冬のメダカの飼い方をまとめてみた

こんにちは。メダカ飼っていますりょうた(@nr880622)です。

 

かれこれ4年、実家でメダカを飼っていますが、またも冬がやってきます。

 

メダカを飼うにあたって、冬というのは夏ほどではないにしても多少は気を遣うような季節でもあります。

カエルなどは冬は冬眠するなどして活動しなくなりますが、実はメダカも野生の場合はこれに近い状態になります。

 

(室内で)飼っている場合は、そこまで極端に水温が下がったりというのはありませんが、それでも夏と比べれば活動的でなくなるなど、多少の違いは出てきます。

 

今回の記事では、メダカを飼育するうえで冬にやることとや気をつけるべきことをまとめてみました。

 

外の水槽の場合

水温が低くなり活動的でなくなる

メダカに限らず金魚などもそうですが、寒くなると基本的に活動的でなくなります

あまり動かなくなったり、エサもそれほど食べなくなったりなど。

 

逆に夏は水温が高く活動的なので、活発に動くしその分餌も他の季節よりは多め(1日3回位)に与えていました。

冬に関しては、2回でも十分で、1回でも大丈夫なくらいです。

 

その辺は水温やメダカの動きの様子を見て調整しましょう。

 

外は水が凍るくらいの寒さ

冬なので、当然外はとても寒い。

どれくらい寒いかというと・・・

水面が凍るくらい。水温は日中を除くと0℃くらいとか。

 

去年はこんな感じで凍ってましたけど、幸い中のメダカやエビや全く持って無事でした。

ただ寒くて動かないので、ほとんどが落ち葉や水草の下に隠れていましたけど。

 

室内の場合

外ほどは気を遣わなくて大丈夫

室内で飼っている場合は、外みたく極端に水温が下がる事はあまりありません。

低くても10℃を少し切るくらいのイメージです。

 

だいたい室温=水温に落ち着くので、人が心地良いくらいの室温であれば自然と水温もメダカにとってちょうどいいくらいに落ち着きます。

 

この位の水温であれば多少動きは鈍くなりますが、おおよそ普通に泳いでいます。

ただし冬に関しては普通に飼うと産卵や繁殖はほとんどしません。

 

 

メダカに関してはヒーターは基本的に不要

そんなわけで冬に水温が低くなると活動的でなくなりあまり動かなくなるメダカ。

ただやっぱりちゃんと動いているメダカを見たいわけで、

冬でもメダカをちゃんと観察したい」という声もあるかもしれません。

もしくは「冬でも繁殖させたい」とか。

 

それは一応可能で、ヒーターを使って水温を上げればいい話です。

基本的にはコンセントに差すだけで機能するので使い方自体は難しくありません。

 

実際ちゃんと水温も上がって、場合によっては産卵をすることもあります。

 

ただ、本来活動しないはずの冬も活動することになり、体力的に負担はかかるため寿命は少し短くなるようです。

なので、メダカに関して言えばマイナスの面もあります。

 

逆にグッピーなど熱帯魚を飼う場合は水温が低いとそもそも生きられないので、ヒーターは必須になってきます。

野生のメダカ

ヒーターで水温を人為的に上げる話になりましたが、本来の野生のメダカは冬はほぼ冬眠しているような状態になります。

水の中にある落ち葉などの下に隠れて、じっと春が来るのを待っています。

ちなみに野生の場合も水面が凍る分には基本的に問題なしで、底まで水が凍るようなことがなければだいたい生きています。

 

どちらにしてもほぼ冬眠状態。

目安としては、飼っている場合も含めて水温10℃以上になると活動を開始します。

 

そのため冬に関しては外の水槽は、蒸発した分の水を足す以外は特に何もやりません

下手に刺激するとメダカが動いて無駄に体力を使ってしまうので、極力メダカの負担や刺激にならないように気をつけましょう。

 

まとめ

そんなわけで、これから冬を迎えるにあたってのメダカの飼育の注意点に関する記事でした。

 

注意が必要なのはどちらかというと外で飼っている場合なので、室内で飼っている分にはそこまで神経質になる必要はないでしょう。

 

基本的に室温=水温になってくるので、人が寒いと感じない位の室温であれば、メダカも普通に生活しています。

春以降は、また活発になって繁殖もするので、冬をしっかり乗り越えてまた春に元気な状態のメダカでいるようにしましょう。

1 Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です