【冬の外飼い】メダカは水が凍っても平気

外の水槽に張っていた氷

こんにちは、りょうたです。

茨城は寒い日が続いてます。

寒さに関しては暑さよりは我慢できる方ですが、それでも寒いです(´・ω・`)

以前書いたアクアリウムのススメ。外でもメダカは飼えるで自分の部屋だけでなく、外にも水槽(スイレン鉢)を置いてメダカを飼ってることは触れました。

今回は、冬という寒さでの問題点について。

外の水槽の水が凍った・・

凍ったメダカ水槽

見ての通り水面は完全に凍ってます

1月16日撮影。

この日は朝は氷点下最高気温が8℃くらいだったみたい。

ただ、水槽の置いてる場所は時間帯によって日光がそこまで当たらないようで、ここ2,3日は1日を通して凍ってました。

さすがにここまで凍ったのは初めてなので、一応生存確認を。

思ったより分厚い氷。

これまでは叩けば割れるレベルだったけど、これは素手では無理!

こんな感じで氷が水面を覆ってたようです。

水が凍ってもメダカは生きている

冬の水槽の生き物の様子
  • メダカ:水草、落ち葉の下に隠れていた
  • ミナミヌマエビ:寒さからかあまり動かない
  • タニシ:殻にこもりっぱなしでほとんど動かない
青メダカ

水面から生存確認。

ミナミヌマエビ

ミナミヌマエビ生存確認(。・ω・。)ゞ

メダカも生存。

ちなみに外のメダカは室内とは別で青メダカです。

とりあえず水温が低いので全体的に動きは鈍いですが、それを除けば普段通りな様子でした。

タニシもいるけど、この時期は殻にこもりっぱなし(´・ω・`)

とはいえ、死んではいません。

水温について

冬の水温は朝は高くても0℃前後。

日中でも10℃いくかどうかですね。

ちなみに室内の場合は、10℃は下回らずに15℃前後は保っています。

ただ、外についてはこの時期のメダカは落ち葉の下に隠れるなどして冬眠に近い状態になってます。

エサに関しては外の場合は微生物が湧くため元々エサは与えていませんでしたが、仮に与えていたとしても冬の間はエサを与えなくても問題ないです。

それなりに美世知が湧いているからか、心なしか部屋で飼ってるメダカよりふっくらしてるような気もします。

冬は水草のほとんどが枯れる

ただし水草についてはほとんどのものが冬は枯れます(成長が止まる)

とはいえ枯れるのは一時的な種類もあります。

などについては、冬は枯れたように見えますが、春になるとまた新しい芽を出して成長します。

ナガバオモダカの詳細はコチラ

ウォーターバコパなど一部の水草は冬も枯れずそのままの形を保つ種類もあります。

ウォーターバコパ

うちのウォーターバコパも冬の寒さにも負けずに元気です。

冬の寒さにも耐えるウォーターバコパの詳細はコチラ

アナカリスやウィローモスなど室内のメダカ飼育で使われる水草は、冬の寒さに耐えきれず完全に枯れてしまいます

その他屋外の水草はコチラ

メダカは水が凍っても大丈夫

水槽にはった氷

これまでになく水槽の水が凍ったので内心びっくりしましたけど、とりあえずメダカたちが無事なようで安心しました(;^ω^)

水の底まで完全に凍るようなことがない限りは大丈夫なので、多少凍るくらいは問題ないです。

とはいえ、冬も他の季節と同じく観察はしっかりしましょう。

慌てないために冬のメダカの飼育を知ろう