【4ヶ月連続東京へ】Workhack‐得たものと悔しいと思ったこと

こんにちは、りょうた(@nr880622)です。

昨日から、ブログのトップ画も顔出ししました。

よく大学生に間違われますが、28歳です(笑)

1月29,30日と東京に行ってました。

用件としては、

・大学の友人と会う

・Workhack#4

・前の会社の後輩と会う

という3つでした。

特にWorkhackについては先月も行ってきて、いろいろ得るものが合った中での続編だったので12月の回が終わってすぐに申し込みました。

そんな中で仕事に関して思う所もあったので、まとめてみました。

29日の内容というより、前回のも踏まえて思ったことをメインで書いてます。

Workhack#4

12月に行ったWorkhackの続編(詳しくはWorkHack。仕事は作り出すもの。楽しくやるもの。 – 無職だけど生きているを)

前回は若くしてフリーランス、会社経営などをやっている人の話を聞きました。

各自が自分の好きなこと、やりたいことを突き詰めて今に至ってます。

今回のゲストはマドカ・ジャスミンさん(@mdk_jasmine)

ツィッターとかも見てましたが、だいたいそのままの印象だったと思います。

ただ、覇気というかオーラのある人という印象も受けました。

これに関しては前回のゲストの方に関しても同じことが言えて、逆に言えば僕はそれまでここまで覇気のある人にほとんど出会ったことがありませんでした。

このことは上手く理屈では説明できませんが、簡単に言うと自信みたいなものでしょうか。

僕が仕事してた時に出会った多くの人は、なんか苦しそうであったり、縛り付けられているというか・・・・そんな印象を受けることが多かったです。

要はなんか重苦しい雰囲気みたいなものですね。

Workhackの登壇者・ゲストの方たちはこれからの社会に向けて、1つの生き方の見本になっていると思います。

横のつながり

12月のWorkhackは60人くらい、今回は人数は絞ったようですが30人弱くらいの参加者がいたようです。

前回今回と続けてきた人も多く、前回話をした方もいたので周りの人ともすぐに馴染めました。

今回はFacebookの方でもかなりの方とつながりを持てたり、ブログにも興味を持たれたりしました。

ちなみにブログとツィッターで顔出ししたきっかけもここで顔出しの話になったことがきっかけでした。

スポンサードリンク

 

ちょっと悔しかった

ただ2回、こういったイベントに行って思ったことも。

もっと早くこういう人に出会いたかった

f:id:ryota0622:20170202014232j:plain

僕は今、28歳(今年6月に29歳)です。

来年には30歳。

やはり不安はあります

これが25歳とか20歳ころであれば、まだ先があるとかなり楽観的な考えもできましたけど、やっぱり30歳が近いと何かわかりませんけど得体の知れない不安みたいのがあります。

なので、今は今で楽しいのもありますけど、やはり不安もあることはあります。

正直、塾講師も「とりあえず3年」というのは頭にあって、去年2月までやりましたけど、本音を言ってしまえば一昨年なり、なんなら3年前(入社2年ちょっと)に辞めても良かった。

一昨年の段階でもかなり体にはきてましたしね。

正直、最後の一年に関しては惰性で仕事をやっていた感も否定はできません。

(もちろん明らかに手を抜くことはしませんでしたけど)

参加者も僕が接した範囲だと、大半は僕より年下でした。大学生とかもいましたしね。

そんな人でも僕より成果をあげつつある人もいるので、内心焦りもありました。

逆に言えば、僕より若い年代の人は特に今後の人生の基礎となる時期でもあります。

なので、イベントでも何でもいいですが、会社を辞めるまでは行かなくても仕事以外でも、興味を持ったことはどんどんやっていった方が良いです。

会社以外の人脈もできますし、視野も広がります。

僕はそれを大学生なり会社にいた時に、やってなかったことに関してはすごく後悔してます。

詳しくは次回触れますが、僕の塾の時の後輩もやりたいことがあって仕事を辞めてます。

その後、実際に行動に移して、結果今は別の会社で働いていて、塾にいた当時よりかなり活き活きした印象を受けたので、後輩ではあるけどあるべき姿・見本になっていると思います。

結局は自分が選んだ道

そんな複雑な思いみたいなものを持ちました。

ただ今の状況も結局は自分の意思で選んだもの。

そもそもブログに関していえば、あらゆる年代の人がいますからね。

僕にしか書けない話なんてのもあるでしょうし、変に競争意識は持たないようにしよう(。・ω・。)ゞ

自分に勝つという意味での競争はやりますけどね。

このイベントの翌日、塾の時の後輩と再会しました

www.ryota-freedom.com