メダカの餌にはお手軽な冷凍ミジンコ

メダカとミジンコ

飼育しているメダカは元気ですか?

今回紹介するのは、メダカの餌にもなる「冷凍のミジンコ」について。

冷凍の赤虫については既に記事で書いていますが(メダカの餌に冷凍赤虫もおすすめ)、同じくメダカの餌として有用なミジンコについても紹介します。

ミジンコの概要

ミジンコ

 

ミジンコ(微塵子、水蚤)。

学名:Daphnia pulex

 

微生物と言えばミジンコが一番に浮かぶ方も多いかと思います。

僕も塾講師時代に理科を教えていて、微生物の授業で必ず名前が挙がったくらいです。

 

日本全国の沼や池、田んぼに生息しています。

ミジンコと一口に言っても種類は様々で、

  • ミジンコ
  • ケンミジンコ
  • タマミジンコ
  • オオミジンコ
  • カイミジンコ

がいます。

生きている場合、一般的に観賞魚のエサとしては「タマミジンコ」が多く用いられています。

MEMO
他のミジンコは殻が堅かったり(甲殻類)、メダカが追い付けないくらい動きが速いので餌に適していない。

 

ミジンコは動物プランクトンのため、野生では植物プランクトンを食べています。

ミジンコは飼育して数を増やすことも可能で、その場合はグリーンウォーター(植物プランクトンがいっぱいの水)を使うとミジンコの数を増やしやすいです。

ちなみに、同じ動物プランクトンだとゾウリムシミックス(インフゾリア)もメダカの餌としてはポピュラーです。

 

冷凍ミジンコについて

冷凍のミジンコってどんなもの?

クリーンみじんこ

冷凍のミジンコについては、赤虫と同じような方でキューブ状の形で売られています。

この記事ではメダカについての話ですが、商品にも書いてある通り他の淡水魚やグッピーなどの熱帯魚、小型の海水魚など幅広い観賞魚のエサとして使えます。

 

クリーンみじんこ

ぱっと見の色味も赤虫と時と大きな違いはありません。

(赤虫より少し色が薄いかな?)

 

 

ちなみに、ミジンコについては生息地でもある池や沼に行って採取することも可能です。

MEMO
生きた状態の餌は生餌とも呼ばれる

 

とは言え近所になかなかそういう場所もないですし、採取に手間もかかる。

そういう場合に冷凍の餌は手軽に入手できるというメリットは大きいですね。

メダカの他のオススメの餌はコチラ

 

メダカの餌。おすすめと与え方の注意点

 

栄養価が高い

冷凍の赤虫もそうでしたが、このような元々野生で食べる生物を冷凍したものは栄養価が高いです

もちろん、市販の人口のエサも各栄養素を配合していますが、やはり元々メダカが食べるものであるという点では赤虫やミジンコなどに分があります。

 

栄養価が高いということは、その分卵にも栄養が回るので特に暖かい時期の繫殖シーズンにはこのような餌は有効ですね

 

 

冷凍のミジンコの与え方

  1. ミジンコのキューブを一つ取り出す
  2. 冷凍のミジンコを水槽の水に浸して解凍する
  3. 解答したミジンコをスポイトやスプーンなどを使ってメダカに与える

基本的な扱い方は赤虫の時と同じです。

ただし、赤虫と違ってミジンコはすごく小さいためピンセットでつまむのは無理。

なので、スポイトなりスプーンなりを使います。

 

 

普段は人口のエサを与えているので、たまにミジンコや赤虫を与えると普段より食いつきが良い気がします。

僕の場合は普段は通常のエサを与えて、週に一度冷凍の赤虫やミジンコを与えています。

 

冷凍のミジンコの注意点

特に大きなデメリットなどはないですが、赤虫と同じくなるべく解凍したその日のうちに消費した方が良いですね。

翌日とかになると割と臭くなります。

(メダカが食べても問題はない)

 

赤虫の場合はこれに加えて色素が溶けだしてか水が赤くなるので、冷凍の餌を与える場合は早いうちに消費するのが良いですね。

一般的な人口のエサと違って、一度解凍すると保存がきかないので注意しましょう。

(冷凍する分には長期間の保存が可能です)

冷凍の赤虫についてはコチラ

 

メダカの餌に冷凍赤虫もおすすめ

ちなみに赤虫の記事で「メダカの稚魚は食べづらそう」と書きましたが、ミジンコについては赤虫より小さいためかある程度成長した稚魚であればミジンコは食べれているようです。

 

メダカにミジンコを与えてみよう

記事のまとめ
  • ミジンコを冷凍した餌もある
  • 赤虫同様、水に漬けて解凍するだけなので手軽
  • 栄養価が高く、メダカが繁殖しやすくなる
  • なるべくその日の内に使いきる

 

これらの点がこの記事のまとめです。

ミジンコもメダカの餌としては大変有効です。

僕たち人間も同じものばかり食べていたら飽きちゃいますよね。

せっかくのメダカ飼育ですので、食事にも少しこだわってみませんか。