牛久大仏はギネス記録級の高さを誇る大仏

茨城県在住のりょうた(@nr880622)です。

これまでもたびたび茨城県各地の記事を書いてきました。

今回紹介するのは牛久大仏

遠くからでも見えるくらいの高さで、実はギネス記録にも認定されているほどです。

そんな大仏の中まで今回は潜入してきました(。・ω・。)ゞ

世界一・ギネス記録に認定された高さ

牛久大仏

高さ123mで、青銅製立像としては世界一の高さ

ギネス記録にも認定されています。

牛久大仏へのアクセス。駐車場もあるよ

牛久市に位置。

車であれば圏央道の阿見東インターチェンジで下りて、5分ほど。

公共交通機関を使う場合は、常磐線の牛久駅からバスかタクシーで2,30分の所です。

駐車場(無料)は結構広いので、よほど混雑しなければ問題ないです。

拝観料金、開園時間

牛久大仏の入口

大仏胎内まで入る場合は、800円

外の庭園と小動物公園のみの場合は500円です。

開園の時間は10~2月は9時30分~16時30分。

3月~9月は9時30分~17時(土日祝日は17時30分まで)となっています。

定休日はなく、年中無休です。

牛久大仏周りの浄土庭園

浄土庭園に咲いているコスモス

入口に入ると、お土産屋などの売店が連なっていて、さらにそこを抜けると広い庭園みたいなところに出ます。

この時期(秋)はコスモスが見頃です。

(僕が行ったときは見頃を過ぎてたけど(笑))

各季節でいろんな花が見られるそうです。

一部は花摘みも可だそうな。

大仏の中は行かずに庭園と小動物公園だけ見るというコース(500円)もありますので、大仏以外でも楽しむことが出来ます。

牛久大仏の頭部(1000分の1)

大仏の頭部の1000分の1の大きさらしい。

実物大の牛久大仏の頭部

実物は相当でかいな。

牛久大仏の中へ入ってみよう

さっきも触れたように大仏の中(胎内)に入ることが出来ます。

庭園入ったら、まっすぐ大仏の方へ続く道があるので、ひたすら直進。

道の先の牛久大仏

コスモスを横目に眺めつつ。

横超の話

横超の端は6歩で渡る

牛久大仏の入口

真下まで来たけども、

真下から眺める牛久大仏

高い(;^ω^)・・・・

入口は大仏の裏側にあるので、そちらへ。

裏側にある大仏への入口

土足NGなので、ドアの前で靴は置いてあるビニール袋に入れる。

ドアの前に来てもすぐには開かないので、係の人が来るまで待ちましょう。

大仏胎内へ

係の人が来たらドアが開いて、入ってすぐに広めの部屋があってそこに通されます。

そしたら、部屋が真っ暗になって、音声ガイダンスみたいなもので、1分くらい牛久大仏の概要説明を聞きます。

終わったら、次の扉が開いて、いよいよ大仏の体内に入ります。

ちなみに基本的には一部を除いて撮影はOkだそうです。

1階。光の世界

1階の光の世界と阿弥陀像

まず1階は光の世界。

写真の阿弥陀像に光が当たっています。

ただ、それを除けば明かりはあまりないので、けっこう暗いです。

かなり暗い光の世界

2階。地恩報徳の世界

2階は地温報徳の世界

2階に上がると、1階とは打って変わって明るい所に出ました。

主に牛久大仏関連の絵などの展示物が中心でした。

牛久大仏に関する展示物

実物大の牛久大仏の足の親指

大仏の足の親指の実物大。

これにすら、踏みつぶされそう(;・ω・)

牛久大仏にかけてマフラー

以前テレビに出た時に、大仏にマフラーをかけようという企画があったらしく、その時に実際に使ったものらしい。

その他、牛久大仏にまつわる展示物や絵がたくさん展示してありました。

5階。展望台へ

展望台は大仏の胸のあたり

実は大仏の中に入ると、外の景色を眺めることのできる展望台があります。

場所が矢印の胸のあたりで、高さ85mほどの場所。

ビルの27~28階の高さに相当するそうです。

茨城県でそこまで高い建物はほとんどないです。

2階から、エレベーターで一気に展望台のある5階へ上がります。

牛久大仏内の展望台

こんな感じの部屋。

一つ像が置いてありますが、それは撮影NGだそうです。

大仏の胸の穴から外を眺める

ここから外の景色が一望できる所。

さっきの大仏の胸の部分です。

展望台からの眺め

要はすごく高い。さすが高さ85m!

肩とか背中にも同様に穴があるので、そこからだいたい全方向の景色を眺めることが出来ます。

4階。お土産とか

展望台から会談で4階に降りれます。

4階の売店

大仏関連のグッズがいっぱい売ってました。

ここからエレベーターで(かなり下の台座にある)3階へ。

3階。蓮華蔵世界

蓮華蔵世界

胎内仏と呼ばれる像がたくさんある広い部屋。

全部で3400体あるそうです。

3400体もある胎内仏

部屋一面、金色なのでけっこう明るく感じる。

2階。写経ができる

写経のスペース

200円で写経体験ができるそう。

たまに仏教関連の公演も行われるらしく、

講演会のスペース

も行われるらしく、そういう部屋もある。

あとは1階に降りて、これで大仏内は一通り終わり。

小動物公園

小動物公園のリス

大仏を出て順路に沿って歩くとたどり着くのが、小動物公園。

リスなどのいろんな小動物が見られるところでした。

僕が行った時間帯は、ちょうどお猿の曲芸ショーがやってました。

猿の曲芸ショー

猿の曲芸ショー

大仏周辺。あみプレミアム・アウトレットがある

あみプレミアムアウトレット

そんな牛久大仏ですが、車で5分くらい行った所にあみプレミアムアウトレットがあります。

周りは森や林ばかりでこれといったものが何もないですが、そんな中にあります。

佐野のアウトレットや御殿場のアウトレットとも同系列の所とあって、たくさんのお店が揃っています。

夕焼けと牛久大仏

アウトレットからも大仏を眺めることが出来て、夕方には夕日と大仏を同時に見る子事もできます。

阿見東インターチェンジを下りてほぼ直結しているので、車で来る際はぜひお立ち寄りを(^^)

まとめ。牛久大仏はやっぱり高い!

www.youtube.com

そんな牛久大仏とあみプレミアム・アウトレットでした。

大仏に関してはギネス記録にも認定されているので、大仏好きな方にとっては必須のスポットかと思います。

茨城県の南の方に位置し、東京からも遠いわけでもないのでぜひ一度来てみてください(^^)

 

関連記事:茨城県が魅力度ランキング最下位になって思うことがある