(水中葉)には細かい毛が生えておりメダカの産卵場所にもなる
  • 侵入生物の指定を受けているので川などへの放流は絶対NG!

オオサンショウモを育てること自体は決して難しいものではありません。

適度な気温で光(日当たり)さえ確保できればよく成長しよく増えてくれます。

逆に環境が合えば増えすぎるくらいなので、増えすぎた時は間引くのは唯一の注意点ですね。

間引きで数さえ調節できれば育てやすさや水の浄化効果などメリットが多い浮き草です。

簡単に浮き草を育てたい方は、オオサンショウモがオススメです。

その他屋外で使える水草はコチラ
浮き草全般についてはコチラ