【2月19日開催】HSP・HSCの正しい理解ができるHSP勉強会はコチラ

気質を活かそう。HSPに向いている仕事

仕事をする人

HSPのりょうたです。

最近、自分がHSPだとわかりました。

今までのことを思い返してみると、思いあたることがたくさんありました。

特に苦労したのはサラリーマン時代(2011年~2016年)

やはり仕事をしていても、社内の雰囲気に影響されやすい、疲れやすい、ストレスから体調を崩しやすいなど。

ただ闇雲に仕事を選んでもつらいことばかり

そこで今回の記事はHSP的目線で向いている仕事・向いていない仕事を今までやった仕事を中心に分類してみました。

特にHSPの方にはHSPを知り、その上でどんな仕事が向いているかイメージできたら嬉しいです。

りょうた
りょうた

この記事であげる業種はあくまで業務内容とHSPの関係から相性をはかっています。HSPの特性上で相性が悪くてもいっしょに働く人次第で変わることもあるので、あくまで業務内容や社風に特化して書いています

こういう仕事はきつい可能性が高いかもしれない

結論からいうと『HSPに合う仕事』で考えると、けっこう難しいです

同じHSP気質でも細かいところ(音に敏感か匂いに敏感かなど)は違ってきます。

TwitterなどでいろんなHSPの方を見てても合う仕事は、一人一人違うなと実感しています。

その代わり、『HSPに合わない仕事』で考えるとある程度分かりやすいですし、僕もいろんな会社で働いてきてしかもブラック企業だったので合わない仕事はお伝えできます。

りょうた
りょうた

厳密にはHSPに限らないところもありますが、いずれにしても避けた方が良いのは間違いないです。

体育会系の色が強い

ある程度上下関係があるのは問題ないですし、職場としても必要なことです。

ただ上下関係が理不尽なレベルまで行くのは問題ですよね。

  • 上司の言うことは絶対!
  • 部下、若手をこき使う

とかですね。

これが行き過ぎて『パワハラ』につながる場合もあるので要注意ですね。

しょっちゅう誰かが怒られている

HSP気質の特徴で、『過剰同調性』というのがあります。

過剰同調性は自らの欲望や意見よりも相手の欲望や感情に関心を向け,他者に過剰に同調する性質であり

過剰同調性がネガティブ感情表出と本来感に与える影響―被受容感を媒介にして― 東京成徳大学臨床心理学研究,19号,2019,20-27

これにより自分と他人の壁が薄いため、他人の感情が自分の中に入りやすいです

ポジティブな感情とかであればむしろ良いのですが、怒られているなどネガティブなことも入ってくるとなると精神衛生上良くありません。

先述の体育会系の職場に多いパターンなので、やはり要注意ですね。

怒られているのを見るのは意外とストレスだったり
プレッシャーはミスのもと

スピード重視の仕事

HSPの大きな特徴に『DOES』というのがあります。

HSPのおおまかな行動の傾向に近いもので、

  1. 【D】深く処理する(Depth of processing)
  2. 【O】過剰に刺激を受けやすい(Overstimulation)
  3. 【E】全体的に感情の反応が強く、特に共感力が強い(Empathy and emotional resuponsiveness)
  4. 【S】些細な刺激を察知する(Sensitivity to subtleties)

の4つを総称したものです。

DOESの詳細について

この中の『深く処理する』の話で、仕事に限りませんが1つの物事に対して深く考え、じっくり掘り下げる傾向があります。

丁寧にやるともいえるので大事ですが、丁寧さよりもスピードを重視するような仕事(職場)だと力を発揮しにくかったり、評価もされにくいです

逆に言えば、スピードより丁寧さを重視する職場や仕事であれば、強みになって重宝されます

仕事がつらくなったときの対処法はコチラ
HSPと仕事のスピードについて

HSPと仕事の適性

ここまで「こういう雰囲気の職場、仕事は合わない」というものを挙げました。

ここからは今までの話に加えて、転職経験のある僕が実際に見てきた(+友人などから聞いた)経験をもとにHSPに向いている、向いていない仕事を挙げています。

以下の表は僕が経験した、友人から聞いた範囲での各仕事の相性ややってみた感じの所感などをまとめたものです。

仕事HSP面で見た相性体力雰囲気収入所感
塾講師生徒や親に対しての共感的な姿勢は武器になる酷使する。残業・長時間労働が常態化ピンキリだが合う会社であれば雰囲気自体は割と良い〇。昇給に不安はあるが初任給は他業界より高いことが多い生徒や保護者と関係を築ければやりやすい。ただしとにかく体力面の負担が大きい
カウンセラー相手の意図や気持ちを読み取ろうとする面は良い体力自体はそこまで使わない。精神的には疲れそう相談者の雰囲気次第。独立してやることが多いので上司に悩むことは少ない△。カウンセラー一本で食べている人は少ない印象相談者がかなりネガティブだったりするとその雰囲気に同調してしまい逆に負担になりそう
ブロガー環境や労働量をコントロールできる点はかなり良いどれくらい働くかは自分でコントロール可基本オンラインなのでどうにでもなる△。ピンキリなのでマーケティングやライティング能力によるブロガーやライターで得られるSEOなどのマーケティングの知識は様々な仕事に応用が可能
内職一人で各自でやるものが多いためムダに人に気を遣う必要がない体力はそれほどでもないが地味に時間はかかる家でやるものであれば特に問題なし×。作業が単純な分収入は期待しない方が良いですやるハードルは低いので働けない人の取っ掛かりにはオススメ
飲食店慌ただしい+体育会系の雰囲気に合わないとキツイ酷使する慌ただしい雰囲気〇。労働集約型なのでいかにたくさん働くかによる個人的にはやりたくない仕事ナンバーワン
事務(建設会社)常に周りに人がいる点が気になる人はキツイかもそこまで疲れない業種や会社によって合う合わないが極端な印象〇。安定性はある事務作業自体は得意だが会社や上司の雰囲気次第
農業法人自然が好きな人には良い。ただ機械が意外とうるさい力仕事多い体質の古い会社が多いためそれに適応できるかによる△ある程度の規模ならそれなりに稼げるが条件が悪いところが多い。元々農業が好きだとしても、会社に入るとまた違うなと思った
ライター仕事自体は一人なのでメンタル的には楽。一方で記事の数や締め切りへの考慮が必須締め切りに追われると深夜まで仕事がかかることもある仕事そのものは一人で気楽だが依頼者とのやり取りは随時あり最初は単価が低いので稼げない。数をこなして単価を上げようSEOなど記事を書く能力は必要。最初は稼げないのは覚悟すべし

向いている仕事

塾講師。意外と一人の時間はとれる

塾講師
人との関わりの多さ
 (4)
ノルマの多さ
 (3.5)
仕事のスピード感
 (2.5)
ブラック企業の多さ
 (4.5)
給料・収入の高さ
 (3)

僕が経験してる中だと塾講師はわりとマシだったように思います。

「人と接する」要素が大きいので意外と思われるかもしれません。

ただ実際は授業の時間よりも、授業の準備や事務的な仕事のほうが時間の割合は多いのです。

全体会議などを除くと各教室に散って少人数もしくは単独でいることも多いので、HSPでも多少はやりやすくなります。

生徒や保護者との相性もありますが、相性の良い人であればけっこう楽しいです

りょうた
りょうた

僕の塾は人間関係は良かったので、割とやりやすかったですね。

それもあって仕事自体は楽しかったです。

注意

ただし同じ教育関係でも学校の教員や保育士などになると生徒・子どもにつきっきりな面もあるので、一概に相性が良いとも言えないかもしれません。あと塾でも大手など社員数が多いと、一人の時間の確保は難しいかもしれません。

一つ不安材料をあげるとすれば、他の塾の話(by元社員)を聞いていると、塾ってワンマン経営なところが多いです。

社内の雰囲気なども社長のさじ加減次第だし、他の会社の話だと気性の荒い人も意外といるようです。

りょうた
りょうた

塾によっては会社によって違いがよりでそうですね。

過去に就活でいろんな塾を見てますけど、雰囲気は塾によってけっこう違います

カウンセラー。HSPの長所を生かせる

カウンセラー
人との関わりの多さ
 (5)
ノルマの多さ
 (1)
仕事のスピード感
 (2.5)
ブラック企業の多さ
 (1.5)
給料・収入の高さ
 (3)

HSPの方は共感性の高い傾向があります。

感受性が豊かや深く考えるという点から相手の気持ちをくみ取ったり、相手に寄り添うことが得意

実際にHSPのカウンセラーの方もいたりするので、HSPの方に向いている確率の高い職業です。

ちなみに最近は、「HSP専門カウンセラー(HSPカウンセラー)」などカウンセラーと名のついた資格がかなり増えています。

ただしHSP専門カウンセラーでいえば、カウンセリングの能力はつくにしてもHSPの知識についてはピンキリです。

りょうた
りょうた

他にもHSPアドバイザーなど、様々な呼び名のパターンがあります。もはや資格でもなんでもないですが

ましてHSP専門カウンセラーは公的、国家試験ではなく、あくまで民間資格です

講座さえ受ければ誰でもHSP専門カウンセラーは名乗れます

HSPカウンセラーについて

心理系の資格は数が多く見極めが難しいですが、確実なのは『臨床心理士』や『公認心理士』の資格を持っていること。

例えば臨床心理士になるハードルはかなり高く、

一方で、臨床心理士の資格は、「公益財団法人 日本臨床心理士資格認定協会」が認定します。

資格試験受験のためには、心理学系の指定大学院や専門職大学院で2年間勉強し、カウンセリングの実習まで経験しなくてはなりません。

産業カウンセラーと臨床心理士の違い

という風に原則として大学院を卒業していることが前提になります

そのため、臨床心理士になるということはそれだけ高度なカウンセリングや心理学の知識を持っているとも言えます

りょうた
りょうた

他にも産業カウンセラーや心理系で唯一の国家資格の公認心理士も良いですね。

資格がすべてではないですが、資格があるということはちゃんと知識は持っていることの証明にもなりますからね。

カウンセラー系の資格が乱立気味ですよね

在宅でもできる仕事。ブロガー

ブロガー
人との関わりの多さ
 (1)
ノルマの多さ
 (1)
仕事のスピード感
 (1.5)
ブラック企業の多さ
 (1)
給料・収入の高さ
 (3)

家にいれば刺激も最小限に抑えることができます。

また在宅勤務(テレワーク)の場合、まわりの人との競争の要素もそれほどなくマイペースに取りくめて、精神的な意味でも気楽にできるのは良いですね

ブログについては家で書くことが多いです。
(たまにコワーキングスペースに行くこともある)

もちろん、収益をガッツリ出す(月数万円)には時間がかかるなどのデメリットはあります。

ただ収益源の一つや副業という位置づけでは最適です。

最近はいろんな稼ぐ方法も出てきているので、自分に合いそうなもの・好きなものを選びましょう。

りょうた
りょうた

一人でゆったりできる点ではブロガーは天職だと思ってます。

内職。年齢、スキルの制限がない

内職
人との関わりの多さ
 (2.5)
ノルマの多さ
 (4)
仕事のスピード感
 (4)
ブラック企業の多さ
 (2)
給料・収入の高さ
 (1.5)

2017年にシェアハウス(リバ邸茨城)に移住したときにシェアハウスの近くに、たまたま内職の会社があり、内職の仕事の経験もあります。

やったのは「タバコの箱の組み立て

1つ作るのに慣れれば1分は切れるかなというものを2000個ちょっとやりました。

この手の内職は基本的に「1個〇円」みたいに報酬が決まってきます。

僕の場合は、1個2,3円くらいでやって、最終的に7000円くらいを受け取りました。

作業自体は単純作業で、自宅で仕事をすることも可能なので刺激を避けるという意味ではHSP向けともいえます

りょうた
りょうた

ただし内職だけで生活するのは難しいです。

数が膨大ですし、内職だけでやっていこうとするとかなりの時間を要します。メインの仕事が別にあって、合間に内職をやるスタンスの方が負担もストレスも少ないです。

向いていない仕事

このツイートでは僕が今まで経験した仕事でまとめてはいますが、特に飲食や事務(マルチタスク)はHSPの人にとっては厳しいように感じます。

もちろん同じHSPでも一人一人細かい気質などは異なってきますが、おおよその目安にはなるかと思います。

飲食業。刺激がいっぱい

飲食業
人との関わりの多さ
 (4.5)
ノルマの多さ
 (4.5)
仕事のスピード感
 (5)
ブラック企業の多さ
 (4.5)
給料・収入の高さ
 (2.5)

飲食系は働くうえで瞬発力がものをいう、またかなり騒がしいという点からHSPとはかなり相性が悪いです。

個人的には最も避けるべき業種かと思います。

HSPのように繊細な方にはキツイ仕事ですね。

ただしこじんまりとしたカフェなど静かで刺激の少ないタイプの飲食店であればやりやすいかもしれません。

りょうた
りょうた

某ファミレスでのバイトが地獄でいまだにトラウマです。

就職や転職も飲食業界は徹底的に避けていました。

事務。マルチタスクがきつい

事務
人との関わりの多さ
 (4)
ノルマの多さ
 (4)
仕事のスピード感
 (3.5)
ブラック企業の多さ
 (3.5)
給料・収入の高さ
 (2.5)

事務は、意外に思う方もいるかもしれません。

本やSNSなどで、「HSPにとって事務は適職!」という人もいるくらいですから。

いわゆるホワイト企業であれば少しはマシでしょうけど、やはりHSP特有の弱点である『マルチタスクが苦手』というのが痛いところです。

りょうた
りょうた

電話応対・取次、来客応対、経理の書類作成、総務の書類作成、その他雑務等…

事務の仕事は実に多彩です。

これらを同時進行できる要領の良さは必須です。

なにより事務は同じ部署の人との連携が何より大事です

言い換えれば人間関係ですね。

人間関係が良ければだいぶやりやすくなりますし、人間関係が悪ければ僕みたく地獄を見ます。

農業。体質が古い会社が多い

農業
人との関わりの多さ
 (3.5)
ノルマの多さ
 (3)
仕事のスピード感
 (3.5)
ブラック企業の多さ
 (4.5)
給料・収入の高さ
 (2)

農業は相性はどうかは個人的に判断が少し難しかったですが社風や体質を考慮して、『相性が悪い』部類にしました。

都会であれば事情は変わるでしょうが、少なくとも地方の農業系の会社の場合はパワハラなどがあるなど体質が古いことが多いです

りょうた
りょうた

僕は実際にパワハラ受けたうえでクビになってますからね…

また、ハローワークなどで求人を探しても

  • 社会保険未加入
  • 正社員でも給料がかろうじて10万円を超える(手取りだと10万円を割る?)

といった会社もありました。

補足

あくまで僕が転職してた2016年ごろの話なので今は多少は改善されてるっぽい。とはいえ、他業界と比べると条件はあまり良くない印象です。

農業というと自然に触れられるということで、「HSPと相性が良い」とか「落ち着く」みたいな話もあるそうです。

ただし、それ以上に体質が古いですし、何より僕がパワハラを受けたりクビになったりしてるので、個人的には安易にオススメはできないです

ライター。ノルマなど意外と厳しい

ライター
人との関わりの多さ
 (3)
ノルマの多さ
 (5)
仕事のスピード感
 (4)
ブラック企業の多さ
 (4)
給料・収入の高さ
 (3)

ブロガーと同じく『記事を書く』点は同じですが、ライターは『他人のウェブサイト』で記事を書くのが大きな特徴です。

ライターが難しいのは、

  • 単価が低いと稼げない
  • 締め切りに追われることもある

これらに悩んでいるライターは非常に多いです。

1記事書くのもすぐにできるものではないので、特に締め切りに追われるようになると深夜まで記事を書き続けることもよくあります。

在宅でできる点は楽なイメージが先行しがちなライターですが、実は意外と大変な点も多いのです。

仕事で苦労したこと

就職してからこれまで派遣事務、塾講師、農業法人、運転代行といろいろな会社で働いてきました。

自分がHSPだとわかってから改めて自分の人生をふり返ると、HSPと結びつくことが多々ありました。

  • 人に見られるのが気になってしょうがない
  • 職場の雰囲気、環境に敏感
  • 直接自分に関係ないことでも、誰かが怒られているのを見ると気が滅入る

これもあって僕は派遣事務、塾講師、農業と20代にして仕事を転々としていました。

塾講師こそ4年続きましたが、派遣事務は2ヶ月、農業は3週間しか続きませんでした。

人に見られるのが気になってしょうがない

これは特にHSPならではの悩みですね。

そもそもHSPの人は何か物事をするときに、まわりの目があると集中できず、1人でいることを好む傾向があります。

会社員という立場上、しょうがないところですがどうしても人の目であったり、まわりの雰囲気の影響は良くも悪くも受けやすいです。

人に見られていると思うと、いろいろ考えちゃいますよね。

職場の様子、雰囲気を敏感に察知する

また雰囲気についても敏感に感じとります。

いわゆる感受性が強いってやつです。

周囲が悪い雰囲気であれば雰囲気に飲まれて体調をくずしたり、仕事のパフォーマンスにも影響がでます

事務や農業をやってたときは、「あいつは仕事できねぇな」という目線で見られていて、そういう評価を感じとってしまうので辛かったです・・・。

りょうた
りょうた

どんな小さな違和感もキャッチしましょう

自分に関係なくても、怒られているのを見ると気が滅入る

怒鳴り声を聞くのもすごく辛かったです。

ただただ恐怖でした。

例えば塾講師をやってたころ、社長が会議で社員に暴言を吐くことがありました。

僕に関係ないものもありましたが、聞いてるだけでものすごく不快でネガティブな気分になりました

雰囲気などの環境はかなり重要

HSPのメリット・デメリットを把握

HSPでもやりやすい仕事
  • 一人の時間が確保できる
  • (状況にもよるが)人との関わりがそこまで多くない
  • ムダに騒がしくない
飲食店がHSPと相性が悪い理由
  • 忙しいときは本当に休む間もない
  • 状況によっては調理、接客の両方をやる(特に居酒屋)
  • 特にファミレスは戦場みたいな雰囲気で怒鳴り声や罵声が飛び交うこともある
  • 面倒な客にあたったときは、メンタルをものすごく消耗する(居酒屋)
事務職がHSPと相性が悪い理由
  • 経理、来客・電話応対、その他雑務などいくつかの作業を並行して行う
  • 常時まわりに人がいる中での仕事なので、人間関係が悪くなったときのリスクが甚大
  • 冷たい人が多い(あくまで僕がいたところではありますが)

HSPに適した仕事と適していない仕事を紹介しました。

HSPにスポットは当ててはいますが、今回みたく合う仕事・合わない仕事を選ぶことって非常に大事なこと。

僕自身も合わない仕事で鬱になったり、体を壊した経験があるからなおさら実感します。

こういった経験があるからこそ言えますが、仕事の内容よりも自分の特性や生き方に合った仕事を探していきましょう。

単純にやりたいことを探すより、自分としっかり向き合うことをオススメします。

HSP向けの仕事の探し方

違和感から目を背けない

HSPの人は直感が当たりやすいです

そのため就活、転職活動をして面接などで会社と接したときに、会社にたいしてちょっとした違和感を持つこともあります

例えば面接をしているときに、

りょうた
りょうた

あれ?この人、僕のこと見下してる?

と面接官に思うこともありました。

僕の場合、「ゆとり世代」でもあったので、面接でゆとり世代をバカにするような発言もありました。

この辺は、面接で社員の本性も少しながら垣間見えますし、違和感を感じることもあります。

実際に入社してからそれが的中したので、違和感も意外とバカにできないのです。

就活の時点で違和感を感じていました

必ずしも会社員に固執する必要はない

ブロガーりょうた

そして今は昔より働き方が多様になっています。

正社員はもちろん、契約社員、派遣、フリーランスなど。

僕は今フリーランスとして活動していますが、人間関係のストレスの少なさはHSP気質にとってメリットになります。

もちろん会社員でこそ力を発揮するHSPの方もいますので、どんな形で仕事をするのが自分に合うかは本当に人によります

ただ、いろんな働き方があるのを知っているだけでも、だいぶ視野は広がります。

HSP気質に固執しすぎない

HSPだからやりやすいと感じる仕事、やりにくいと感じる仕事はもちろんあります。

ただし、HSP気質だけに固執するのも考えものです

あなたを構成しているのではHSPだけでなく他にも様々な性格や気質があります

それらもトータルで考えることで、合う仕事や合わない仕事が見えてくるのでHSPだけに固執せずいろんな角度から見ていくようにしましょう。

自分に合う仕事をするのが一番大事

HSPの人がやりやすいであろう仕事
  • 一人の時間が確保できる
  • (状況にもよるが)人との関わりがそこまで多くない
  • ムダに騒がしくない

というところですね。

個人的にはHSPって職人気質な部分がある気がするので、塾講師みたく「自分の能力、知識をフル活用する」仕事は適性があるように思います。

細かい部分は同じHSPでも異なってきますが、間違いなく言えるのは自分に合った仕事をするということ

特にHSPの方にはこの点を心がけてほしいです。

HSPが会社勤めするときのポイント