【9月19日開催】HSP診断テストをテーマにしたHSP勉強会

ミニホテイアオイはメダカビオトープにオススメ

ミニホテイアオイ

メダカ飼ってますりょうたです。

元々メダカの屋外飼育(ビオトープ)でホテイアオイを使っていましたが、

  • 単純に大きい
  • 増えるのは良いがよく増えるので水面を覆いつくす⇒メダカなどが観察しづらくなる
  • 水中でも根が意外とスペースを取るのでメダカが泳ぎにくそう

というのが気になっていました。

しかし、ホテイアオイはホテイアオイでも『ミニホテイアオイ』という種類があり、それならスペースを取りすぎるなどのデメリットも無くせそうということで試してみました。
(ミニホテイソウなどいろんな表現がありますが、当記事ではミニホテイアオイで統一します)

なお今回記事で検証したミニホテイアオイはジョイフル本田のペットセンターで購入しました。

りょうた
りょうた

ただ実店舗など仕入れの関係などからミニホテイアオイはあったりなかったり…。

ネット経由の方が確実に入手できます。

ミニホテイアオイはこんな植物

ミニホテイアオイ

ホテイアオイを品種改良したもので基本的な見た目は効果などはホテイアオイと同じです。

通常のホテイアオイと同じような感じで育てることができます。

強い光が必要だったり、寒さに弱い点も同じです。

ミニホテイアオイの特徴・メリット3選

大きくなりすぎない

ミニホテイアオイ

やはり『ミニ(プチ)』と付くだけあって元々小さいですし、成長してもそこまで大きくならないです。

細かい大きさは扱っている店によっても異なりますが、大きくても通常のホテイアオイの半分くらい、僕がジョイフル本田で買ったものはさらに小さくアマゾンフロッグピッドと同じくらいの大きさでした。

アマゾンフロッグピットの詳細はコチラ

通常のホテイアオイだと大きくなったり、増えたりすることで、

  • 水面を覆うことで他の水草の光合成、成長を阻害することもある
  • 水中に根が生い茂ることでメダカが泳ぐスペースが狭くなる

といったデメリットもあるので、この点ミニホテイアオイはコンパクトなので良いですね。

メダカの産卵場所になる

ミニホテイアオイの根
買ったばかりであまり根が生えてませんが後々同じように生える予定
購入から3か月後。しっかり根も生えてメダカが産卵できそうですね。

ミニホテイアオイも細かい根が生えるなど基本的な構造はホテイアオイと同じです。

そのためミニホテイアオイの根もメダカの産卵場所(産卵床)として使えます

ただし元々の大きさが小さい分、通常のホテイアオイと比べると産卵のスペースに限りがあるのでたくさん卵を産ませたい場合は通常のホテイアオイの方が適しています

水を浄化してくれる

水の浄化についてもホテイアオイと同じくミニホテイアオイもそれなりの効果が望めます。

特に屋外飼育(ビオトープ)の場合は室内みたく定期的な水換えはあまりしないので、水草があることで過度に水が汚れるのを防ぐ効果があります

浮き草は全般的に水質浄化の効果が高いものが多いですね。

浮き草についてはコチラ
水質維持・水槽の汚れについてはコチラ

外のメダカ水槽にはミニホテイアオイがオススメ

ミニホテイアオイのまとめ
  • 通常のホテイアオイの半分くらいの大きさで非常にコンパクト
  • 根がメダカの産卵場所になる
  • 水質の浄化効果が高い

通常のホテイアオイでもメダカの産卵場所や水質浄化の効果は十分発揮できます。

一方で限られた水槽のスペースだとホテイアオイではスペースに限界が来ることもあるかもしれません。

そんなときにミニホテイアオイだとスペースの問題を解消でき、かつ産卵場所や水質浄化のメリットはそのまま活用できます

  • 外の水槽(ビオトープ)に水草(浮草)を入れたい
  • でもあまりスペースを取りたくない

そんな方はミニホテイアオイがオススメです。

通常のホテイアオイについてはコチラ
その他ビオトープに使える水草はコチラ