【9月19日開催】HSP診断テストをテーマにしたHSP勉強会

ウォータークローバーでいつでも4つ葉のクローバーが見れる

ウォータークローバー

今回の記事で紹介している『ウォータークローバー』という水草。

その名の通りクローバーにそっくりですが、そのうえ暑さに耐え越冬もできるので育てやすい水草です。

初心者でも扱いやすいので屋外の水槽には特にオススメの水草です。

ウォータークローバーはこんな水草

ウォータークローバー

その名の通り、道端などでよく見られる『クローバー』とかなり似ています。

品種やお店によっては、

  • デンジソウ
  • ウォータークロバームチカ
  • ウォータークローバーヨーロピアン

などの表記がされている場合もあります。

とはいえ通常のクローバーとは全くの別物で水中や水のあるところでないと生育できなかったり、葉がすべて『4つ葉』であることが特徴です。

ウォータークローバー
こんな感じですべてが4つ葉
りょうた
りょうた

ある意味、いつでも4つ葉のクローバーが見れますね(笑)

室内でも育成できるようですが、基本的には屋外の水槽(ビオトープ)で使うのが一般的です

育てるときは株元や根が水に浸かり、葉が水面から出るくらいが良いですね。

ウォータークローバー
朝や夜は葉を閉じます

葉も通常は4つ葉ですが、朝や夜は『就眠運動』という習性で葉を閉じていることが多いです。

ウォータークローバーの育て方

ウォータークローバーは育てやすい

メダカビオトープ
ウォーターマッシュルームとウォーターバコパもいっしょに

屋外で使う水草としては育てやすい部類に入り、

  • 日当たりの良い場所
  • 根は水中にある

あたりを守れば問題なく育ちます。

水草用の肥料もありますが、底砂として荒木田土を使っている場合は荒木田土自体に養分が含まれているため、あえて肥料を使う必要もないです。

りょうた
りょうた

逆に赤玉土のみの場合は赤玉土に養分はないため、肥料を添加するか荒木田土を混ぜることをオススメします。

僕の水槽では赤玉土と荒木田土を混ぜたものを使っていますが、ウォータークローバーは問題なく育っています。

メダカ飼育に使う底砂について

ウォータークローバーは乾燥には弱いため、特に根は常に水に浸かるように置きましょう

逆にに暑さに弱いとかはないため、直射日光のあたる場所で問題ないです。

りょうた
りょうた

ただし水温が上がりすぎるとメダカなどの生体に影響が出ることもあるので、水温はチェックしましょう。

場合によっては『よしず』などで日光を遮る工夫も必要ですね。

40℃近くでも生きている例はあるそうですが、水温が35℃を超えると危険なラインと思われます。

夏のメダカ飼育について

ウォータークローバーは寒さに弱い

凍った水槽

そんなウォータークローバーの弱点が『寒さ』。

冬は水面から上の部分は枯れてしまいます。

とはいえ水中にある根などは休眠のような状態になり、春になり暖かくなるとまた新しい芽を出して育っていきます

水中にウォータークローバーがあり水中まで完全に凍るようでなければ、葉が枯れても死んだわけでないので春まで気長に待ちましょう。

ウォータークローバーの増やし方

ウォータークローバーの根

ウォータークローバーは地中に根をびっしりと生やしますが、それとともに『地下茎(ランナー)』も発生します。

ランナーの先端から新しい芽が出ることによって新たなウォータークローバーとして成長していきます。

ウォータークローバー
ウォータークローバー
別の鉢に地下茎を移して1週間。少しずつですが新しい葉も出てきています。

地下茎を葉を2,3枚含む形でトリミングして別の鉢に植えれば、そのまま別の鉢でウォータークローバーを育てることもできます。

りょうた
りょうた

同じ増やし方はウォーターバコパウォーターマッシュルームなどでも可能です。なおこれらの類の水草は環境が合えばとことん増えるので水槽の底砂に直接植えてしまうと水槽を埋め尽くす可能性もあります。そのため水槽に入れるときは僕のように鉢を別に用意してそれに植えることをオススメします。

以前ナガバオモダカを底砂のソイルに直接植えたら成長して増えたのは良いですが、増えすぎて収拾がつかなくなったことがありました

地下茎で増える水草は全般的に『増えすぎ』に注意して様子を見つつ定期的にトリミングをしたり別の鉢に植えるなどしましょう。

クローバーにそっくりで親しみやすい

記事のまとめ
  • ウォータークローバーはそこら辺にあるクローバーにそっくりで葉がすべて4つ葉
  • 基本的には屋外(ビオトープ)向け
  • 日当たりの良い場所で根が水に浸かるように育てればOK
  • 寒さに弱く、水面から上の葉などは枯れる。ただし春にはまた新しい芽を出して育つ
  • 地下茎(ランナー)でどんどん増える

ウォータークローバーは基本的にビオトープ向けではありますが、日当たりや根を常時水につけるなどを守れば育てやすい植物です。

クローバーにそっくりな点では見た目的にもなじみやすいかもしれません。

外でメダカを育てたり水槽を置くときに使う水草としてぜひ入れておきたい水草ですね。

その他の屋外で使える水草について