HSPの特徴『DOES』を理解しよう

HSPの定義のDOES

HSPのりょうたです。

 

今回の記事はHSP(Highly Sensitive Person:繊細な人)の定義でもある「DOES」と呼ばれるものについてまとめました。

HSPの4つの傾向の頭文字を合わせて「DOES」と呼んでいます。

 

これまでの記事で「音に敏感」「人の言動がすごく気になる」などをHSPの特徴として挙げてきましたが、それらはこのDOESから派生したものです。

今回の記事を読むことで、

  • HSPとは何か?
  • HSPの定義「DOES」とは何か?
  • 自分はHSPなのか?

といったことがわかります。

この記事を通じて、少しでもHSPに対する理解が進めばと思います。

なお今回は参考文献として、上戸えりなさんのHSPの教科書も参考にしています。

HSP。実はDOESについてが重要

HSPとはなにかと言われたときに、

  • 他人の言動を気にしすぎてしまう
  • 五感が敏感、過敏
  • 感受性が豊か
  • 人の多い所にいると疲れやすい

などが挙げられていますが、厳密にHSPの定義として定められているわけではありません

これらはHSPの特徴のほんの一部なのです。

そんなHSPの定義として、HSPの第一人者でアメリカの心理学者ののエレイン・N・アーロン博士も「DOES」を提唱しています。

参照:Highly Sensitive Person

 

HSPの定義「DOSE」とは

考えている女性

HSPの定義とも言われている4つの要素「DOES」についてです。

アーロン博士もこの4つの要素のうち、これらすべてに当てはまる場合をHSPであるとしています

 

他の記事で触れている「人疲れする」「音に敏感」という話に比べると難しい話にはなりますが、HSPの本質にあたる部分です。

HSPが気になるかたはぜひ触れてほしいところです。

MEMO
HSPの中でも活動的な気質は「HSS」とも呼ばれますが、根本はHSPなのでDOESが当てはまる点は同じです。また、子供のHSPはHSC(Highly Sensitive Child)とも呼ばれますがこちらも同様です。

 

深く処理する(Depth of processing)

D。深く処理するとは
  • 深い質問をする
  • あれこれ可能性を考えて、なかなか決断ができない

いわゆる「深く考える」ということですね。

一つの物事にたいしてとことん追求したり、話をするときも雑談より深い話をすることを好む傾向があります。

情報処理が少し遅い場合もありますが、そのぶんじっくり考えます。

深く処理するを活かす場面
じっくり内省(自己分析)時に真価を発揮します。

無職の期間は無駄じゃない。HSPの僕が感じたこと

少し分かりづらい部分もありますが僕でいうと、

  • 一つ一つの作業がゆっくりだが丁寧
  • 思考が深く、考える時間をたっぷりとる
  • 特に一人でいるときに、常になにかしら考えていることが多い
  • 一つの事例からたくさんのことを考えられる

などがあります。

思慮深い」なんて言葉もありますが、そういうタイプの人がこの「D」のタイプに当てはまりますね。

 

言いかえればゆっくりじっくりやるタイプなので、仕事によってメリットにもデメリットにもなります

 

HSPは仕事ができないのではない。自分を活かせる場所が大事

 

過度に刺激を受けやすい(being easily Overstimulated)

O。過度に刺激を受けやすいとは
  • 大きな音でダメージを受ける
  • 痛みに敏感
  • 人に見られたり実力を試されたりする場面では、普段の力を発揮することができない

これまでの記事で音に敏感などの話をしてきましたが、五感についての話はこの要素です。

また五感だけではなく、まわりの雰囲気に影響されやすいのもこれですね。

 

僕は塾講師だったときに社長が全体会議で社員を恫喝していたのが、たとえ自分に関係なくても聞いているだけで苦痛でした

HSPと職場環境について
HSPに合う職場環境を見つける方法

このように五感やまわりの雰囲気による影響を受けやすかったり不安を感じるタイプがこれに該当します。

できることなら、このような刺激の多い環境は避けたほうがHSPには良いです。

 

HSPと音についての記事はコチラ

 

【HSP】音に敏感で大変なこととやること

 

全体的に感情の反応が強く、特に共感力が強い(being both Emotionally ractive generally and having high Empathy in particular)

E。全体的に感情の反応が強く、特に共感力が強いとは
  • 物事の一つ一つを深く感じ取る
  • 涙もろい
  • ささいな間違いにも強く反応する

例えば友達がなにかに悩んでいたときに、それを自分事のように受け止めることができます。

その反面、感情移入しすぎて自分までその友達と同じようなネガティブな気分になってしまうこともあります。

 

感情移入でいうと僕の場合は、テレビドラマを観ててすごく感じるところはあって、架空とは言えドラマ内の雰囲気がそのまま自分の中に入ってくる感覚があります。

そのため、大半のドラマは観てて疲れるので僕はテレビドラマはほとんど観れません。

特にサスペンスものやホラーなど怖い要素があるものは、数日引きずってしまいます。

このように他人の言動や雰囲気に影響されやすいという一面もあります。

 

もちろんこれは「共感力」が高いためにできることなので、必ずしも悪いことではありません。

むしろ相手の気持ちをくみとることができるという意味では人間として素晴らしいことでもあります。

 

ささいな刺激を察知する(being aware of Substle Stimuli)

S。ささいな刺激を察知するとは
  • 小さな音、かすかなにおいなど、こまかいことに気づく
  • 人や場所の外見上の小さな変化に気づく
  • 相手の表情や声色、目線などのかすかな変化に気づける

小さな刺激や変化にも気づけるということですね。

 

僕は音わずかな音も察知できて、こういう事例もあります(笑)

ただし車など機械をあつかうときにわずかな異音も察知できることがあるので、変化やほころびをいち早く発見するという点はメリットにもなりますね。

悪くいえば、音や光など五感に関する刺激にたいして過剰に反応してしまうこともありますが。

 

HSPかどうかのチェックもできる

カフェラテとノート

ここまでHSPの定義、特徴を紹介しました。

ここまでで自分がHSPの判断がつけばそれで良いですし、もし微妙な場合はネット上でもHSPの診断テストはあるので受けてみるのをオススメします。

もちろん、無料です。

オススメの診断テストをまとめてます
オススメのHSP診断と考えるべきこと

 

ただ絶対的な指標ではないので、あくまで一つの目安としてご使用ください。

自己分析の一環としてつかうとちょうど良いですね。

 

DOESが全部当てはまって、かつこの診断テストも質問に対して27個中14個以上当てはまればHSPの可能性が高いと言えます。

注意
元が英語のサイトなので翻訳しておきましょう。(翻訳しても少し日本語にズレはありますが)

ちなみに僕は27個中23個当てはまりました。

 

ただし、HSPの可能性が高いとなってもくれぐれも悲観しないでください

HSPは病気ではなく、あくまで特性や気質の一つ。

性格や血液型のちがいいと同じように思えば大丈夫です。

HSPは治したり、克服するものではありません。

HSPを活かしていけばいいのです

 

リフレーミング(reframing)をしよう

上戸えりなさんのHSPの教科書では『リフレーミング』という用語について触れています。

リフレーミング(reframing)とは、シンプルにお伝えすると「捉え直し」

のことです。ある枠組み(フレーム)で捉えている物事を違う枠組みで見てみよう、ということです。

HSPの教科書

見方を変えて、一見ネガティブなことをポジティブにとらえようということです。

例えば、

  • おとなしい⇒穏やか
  • 落ち込みやすい⇒まじめに考えている
  • 心配性⇒慎重

と変換することができます。

 

DOESの「D」でなかなか決断できないというのがありましたが、

  • なかなか決断できない⇒そのぶん、じっくり考えるので、質の高いアイディアが出やすい

ともとらえることができます。

一見ネガティブなことも角度を変えてみると、良いようにとらえることもできるのです。

 

HSPを知るにはまずはDOESから

国営ひたち海浜公園の森の中

記事のまとめ
  • HSPの大きな特徴は4つあり、それぞれ頭文字をとって「DOES」と呼ばれている
  • DOESの4つのうち、一つでも当てはまればHSPではない
  • DOESに当てはまり、かつ診断テストでも当てはまるようであればHSPの確率が高い

巷ではHSPのことを「大きな音に弱い」「人混みが苦手」「疲れやすい」などかなりたくさんのパターンが言われていますが、僕自身が情報の多さに少し混乱気味だったので、原点回帰する意味で改めてDOESについて書きました。

自分がHSPかどうか気になるかたは、まずはこのDOESに当てはまるかを確認してみましょう。

せっかく生まれ持った気質ですから、有効活用したいですね。

 

DOESについてはこの本でも詳しく解説されています↓