【9月19日開催】HSP診断テストをテーマにしたHSP勉強会

水槽にいる透明な貝はカワコザラガイってやつです

カワコザラガイ

メダカ飼ってます、りょうたです。

最近メダカ水槽を見ている、水槽のガラス面をそれまで見たことのない透明な貝を見かけるようになりました。

カワコザラガイ
こんな貝を見かけませんか?

買った覚えはなくそれまで見たことのない貝でしたが調べたら『カワコザラガイ』という名前の貝だとわかりました。

カワコザラガイとは?

カワコザラガイ

これまでに貝類ではサカマキガイ石巻貝をこのブログで紹介しましたが、それらと比べると平べったい形が特徴の貝です。

野生では河川や用水路など日本でも広く生息しているそうです。

貝殻も半透明で大きさも2,3㎜程度とかなり小さいので場所によっては見つけづらい貝です。

カワコザラガイ
慣れないうちはぱっと見だと見つけられないかもしれません

殻が半透明(ほぼ透明)なため、内臓みたいなものも見えますね。

メダカなどの観賞魚の飼育においては意図せずに混入することが多く水草や岩などにくっついて水槽に侵入することが多いです。

カワコザラガイがいると害はある?

たくさん発生するという点はサカマキガイも同じで、害に関してもカワコザラガイがいるからメダカなどに害があるかというと直接の害はありません

基本的に水槽のガラス面や水草や岩を這っているだけです。

カワコザラガイ
スクリューバリスネリアの葉の上を這うカワコザラガイ

とはいえ、繁殖力が非常に高いため放っておくと水面を覆いつくす勢いで増えることもあります

この点からカワコザラガイはサカマキガイやモノアラガイと同じく『スネール(害貝)』として分類されています。

水槽の景観(見た目)を考えるとあまり良いものでもないため、基本的に除去する生き物という位置づけです。

カワコザラガイもコケを食べるなど一応のメリットもありますが、それ以上に繫殖力が凄まじいですし石巻貝やタニシもコケは食べてくれるのでカワコザラガイならではのメリットはあってないようなものと考えられます。

カワコザラガイの駆除方法

貝を食べる生き物の導入

一番手間がかからない駆除方法として考えられるのが貝(スネール)を食べる生き物(天敵)の導入

りょうた
りょうた

いわゆる『天敵』ってやつですね。

具体的にはスネールキラーアベニーパファーなどは貝を食べてくれます。

ただし石巻貝やタニシなど害のない貝も食べてしまう可能性もあるので、これらの貝も飼育している場合はスネールキラーなどの導入は控えた方が良さそうです。

またスネールキラーに関しては食べるスピードがゆっくりとの情報もあり、カワコザラガイの繫殖スピードの方が早いという懸念もあります。(とはいえ確実にカワコザラガイを食べてはくれます)

【予防策】水槽に入れる前にあらかじめ除去

とはいえ一度発生したカワコザラガイを除去するのは手間がかかりますし時間もかかります。

であればそもそもカワコザラガイなどの貝が水槽に入ってこない予防的な意味での仕組みを作るのも重要になってきます。

りょうた
りょうた

カワコザラガイなどのスネール類は水草や石などにくっついて水槽に侵入することが多いです。

実際使われるのが『水草その前に』『水草クリーン』などのように『水草についている農薬やスネール、スネールの卵を除去する薬品』ですね。

水草その前に
水草その前に

これらの薬品を使うことで、事前にカワコザラガイなどのスネールの侵入を防ぐこともできます。

大量発生してからの除去はかなりめんどくさいので、予防が大事です。

余談

余談ですが水槽にいるカワコザラガイがどこから入ってきたかを考えた時に1,2か月前に水草のマツモを買いましたが、その後くらいから見かけるようになりました。

マツモに関しては『無農薬』の表記があったため『水草その前に』などは使わずそのまま水槽に入れましたが、結果は今回の記事の通りです。

たとえ無農薬であっても貝の混入は十分あり得るので、水槽に水草を入れる時は水草その前になど農薬や貝を除去する薬品はなるべく使った方が良いと思います

組織培養の水草だとスネールなどの心配は無し

少し値段は上がりますが『組織培養』された水草が売っているところもあります。

寒天培地がついているのが特徴で無菌の清潔な環境で育っているため農薬やスネールが混入していることもなく、寒天培地を取り除いたうえでそのまま水槽に入れても問題はありません。

水草の状態も非常に良いので、確実にキレイな水草が欲しい場合にはオススメです。
(組織培養で売られている水草の種類には限りがあります)

水草のスネールや農薬の除去について

地道に1匹1匹除去

ピンセット

手間と時間はすごくかかりますが、1匹1匹除去するのがある意味一番確実です

カワコザラガイの貝は非常にもろいため指やピンセットでつまむと簡単に潰れます。

とはいえすぐに除去する場合はまだ良いですが、タイミングが送れるとかなりの数のカワコザラガイが水槽内に発生していることもあるため、どの方法をとるにしてもなるべく早い対処が重要になってきますね。

pHを下げる(酸性にする)のは効果的⁉

カワコザラガイに限らずですが貝類全般は酸性の水質に弱いという弱点があります

これは貝殻の成分がアルカリ性のものが主だからということで、確かに水質を酸性に傾けることで殻が溶けやすくなって貝の除去につながる可能性があります。

ただ、メダカなど他の生き物への影響もないとは言い切れません。

そのため調べるとよく見かける方法ですが個人的にはオススメしません。

ただしテトラ (Tetra) テスト試験紙のようにpHを測れるものはあるので、それでpHを把握して水質改善につなげるのはアリです。(酸性にしてもアルカリ性にしても極端に偏るのは良くない)

カワコザラガイ除去は早めにやるのと予防が大事

記事のまとめ
  • 買った覚えのない半透明な貝がいたらそれは『カワコザラガイ』という貝
  • カワコザラガイはメダカなど他の生き物を襲うなど直接の害はないが、繫殖力が凄まじいため油断すると水槽を覆いつくす勢いで増えることがある
  • そのため基本的には除去がオススメ
  • スネールキラーやアベニーパファーなど天敵となる生き物を導入すればカワコザラガイを食べてくれる
  • 『水草その前に』などを使って、水草をあらかじめ洗うことでカワコザラガイが水槽に侵入するのを防げる
  • 1匹1匹除去するのがある意味確実(時間と手間はかかる)。殻がもろいためつまめば簡単に潰れる

カワコザラガイ自体がメダカなどに直接害を与えることはないですが、繫殖力が凄まじいので放っておいたら水槽を覆いつくして水槽の見た目が大きく乱れてしまいます。

あえてカワコザラガイを飼うという人もいるかもしれませんが、もし嫌という人は除去は早めにやっておきましょう。

メダカ飼育におすすめできる貝はコチラ