【9月19日開催】HSP診断テストをテーマにしたHSP勉強会

【メダカ飼育の水草】スクリューバリスネリアは育てやすい

スクリューバリスネリア

水草って色々ありますけど、おそらく多くの人が重視するポイントが

  • 育てやすいか(特にこの点)
  • 増やしやすいか

の2点かと思います。

せっかく水草を買っても育てにくかったり、すぐ枯れてしまってはもったいないですし気分的にも良くないですよね。

僕も2013年からメダカを飼って水草もいろんな種類を育ててきましたが、おそらく一番丈夫で育てやすかったであろう水草が今回紹介する『スクリューバリスネリア』。

水槽のレイアウトのアクセントとして用いてる方も多いそうですが、その育てやすさは初心者にも適任だと思います。

スクリューバリスネリアはこんな水草

スクリューバリスネリア

細長い葉と『スクリュー』という名の通り、ねじれたような形が特徴の水草。

別名・和名で『ネジレモ』とも呼ばれています。

スクリューバリスネリア
上から見たスクリューバリスネリア

葉のねじれも不規則で、水槽内では背丈の高い水草になるので鑑賞としては主に水槽の後ろに植えられることが多いです。

りょうた
りょうた

水槽の手前に植えてしまうと、高い背丈が邪魔で水槽の後ろ側が見えづらくなります。

ちなみに日本国内にも生息しているそうで、琵琶湖近辺で見られるらしいです。

スクリューバリスネリアは育てやすい

スクリューバリスネリアは光や水質、肥料などに制約は特になくメダカが育つ環境であれば問題なく育ちます

照明も水槽のサイズに合わせた水槽用に照明を使っていれば問題ないです。

りょうた
りょうた

水草も種類によっては『二酸化炭素や肥料の添加が必須』だったり『強い光が必須』という種類もありますが、スクリューバリスネリアはこのような条件はないので扱いやすいですね。

ただし肥料の添加や強い光によって成長は早まるので、余裕があれば肥料や明るめのライトを用意するのもオススメです。

僕もいろんな水草を育ててきて枯らした水草もありましたが、スクリューバリスネリアは1年以上水槽にいて枯れてない数少ない水草です。

補足

厳密には外側の葉が若干枯れることはありました。

肥料を添加することで解決することもあるそうですが、エビ類や貝類への影響もありそうなので僕の水槽では放置してます。

1,2枚枯れても他の葉が大丈夫なら問題なく成長しているので、全部の葉が枯れるレベルでなければ様子見で大丈夫です。

逆に言えばむしろどんどん増えるので、特に水槽内のレイアウトを崩したくない人はこまめにトリミングなどをすることをオススメします

あまり増えて生い茂ってもメダカなどが見えづらくなりますからね。

照明はメダカ飼育において大事なポイント

底砂。酸性に弱いが気にするほどではない

底砂についても僕の水槽では田砂とソイルでしっかり育っているので、スクリューバリスネリアに関して底砂も特に制約はないようです。

強いて言えばソイルのみだと酸性に偏って、スクリューバリスネリアも酸性に偏った水質には弱い傾向があるので注意ですね

とはいえ水換えを定期的にしている状態なら僕の水槽ではソイルでも問題なかったので、水換えをちゃんとやればそこまで問題はないと思います。

スクリューバリスネリア
ソイルの水槽のスクリューバリスネリア。水槽内にはメダカ、石巻貝、ミナミヌマエビがいます。

水温。高水温には注意

水温に関しては、僕の水槽の中では極端な水温にならないため気にしてないですが、いくつかのサイトでは『高水温に弱い』という情報もあります。

そのため30℃を超える水温だと育ちが悪くなる可能性はありそうですね。

エアコンがある程度きいていて、日光がガンガンにあたるような場所でなければ室内で30℃を超えるような水温にはならないはずです。

りょうた
りょうた

屋外飼育だと夏場は水温が30℃を超えることがしょっちゅうあります。そのため、スクリューバリスネリアは室内向けかもしれませんね。

スクリューバリスネリアは増やすのも簡単

スクリューバリスネリア
スクリューバリスネリアの地下茎(ランナー)
スクリューバリスネリアの地下茎
スクリューバリスネリアの地下茎

スクリューバリスネリアはある程度育つと根元から『地下茎(ランナー)』を出します。

地下茎の先に新しい芽ができて、それが新たなスクリューバリスネリアとして成長していきます。

レイアウトが気になる人は、地下茎を途中で切って任意の場所に植えてもそのまま成長します。

りょうた
りょうた

地下茎はナガバオモダカなど屋外飼育(ビオトープ)に使う水草に多い増え方ですね。

地下茎の発生も特に特別な条件はなく順調に成長していれば勝手に出てきます

逆に増えすぎて水槽を覆いつくさないかの方が心配なので、レイアウト的に多すぎになりそうと感じたら地下茎をトリミングしたり、間引く必要がありますね。

スクリューバリスネリアは育てやすい

記事のまとめ
  • スクリューバリスネリアは水温や光などに制約がないため初心者でも育てやすい
  • レイアウトを考えると水槽の後ろ側に置くと良い(手前に置くと奥の水草などが見えづらくなるため)
  • ソイルなどによって水質が酸性に偏ると弱いが定期的に水換えをしてれば問題ない
  • 高水温(30℃以上)に弱い。基本的には室内向け
  • 地下茎(ランナー)で増える。環境が合えばよく増えるので様子見てトリミング・間引きをする

スクリューバリスネリアの良いところはとにかく『育てやすい』に尽きます。

環境が合えばどんどん増えるので、むしろ増えすぎに注意してトリミング・間引きを怠らないようにしましょう。

メダカ飼育に使える他の水草はコチラ