【実体験付き】HSP向けの仕事探しのポイント

HSPの仕事の探し方

HSP(Highly Sensitive Person)のりょうたです。

 

今回の記事のテーマは「HSPと仕事の探し方

HSP気質を知った上で就職活動や転職活動をしていくと、それによって気を遣う部分も出てくると思います。

  • 「この仕事はHSPに合うのか?」
  • 「入社したとして続けられるのか?」

など考えてしまいますよね。

 

そこで今回はHSPならではの仕事の探し方についてまとめました。

HSPの人が気をつけるべきポイント、高確率でキツイと思われる仕事などを書いてます。

 

自分に合う仕事を探すのは簡単ではない

女性

HSPに限らずですが、まず率直に言うと仕事を探すのは簡単ではないということ

求人が多いとかの問題ではありません。

 

僕は普通の大学生と同じように新卒で就活をしていました。

そこで自己分析などやって自分に合いそうな会社を探し続けました。

が、結果的には内定を一つももらえないまま卒業しました。

 

ただ負け惜しみみたいな言い方ではありますが、仮に選考を受けたいずれかの会社に入ったとしてもすぐ辞めただろうなと思います。

 

そして僕は大学を卒業してからこれまでに、

  • 派遣事務
  • 塾講師
  • 農業
  • 運転代行

と会社を渡り歩いてきました。

 

塾こそ4年いましたが長時間労働で体はボロボロでしたし、派遣事務と農業に関してはパワハラなどもあり短期で辞めざるを得なくなりました。

注意
派遣事務は上司のプレッシャーから鬱寸前で2か月で退職、農業は社長のパワハラを受けて3週間でクビになりました。

 

そんな具合で、僕は自分が心から「働きやすい」と思える会社に出会うことができませんでした。

だからこそ、これから仕事を探す方にはちゃんと自分に合う仕事や会社を探してほしいのです。

 

仕事探しのポイント

自己分析(就活サイト)

パソコン

これについては新卒の時にもやってましたが、改めて大事だなと感じます。

自分を知らないことには、どんな仕事や職場が合うかも考えづらいですからね。

 

最近はグッドポイント診断など就活サイトでも分析ツールが充実しているので気軽に受けてみると良いですね。

ただ可能であれば複数の診断を受けるのをオススメします。

複数受けることで微妙に違う結果も出てきて、そこからより精度の高い自己分析もできるようになります。

就活サイトもそうですし、ハローワークなどでも似たような診断テストは受けることができますからね。

 

ただし精度は高いと言いつつこの手の分析はあくまでその人の細かい気質は考慮されてないので、全部を全部受け止める必要もありません

結局は表面上の能力がメインですからね。

 

ちなみに僕はいくつか分析ツールを使って、「事務職が向いている(事務処理能力が高い)」という診断が出ました。

それで実際に事務(建設会社の派遣事務)をやったら鬱寸前に追い込まれました

あくまで参考程度に。

鬱になりかけた話はコチラ
派遣事務として働いたら鬱寸前になった

りょうた

いろんな人から「事務に向いている」と言われて、真に受けてしまいました…

 

自己分析(気質と向き合う)

座禅を組む男性

同じ自己分析でもHSPなど気質と向き合う時間も非常に重要ですね。

仕事や会社が合うか合わないかは、HSPなどの気質や元々の性格も大きく関わってきます。

 

例えば僕はHSP気質の中でも、「深く処理する」という要素が非常に強くよく言えば非常に丁寧な仕事ができますが、悪く言えばスピードには欠けます

さきほど触れた事務職は、この「スピード」がかなり重要視されるところだったので、そのため僕は力を発揮できませんでした。

MEMO
3週間でクビになった農業もほぼ同じでした。

 

HSPといっても人によって実に様々なので、HSPの中でもどの要素が強いのか、弱いのかは要確認ですね。

音に敏感なのか匂いに敏感なのかなど。

HSPの4大要素についてはコチラ
当てはまったらHSP。HSPの定義DOESとは

 

「会社勤めするならこれくらい我慢しなきゃ」と言ったことは考えない方が良いです。

仕事をするとは言え、自分を大事にすることは重要ですからね。

もちろん会社で仕事をする上で、会社に貢献するというのも大事ですがそれも自分を大切にした上での話です。

 

社会人と接点を持つ

特に新卒(学生)向けの話ですが、これはオススメです。

結局のところ、どんな会社に入ろうと「人」と一緒に仕事するのは大手企業も中小企業もベンチャー企業も全部一緒です

 

特にHSPの場合、僕も含めて「人間関係」を重要視するので仕事を探すうえで「」は外せない要素です。

面接や会社説明会などでその会社の人とは一応接点はありますが、やはり就活という場ですし、時間に限りもあります。

つまり、そこでその人や会社を知るには無理があります。

当然といえば当然ですが、お互いに少なからず猫かぶってますからね(笑)

 

そこでオススメしたいのが、地域系のイベントなどなんでもいいので「会社以外の場所で社会人と接点を持つ」ということです。

会社の外というのは基本的に仕事が絡むことはないので、良くも悪くもその人の「」を見ることができます。

そしてそこから社会人がどういう人を知ることができますし、そこで新たな人脈を作ることができます。

 

それでもし就職に結びつかないとしても、社会人との接点があるという経験があるだけで就活に対する緊張感のようなものもだいぶ和らげることができます。

少なくとも学生同士だけでは得られないものはあるので、何らかの形で社会人と接点を持つことはオススメです

 

僕も特にこの1,2年で様々な方(社会人も学生も)と接してきましたが、その中で今フリーランスとして一緒に仕事をする人から自分を応援してくれる人まで、様々な人に出会うことができました。

HSP目線から就活について書いてみました
HSP目線から見た就活に対する違和感

 

HSPだから合う仕事、合わない仕事はない

HSPだから事務職が合うよ

 

HSPだから接客業は合わないよ

 

誰かにこう言われたり、ネット上にもこのような発信は見受けられますが、これも絶対に正解…というわけではありません。

 

もちろんHSP気質として、

  • 丁寧な仕事ぶりから事務職が合う
  • 客に気を遣う、不測の事態もあるから接客はHSP的にきつい

というのもあることはあります。

 

ただし結局事務にしても接客にしても細かい雰囲気や仕事内容は会社によってかなり変わってくるので、これらが一概に正解とは言い切れません。

なので、「HSPだから○○の仕事にしよう(やめておこう)」という考えはオススメしません。

 

僕は事務職を実際に経験しましたが、ひどい目に遭いました…。

HSPと事務職についてはコチラ
HSPと事務職は相性が良いとは限らない

 

もちろん実際に会社に入って続けばそれに越したことはないですが、入ってからもHSPとして気をつけなければいけない点はあるのでそこは気をつけましょう。

HSPの活用のしかた次第で僕みたくすぐ辞めてしまうこともありますし、長く続けることもできます。

 

結局はやってみないと分からない

これを言うと元も子もないのかもしれませんが、結局は失敗や経験から学ぶのが一番かと思ってます

僕は大学生の時にファミレスのバイト、社会人になってからは派遣事務、塾講師、農業、運転代行と経験してきました。

MEMO
加えて2017年、リバ邸茨城というシェアハウスに住んでた時に単発で様々な仕事をしました。祭りの屋台の手伝い、内職、解体現場の片付け手伝い、保育園の掃除など

 

これだけの仕事を経験してきたので、自分の中で合う仕事、合わない仕事はかなりわかってきています。

これについては感覚もありますし、何より自己分析など考えているだけで理解することはまず無理です

 

もちろん派遣事務を辞めた時も農業をクビになった時も、精神的なダメージはかなりありました。

特に農業をクビになった時なんか、働くこと自体に恐怖心が芽生えてそこから1年ほどまったく仕事をしませんでしたからね。

 

とは言えこういった失敗もあったからこそ、今があるのでどうか皆さんにも失敗を恐れずにいてほしいです。

少なくともこのブログが始まったのは農業をクビになったというのがキッカケですからね。

 

結局のところ、失敗や経験の積み重ねによって自分に合う仕事や合わない仕事が見えてくるので、様々な仕事を経験しておくことをオススメします。

こればかりは考えてわかる話ではありませんからね。

参考程度に今までやった仕事とHSPの相性で感じたこと
HSPに向いている仕事で個人の特性を生かす

 

HSPが高確率でキツイ仕事

HSPに合う仕事、合わない仕事というのは結局は同じHSPでも人によります。

とは言え、「これは高確率で合わないだろう」という仕事・職場もあります。

人間関係が悪い職場

まずは「人間関係の悪い職場

実は以前、TwitterでHSPの方とZoomで話すという企画を実施しました。

この時に3名のHSPの方と話をしたのですが、全員共通した結論が「人間関係はすごい大事」ということでした。

MEMO
3名ともHSS気質という共通点はありましたが、居住地や経験した仕事はバラバラでした。

僕も派遣事務や農業は誰かに相談できる雰囲気ではなかったですが、塾は雰囲気はまだ良かったので何かあれば相談くらいはできました。

もちろん会社の安定性や給料なども大事ですが、それも結局人間関係があってこそですね。



慌ただしい職場

マルチタスクをこなす男性

これはわりと業種、職種に関係なく言えます。

典型的なのが飲食業(特に居酒屋)で、飲食はわりと常に動き回ったりいろんなことに神経を遣わなければいけない点が大変です。

HSP気質は、ゆったりとした雰囲気を好む傾向があるので、その点でその真逆の雰囲気は辛いです。

 

ただ、飲食業と言ってもこじんまりした居酒屋やカフェなどであれば、意外と大丈夫だったりするので業種などで一概には判断できない部分もあります。

飲食業とHSPについてはコチラ
要注意。HSP気質と飲食店の相性が悪い理由

 

僕が今やっているブロガーやライター、本拠地スタッフといった仕事は、ずーっと緊張感ある(仕事している)というより、こまめに休みながらやっているので良い具合にメリハリがあります

全員が全員とまでは言えないでしょうけど、このスタンスは割とHSPに合っていると思います。

合わない環境だとただ辛いだけですが、合う環境で仕事ができれば人一倍力を発揮できるのがHSPなのです。

 

人間関係とトライアンドエラーが重要

記事のまとめ
  • 自己分析は徹底する(就活サイトはもちろん、自分を掘り下げることも)
  • 社会的と接点を持ち、今後一緒に働く人をイメージする
  • HSPだから合う合わないではなく、「あなた」に合うかどうか
  • トライアンドエラーを繰り返して、自分に合う仕事のイメージを洗練させよう
  • 人間関係は非常に重要

以上が僕なりに思った、HSPの方が大事にすべき仕事の探し方です。

本質的な部分は非HSPの方にも同じことが言えますが、特にHSPの人は「人間関係」を重視する傾向があるので、一緒に働く人をイメージすると良いかもしれませんね。

 

あとは何よりトライアンドエラー。

もちろん失敗(エラー)した時というのは、それなりに精神的なダメージがあります。

僕もそうだったので分かります。

 

でもそういう挫折を乗り越えなければ、見えないものってあるのです。

僕も仕事を転々とした末に今のフリーランス、ブロガーに行きつきました。

 

一つ言えるのは、自分に合う仕事をした方が心も体も幸せになれるということ。

この記事が、その一歩を踏み出す助けやキッカケになれたら嬉しいです。