【4月24日】ブラック企業・労働問題の座談会やります

メダカの冬越し。メダカは冬でも生きられる

冬の水面に張った氷

こんにちは、りょうたです。

冬はメダカ飼育で気をつかう季節です。

カエルやトカゲなどは冬眠して活動しなくなりますが、実はメダカも野生だと冬眠に近い状態になります。

室内で飼っている場合は極端に水温が下がることはありませんが、それでも夏と比べれば活動的でなくなるなどの違いは出てきます。

今回の記事では、メダカを飼育するうえで冬にやることや気をつけることをまとめてみました。

メダカを屋外で越冬をさせる場合

屋外は外の寒さをまともに受ける環境なので冬は一番注意が必要な季節でもあります

かといって、越冬に特別な方法があるわけでもないので、以下の注意点を守っていただければ大丈夫です。

水温が低くなり活動的でなくなる

雪だるま

メダカに限らず金魚などもそうですが、寒くなると基本的に活動的でなくなります

あまり動かなくなったり、エサもそれほど食べなくなったりなど。

あとは日照時間の短さも関係していますね。

メダカと水温についてコチラ

とはいっても屋外の場合は、微生物が自然発生するのでエサを与える必要はありません。

なのでエサについては、そこまで神経質になる必要はありません。

メダカの屋外での飼育はコチラの記事でもまとめてます

メダカは屋外で飼育しても元気に過ごせる

外は水が凍るくらいの寒さ

水面が凍った外の水槽

水面が凍るくらいの寒さ。

水温は日中をのぞくと0℃くらい。

地域にもよりますが、水戸でこれなので北にいくほどより凍っていることでしょう。

寒いためメダカはほとんど動きませんが、時間がある時にメダカの姿があるか、全滅してないかは確認しておきましょう。

注意
ただし幹之メダカなど品種改良された種類は繊細なことが多く、極端な寒さに耐えられない可能性もあります。
冬の屋外のメダカについてはコチラ

室内で越冬する場合の注意点

外ほどは気をつかわなくて大丈夫

室内で飼っている場合は、外みたく極端に水温が下がることはあまりありません

低くても10℃前後くらいのです。

(ある程度断熱性のある家の場合)

暖房などがあれば10℃も切りませんね。

だいたい室温=水温に落ちつきます。

人が心地良いくらいの室温であれば自然と水温もメダカにとってちょうどいいくらいに落ちつきます。

このくらいの水温であれば秋と比べれば多少動きは鈍くなりますが、おおよそ普通に泳いでいます。

そのためエサも秋よりは少なくしつつ与えますが、エサの与えすぎが水質の悪化をまねくのは他の季節と同じなので注意しましょう。

ただし冬については、普通に飼うと産卵や繁殖はほとんどしません

メダカの産卵について詳しくはコチラの記事で書いています。

 

メダカの卵を見つけたらやること。産卵、繁殖を確実にしよう

メダカに関してはヒーターは基本的に不要

そんなわけで冬に水温が低くなると活動的でなくなりあまり動かなくなるメダカ。

ただやっぱりちゃんと動いているメダカを見たいわけで、

冬でもメダカをちゃんと観察したい

冬でも繁殖させたい

そんな声もあるかもしれません。

それは一応可能で、ヒーターを用意して水温を上げればいいです。

基本的にはコンセントにさすだけで機能するので使い方自体は難しくありません。

ちゃんと水温も上がって、場合によっては産卵をすることもあります。

それでもメダカに関してはヒーターは基本的になくても大丈夫です。

本来活動しないはずの冬も活動することになり、体力的に負担はかかるため寿命は少し短くなるからです。

なので、メダカに関してはマイナスの面もあります。

野生のメダカの冬越しのしかた

冬に水底でじっとするメダカ

ヒーターで水温を人為的に上げる話になりましたが、本来の野生のメダカは水温が低いのもあって、冬はほぼ冬眠しているような状態になります。

水の中にある落ち葉などの下に隠れて、じっと春がくるのを待っています。

ちなみに野生のメダカの場合も水面が凍るぶんには問題なしで、底まで水が凍るようなことがなければだいたい生きています。

どちらにしてもほぼ冬眠状態。

目安としては、飼っている場合もふくめて水温10℃以上になると活動を開始します。

そのため冬に関しては外の水槽は、蒸発したぶんの水を足す以外は特に何もやりません

エサを与えないため糞も少なく、水質もそこまで悪化しないためです。

下手に刺激するとメダカが動いてムダに体力を使ってしまうので、なるべくメダカの負担や刺激にならないように気をつけましょう。

メダカの越冬は可。屋外は要観察

冬のメダカ飼育のまとめ
  • 屋外の飼育は冬に水が凍ることがある。ただし、水面が凍る程度なら問題なし
  • 屋内の場合は極端に水温が下がることはない。エサの量を減らす以外は普段通りでOK

そんなわけで、これから冬をむかえるにあたってのメダカの飼育の注意点に関する記事でした。

注意が必要なのはどちらかというと外で飼っている場合

水槽の水が完全に凍ることがなければじゅうぶん冬越しは可能なので、冬の間はそれほどやることはありませんが、日々の観察はしっかりしておきましょう。

特に屋外でのメダカ飼育の初心者は夏と冬は注意です。

逆に室内で飼っている分にはそこまで神経質になる必要はないでしょう。

室内なら水温もそこまで下がることはないですからね。

春になり気温が上がってくると、徐々に活発になって繁殖もするので、冬をしっかり乗りこえてまた春に元気な状態のメダカでいるようにしましょう。

冬のメダカの飼育は、メダカを育てるうえで大事なポイントですね。

冬を乗りこえてからの春のメダカ飼育についてはコチラ