HSPと親の関係で大事なことは、ほどよい距離感

HSPの僕と親との関係

HSPのりょうたです。

今回の記事の話題は「HSPと親」

 

HSP交流会を開催して実際にHSPの人の話を聞いたり、TwitterなどでHSPの人の話を聞いてると親との関係性に苦労している人が多いという印象を持ちました。

もちろんHSPでも親との関係が良好な人はいますが、非HSPと比べると関係の悪い人が多いなと思いました。

 

ちなみに僕は親との関係は悪くはありません。

実家住まいですが、特にもめる事もなく平和に過ごしてます。

知り合いからも「仲いいね」と言われることがあるので、そう思ってはいますが個人的に関係が言いに越した事はないと思っているので、今回は個人的な話ながら僕と親の関係性について書きました。

MEMO
親のこの記事の件は伝えてませんのであくまで書ける範囲で。ちなみに両親とも僕がブロガーという事は一応知っています(ネットには疎いのでブログそのものは見たことないだろうけど)

HSPの詳細についてはコチラ

 

HSPとは何か。HSPまとめ記事

 

僕の親はこんな人

両親をざっくり紹介してみます。

年齢は伏せておきますが、二人とも60歳前後です。

 

会社員として働いている。

僕が大学入った直後までは、某大手企業勤務(早期退職後、何度か転職し今の職場に)

水戸(茨城)出身ではなくたまたま転勤先が茨城だった。(長崎生まれで実家は都内)

母と比べると口数は少ないあたり、僕は父似なのかなと思う。

どちらかというと仕事人間?なところもあるが、それを僕とかに強要するようなことはない。

 

ずっと専業主婦だったが、父が某大手企業を辞めたあたりから現在に至るまで某飲食店でパート勤務。

家事は一通り完ぺきにこなす。料理美味い

父と比べるとよく喋るけど、かといって他人に干渉するような性格でもない。

母も元々茨城の人ではなく、北海道生まれ仙台育ち。

ざっくりこんな感じの両親です。

二人とも元々茨城の人ではなく、親戚も茨城県内には一人もいません。

ちなみに両親とも、HSPの要素はあまりないです。

 

学生時代の親との関係性

中学までの関係

僕の中では中学までとその後で感覚ながら親子の関係性みたいのが変わったかなーと思ってます。

中学で特に印象にあるのが、「習い事が多かった」ということ。

幼稚園の時は、

  • 英語(まったく覚えてないけど)
  • ピアノ(今は全く弾けません(笑))
  • 学習教室(年長のみ)

とやっていて、小学校から中学校にかけても、

  • 書道(段はとった。小2~小6)
  • 水泳(小4~小6)
  • 塾(週2回。小3~中3)

という感じでした。

 

周りの友人と比べても、習い事の回数だけならまあまあ多い部類だったみたいです。

特に塾は部活でケガをしても行かされたくらいには厳しかったです。

中3の冬に一度

中3の時のりょうた

「塾行かねぇ!」

 

と言って部屋に立てこもって強制的に塾を休んだのもよく覚えてます(笑)

ただ7年間塾に通ってここまでなったのはこの1回だけでした。

 

こんな感じで今と比べるとだいぶ縛られたなーという感じはありました。

MEMO
高校受験についても基本的に口出しはなかったですが、第一志望が私立だったのについては「特待生で受かったら」という条件を出されました。僕としてはどうしても行きたいと思ってたので学校でも塾でもしっかり勉強して見事特待生として合格しました。そのため公立高校は受けず友人たちより早めに受験が終わりました。

 

高校以降は途端に自由に

自転車に乗る高校生

それが高校になったらぱったりと変わりました。

塾については中学卒業と同時に辞めました。

(高校の課外授業が充実してたので)

なので習い事はゼロに。

 

この時期は親はどちらかと言うと二人の弟の方に時間を割いていたので、かえって僕は自由に行動できる要素が増えたかなと今は思います。

特待生+バリバリの進学クラスだったのでみっちり勉強し、夜まで部活(演劇部)で、しかも部活の引退が3年の9月までズレこみましたが、高校生活に関してこれといって口出しはありませんでした。

ある意味一番やりたい放題してた時期だったかなとも思います。

 

大学受験と実家を出るか

大学受験も大学に進学することは中学の段階で公言してたのもあって、特にもめるとはなく。

実家から通えるかどうかも特に気にしなくていいと言われてたので、特に縛りはありませんでした。

僕としては地元の国公立大学に進学するつもりでしたが。

 

結局受験を失敗して都内の大学に進学、一人暮らしをすることになりました。

物件だけは父に主導権を握られてしまいましたが、これも結果的には学生寮に住んだことで家事も必要最低限で済んで割と楽でした。

大学まで徒歩と電車(小田急線)でトータル4,50分の通学が少し面倒でしたけど(笑)

 

大学受験についてはコチラの記事でも振り返ってます

 

センター試験を大失敗。それがターニングポイントになった

 

就職活動と会社での仕事

就活

僕が大学生の頃、弟二人はそれぞれ高校生と小学~中学で、だいぶ弟たちの方に神経を遣ってた?のもあり、ああしなさい、こうしなさい的なことはありませんでした。

強いて言えば、なぜか教員は推されました(笑)

 

就職についても特に「地元で就職しなさい」みたいのもなかったので、その気になればそのまま東京で就職するのも問題ありませんでした。

まぁ、僕としてはほとんどUターン就職しか考えていませんでしたが。

 

そんな就活で印象に残ってるのが、

そもそも就活自体が卒論との兼ね合いもあり、上手くいっておらず最後の最後に役員面接(やったのが震災前日)までいってたけどそれがダメだったという連絡が入りました。

震災で僕の住んでたところは、計画停電もあり生活もかなり変わってしまったし、地元もかなり被害を受けてたので不安しかなかったところにとどめを刺すように、お祈りの手紙。

 

元々就活がダメだったら実家に戻るというのも一応話はつけてあったので、就活ダメだった件を父にメールしてこのツイートのようになったという事でした。

父はあまりこういうこと言うタイプでもなかったので、驚きもしましたがだいぶ救われました。

 

就職

その後就職と転職を繰り返す僕。

最初の派遣事務(県と派遣会社による未就職者支援事業)は、元々父がたまたまチラシで見つけて「これいいんじゃないか?」というのが始まりでした。

ちなみに大学卒業後当初は、公務員を目指してたのもあり浪人という形で翌年公務員として・・・というのを目指してましたが考えた末派遣事業に参加することにしました。

 

そこから派遣事務、塾、農業法人はこれまでブログで取り上げたとおり、いわゆるブラック企業だったものでかなりの苦労を強いられましたが、これについては親には一切相談しませんでした。

信用できないというよりは、世代間差的な物があるだろうなと思ったのと当事者に相談したいのもあったので何かあれば事後報告という風にしました。

 

親に限らずですが、退職や転職の相談相手の人選についての記事です

 

退職や転職を考えた時に相談する人の選び方

 

ただ、塾に関しては後で揉めるのも嫌だったので、正式に辞める半年前には退職、転職する意思は伝えてました。

意外と反応は薄かった(ダメとかは一切なかった。「そうかー」くらい)ので少し拍子抜けはしましたが、これで安心して会社を辞められました。

注意
仕事の親への相談は様々な意見がありますが、僕の友人然りネット上見渡しても揉めたケースやいわゆる親ブロックの話はいろんな所で聞いてたのでそれもあって早い段階で話をしました。

ブラック企業については各会社まとめてあります

 

ブラック企業記事一覧

 

転職~個人事業主

その後転職した農業法人は3週間でクビになるわけですが、「クビになった」ということについては伏せておきました。

りょうた

会社都合で打ち切りになった

といった具合にオブラートに包んでやり過ごしました。

 

そして今年の6月に開業届を出して正式にフリーランスになりましたが、こちらは完全に事後報告

届を出した後の夕食で報告して「おう、頑張れや」くらいの反応だったのでまあいいでしょう(笑)

 

僕が思う理想の親子

過干渉ではない

怒る父親

SNSなどでたまに聞く「毒親」と僕の親を比較した時に一番の違いは「過干渉」かどうかかなと感じています。

少し話は変わりますが、僕は以前シェアハウスに住んでいました。

詳しくはリバ邸茨城記事一覧にて

 

他にもリバ邸系列のシェアハウスや友人が管理人をやっている水戸のシェアハウスアトリエなど様々なシェアハウスを見ていますが、これらの共通点の一つも過干渉はしないということでした。

僕が住んでたリバ邸茨城も、厳密に何かルールがあるわけでもなかったので一般の人が想像するよりはかなり自由の利くシェアハウスでした。

MEMO
もちろん夜中に騒ぐなどモラルに反することはダメだけどね

 

そのイメージもあり、今僕は実家には住んでいますがシェアハウスに近い感覚で住んでいる部分も多少あります。

親と関係が悪くないと言ってもそんなにべったりというわけでもないですし、一般的な家庭と比べれば会話自体はむしろ少ない方かもしれません。

 

ただ火曜日の夜が両親が確実に揃う日なので、そこだけは僕も夕食前には家に帰って一緒にご飯を食べるようにしてます。

(親が定期的に良い地酒を買ってくるのでそれ目当てもあるけど(笑))

元々夜は外には出ないので、基本家に帰るけど特に火曜日の夜は極力予定は入れないようにしてます。

 

簡単に言うと付かず離れずのちょうど良い距離感を保っているといったところですね。

 

僕の親がなぜ何も言わないか

特に高校以降、完全に放任な感じで育てられて今に至る僕。

特に僕と同じHSPの方は、非HSPの方と比べると親との関係がギクシャクしている人が多い印象もあります。

(もちろんHSPでも親子関係が良好な方もいますが、それでも関係が悪い人は多いように見受けられる)

 

そういう親は子に事あるごとに口出しをしているみたいですが、うちの親を基準に考えてみるとそういう親(毒親)は自立できてないのかなと感じます。

うちは変な話、僕が家を出ても特に影響はないのと親がそれぞれ自身で稼いでるのと同じく実家住まいの弟も正社員なので、特に子を気にする必要はないのかなーと個人的には思います。

一方で毒親と呼ばれる人は、形は様々ながら子に依存しているように見受けられます。

親がいろんな意味で自立しているかはポイントになりそうですね。

 

期待と批判をしない

これについては完全に僕の仮説ですがあるかなと。

家庭によっては親から勉強や就職などで過度な期待をかけられることもあります。

 

それが良い方向に作用すればいいですが、当然逆効果の場合も多々あります。

その点でうちの親は期待をかけるような言動があまりありませんでした

(もしくは弟の方が期待されるような節もなくはないけど)

 

これも前述の放任にはつながるのでしょうけど、良かったなと思います。

これもある意味、親が自立しているからこそできるスタンスかもしれませんね。

(本当に期待してなかったという可能性もなくはないですが、それはそれで好都合でした)

 

また、この点については僕の周りでも既婚・子持ちの方がある程度いるので話を聞いたり観察していてもこう感じました。(いずれも親と子の関係は良好)

 

さらに逆に批判もそんなにないです。

もちろんモラルに反することはさすがにダメというでしょうが、さすがに僕もそこまでのことはしない。

少なくとも学校の成績が悪かったり(落ちたり)、大学受験を失敗したり、大学卒業時に就職が決まらなかったことに関しての批判は一切なかったです。

これも僕が知ってる限りの毒親では、これでもかというくらい批判するみたいですね。

 

両親の夫婦仲も関係ある(仮説)

先日、Twitterで「幼少期の両親の夫婦関係」についてアンケートを実施しました。

アンケートの結果を見る限りは仲の良くなかったところが多いなという印象。

Twitter上のHSPの方を観察していると、親との関係に悩んでいる(悩んでいた)方が多かったのと、先日HSPの方とオンラインで話したときにこの話が出たのでやってみました。

あくまで仮説レベルの話ですが、全くの無関係でもないかなとは思ってます。

 

期待と過干渉をしない親が良い

りょうたと親の関係性
  • 中学まではガツガツ習い事をこなしてたので縛られた感が多少あった
  • 高校入ると、弟の方に集中したからか干渉されなくなった
  • 大学や就職先なども全て自分に裁量権があった
  • ブロガー(個人事業主)になったことも事後報告だけど、反対などはなし
  • 実家暮らしではあるけど、ほどよい距離感

HSPと毒親の関連性が強いなと感じた所から、うちはそこまで関係が悪くないので突き詰めたらこのような感じでした。

あくまで一家庭の話なのでこれが答えというわけでもないだろうけど、少なくとも親との関係が悪くない理由についてはこの記事に書いた通りです。

 

この記事を書いてみたらHSPに関する話が思ってたより少なかったですが、親との関係にお悩みのHSPの方の参考になればと思います。