HSPに向いている仕事で個人の特性を生かす

自宅で仕事をする男性

こんにちは、のんびりメダカブロガーのりょうた@nr880622です。

 

最近、自分がHSP(highly sensitive person:敏感な人)だということがわかりました。

HSPの概要については前回の記事の敏感すぎる人。HSPについてまとめてみたをご覧ください。

 

今までのことを思い返してみると、思い当たる節がたくさんありました。

特に苦労したのはサラリーマン時代。

やはり仕事をしていても、社内の雰囲気に影響されやすい、疲れやストレスから体調を崩しやすい・・・等々。

今思えば、HSPの悪い部分が出ていたことも多々ありました。

 

ただ闇雲に仕事を選んでも、HSPにとってはつらい事ばかりになります。

そこで今回の記事はHSPに向いている仕事・向いていない仕事を今までやった仕事を中心に分類してみました。

特にHSPの方には、どんな仕事が向いているかイメージできたら嬉しいです。

 

スポンサードリンク




 

HSPのために仕事で苦労したこと

座り込む男性

これまでいろんな会社で働いてきました。

HSPと分かってから改めて振り返ると、HSPと結びつくことが多々ありました。

・人に見られるのが気になってしょうがない

 

・職場の雰囲気、環境に敏感

 

・自分に関係なくても、怒られているのを見ると気が滅入る

 

人に見られるのが気になってしょうがない

頭を抱える男性

そもそもHSPの人は何か物事をする時に周りの目があると集中できず、一人でいるのを好む傾向があります。

会社員という立場上、しょうがないところですがどうしても人の目であったり、周りの雰囲気による影響は受けやすいです。

 

特に今までで言うと、飲食店や事務は常に周りに人がいる状態での仕事だったので、なんとなく見られている感じがして疲れましたね。

 

職場の雰囲気、環境に敏感

緊張している男性

また雰囲気に関しても敏感に感じ取ります。

いわゆる感受性が強いってやつです。

周囲が悪い雰囲気であればそれに飲まれて体調を崩したり、仕事のパフォーマンスにも影響が出ます。

 

事務や農業をやってた時は、「あいつ仕事できねぇな」という目線で見られていて、そういう評価を感じ取ってしまうので辛かったです・・・。

 

自分に関係なくても、怒られているのを見ると気が滅入る

殴りかかる男性

怒鳴り声を聞くのもすごく辛かったです。

ただただ恐怖という感じでした。

 

例えば塾講師をやってた頃、社長が会議で社員に暴言を吐くことがありました。

僕に関係ないものもありましたが、聞いてるだけでものすごく不快でネガティブな気分になりました

 

HSPに向いている仕事・向いていない仕事

向いていない仕事

このツイートでは僕が今まで経験した仕事でまとめてはいますが、特に飲食や事務系(マルチタスク)の仕事はHSPの人にとっては厳しいように感じます。

 

飲食業。刺激がいっぱい

倒れている男性

飲食系は働く上で瞬発力がものをいう、またかなり騒がしいという点からHSPとはかなり相性が悪いです。

飲食がHSPと相性が悪い理由

・忙しい時は本当に休む間もない

・状況によっては調理、接客の両方をやる(特に居酒屋)

・特にファミレスは戦場みたいな雰囲気で怒鳴り声が飛び交う事もある

・面倒な客にあたった時はメンタルをものすごく消耗する・ストレスが溜まる(居酒屋)

 

個人的には最も避けるべき業種かと思います。

HSPのように繊細な方にはきつい仕事。

僕も実際働いた経験はありますが、疲労感がものすごかったです。

 

余談ですが、以前某ファミレスで食事してた際に突然店内放送がONになって怒鳴り声みたいのが聞こえてきました。

おそらく上司が部下を厨房かどこかで叱っていたのでしょうが、それが意図せずONになってしまったようです(笑)

 

ちなみに会計の際、お詫び?に割引券をもらいました。

飲食業界はブラックとは言われていますが、戦場みたいですね(笑)

以上の理由から、おすすめできません。

飲食特にファミレスに関しては、短期間ではありながらひどい目に遭いました・・・

 

【飲食店はむいていない】人生初のバイトでメンタルやられて撃沈した話

 

事務。マルチタスクがきつい

電話する男性

PC作業しながら電話とかよくあります

事務に関しては意外に思う方もいるかもしれません。

いわゆるホワイト企業であれば少しはマシでしょうけど、やはりHSP特有の弱点である『マルチタスクが苦手』というのが痛い所ですね。

参照:HSPは混乱してマルチタスクに向かない。その理由と対策

 

僕の所感も含めてまとめると、

事務がHSPだとやりづらい理由

・経理、来客・電話応対、その他雑務などいくつかの作業を並行して行う

・常時周りに人がいる中での仕事なので、人間関係が悪くなった時のリスクが甚大

・冷たい人が多い(あくまで僕がいたところではありますが)

 

業界によって多少変わってくるでしょうが、マルチタスクは必須でしょう。

HSPの特徴として、「同時に複数のことをすると頭が混乱する」というのがあるので、HSPにとっては辛い所かもしれません。

事務って営業とは対照的にゆったりしたイメージがあるかもしれませんが、実は案外スピード感も必要とされるのです。

 

事務の細かい所はコチラの記事で。

徹底的に合わないと、鬱になります

 

会社内で信用を無くして鬱寸前になった

 

向いている仕事

塾講師。意外と一人の時間は取れる場合もある

授業をする男性講師

僕が経験してる中だと塾講師はわりとマシだったように思います。

「人と接する」要素が大きいので意外と思われるかもしれません。

 

ただ実際は授業の時間よりも、その前の準備や事務的な仕事の方が時間の割合は多いのです。

全体会議などを除くと各教室に散って少人数もしくは単独でいることも多いので、HSPでも多少はやりやすくなるかと思います。

生徒や保護者との相性もありますが、相性の良い人であればけっこう楽しいです。

 

一つ不安材料を挙げるとすれば、他の塾の話(by元社員)の話を聞いていると、塾の会社ってワンマン経営の所が多いです。

社内の雰囲気なども社長のさじ加減次第でギャンブルだし、他の会社の話も聞くと意外と気性の荒い人もちらほらいます。

その点ではHSPとの相性は悪いかもしれません。

MEMO
塾によっては会社によって違いがより出そうですね。

過去に就活でいろんな塾見てますけど、雰囲気は結構違います

 

一人の時間が必要という点は『内向的』と呼ばれる気質でも一緒ですね

 

内向的な性格は悪い事じゃない!それは立派な個性

 

カウンセラー。HSPの長所を生かせる

握手する二人の男性

HSPの方は共感性の高い傾向があります。

感受性が豊かという点から相手の気持ちを汲み取ったり、相手に寄り添う事に長けています。

 

それを生かして、カウンセラーだったり何か相談事を受けるような事には向いています。

繊細で心の優しいHSPならではの長所が発揮できますね。

悩み相談としての役割には適任です。

 

カウンセラーから派生して「傾聴」というスキルもあります。

このスキルを身につけると、相手により寄り添うことができます。

 

水戸で心理学や傾聴をまったり学ぶなら傾聴cafeがオススメ

 

在宅の仕事。ブログ、ライター等

パソコン

究極的には家にいれば上記に挙げた刺激も最小限に抑えることが出来ます。

僕は現在、運転代行のバイトとブログの2本で生計を立てています。

 

ブログに関しては家で書くことが多いです。
(たまにコワーキングスペースに行くこともある)

もちろん、収益をガッツリ出すには時間がかかるなどのデメリットはあります。

 

ただ収益源の一つや副業という位置づけでは最適と感じます。

最近はいろんな稼ぐ方法も出てきているので、自分に合いそうなもの・好きなものを選びましょう。

 

刺激の少ない仕事が向いている

HSPでもやりやすい仕事
・一人の時間が確保できる

・(状況にもよるが)人との関わりがそこまで多くない

・無駄に騒がしくない

という所ですね。

この辺は塾講師や今やっている代行タクシーのバイトあたりは満たせているかなと思います。

(塾講師は状況によりけりですが(;^ω^))

 

個人的にはHSPって職人気質な部分がある気がするので、塾講師みたく「自分の能力、知識をフル活用する」仕事は適性があるように思います。

 

また代行タクシーに関して、僕の働いている所は常連がほとんどで顔見知りの人も多いです。

人と接する事が苦手な面がありつつ、一度仲良くなれば良い雰囲気で付き合えるのもHSPの特徴かもしれません。

 

HSPとは言っても自分でもある程度対策はできるのです

 

HSPの刺激対策。自分の性質を受け入れよう

 

HSPならではのメリット・デメリットを把握

HSPでもやりやすい仕事
・一人の時間が確保できる

・(状況にもよるが)人との関わりがそこまで多くない

・無駄に騒がしくない

飲食がHSPと相性が悪い理由

・忙しい時は本当に休む間もない

・状況によっては調理、接客の両方をやる(特に居酒屋)

・特にファミレスは戦場みたいな雰囲気で怒鳴り声が飛び交う事もある

・面倒な客にあたった時はメンタルをものすごく消耗する(居酒屋)

事務がHSPだとやりづらい理由

・経理、来客・電話応対、その他雑務などいくつかの作業を並行して行う

・常時周りに人がいる中での仕事なので、人間関係が悪くなった時のリスクが甚大

・冷たい人が多い(あくまで僕がいたところではありますが)

 

HSPに適した仕事と適していない仕事を紹介しました。

HSPにスポットは当ててはいますが、今回みたく合う仕事・合わない仕事を選ぶのって実は非常に大事。

僕自身も合わない仕事で鬱になったり、体を壊した経験があるからなおさら実感します。

 

こういった経験があるからこそ言えますが、仕事の内容よりも自分の特性や生き方に合った仕事を探していきましょう。

 

HSPを少しでも多くの人に知ってほしい。

HSPについての概要はコチラの記事でまとめています。

 

敏感すぎる人。HSPについてまとめてみた