石巻貝の卵。孵化しないので取り除こう

石巻貝の卵はどうする?

メダカなどの観賞魚を飼っていると、水槽の中がコケで汚れることがありますよね?

そんなコケを除去、食べてくれる生き物として『石巻貝』がいます。

コケ取り要因として人気のある石巻貝ですが、『産卵』という観点で見たらどうなのでしょうか?

 

石巻貝の卵は壁に産みつけられる

石巻貝の卵

石巻貝も卵を産みますが、このように水槽の壁や岩などにこびりつくような感じで産卵されています。

同じ貝類でもメダカと一緒に飼うにはポピュラーな『タニシ』の場合は、卵ではなく稚貝をそのまま生み出すのでタニシとはまるで違う産卵、繁殖をします。

また、サカマキガイの場合は産卵しますが、卵自体は透明なゼリー状なので産みつけられても目立ちません。

 

石巻貝の卵は孵化しない

本来、野生の石巻貝はメダカやタニシと違い、一生を淡水のみで過ごすわけではありません。

石巻貝の場合は、特に孵化したばかりの違いのときは、淡水と海水の混ざった『汽水』と呼ばれる水域で生育します。

そのため通常の飼育環境(淡水)ではほとんど孵化しませんし、万が一孵化したとしても石巻貝の違いは成長できません。

 

つまり石巻貝を普通に飼うと、水槽の中で繁殖して数を増やすということはできないのです

MEMO
有精卵なら孵化することもあります。ただし成長はできません。

 

石巻貝の卵を除去する

石巻貝

そんなわけでほとんどの場合、石巻貝の卵は孵化しないため産みつけられるとそのままずっと水槽のカベについたままです。

メダカなど他の生物が食べてくれるならそれも良いですが、あいにく石巻貝の卵を食べる生き物はいないようです

 

僕の水槽も、

がいますが、これらの生き物が石巻貝の卵を食べることはありませんでした。

そのため、産みつけられた石巻貝の卵をどうにかしたいなら人為的に取り除くしかないのです

 

ちょっとしたコケくらいであれば指でこすればすぐに取り除けますが、石巻貝の卵はそうもいきません。

スクレーパーを使ってこすると取り除けるのでオススメです。

スクレーパーなど掃除用具を紹介しています
【水槽のお掃除に】メダカ飼うときに必要になる道具

 

石巻貝の産卵は水質によって変化する

水槽の水の水質にはいろんな指標がありますが、その中に『硬度』と呼ばれる指標があります。

「硬度(こうど)」とは、水に含まれるカルシウムやマグネシウムなどの量を、炭酸カルシウムの量に換算して数値で表したものです。

水の「硬度」とは何ですか?生活協同組合ユーコープ

いわゆる『ミネラル分』の話で、硬度が高い水のほうが石巻貝には適していて、産卵もしやすいです。

 

硬度は水槽内に石や砂利が多いと高くなりやすいです

逆にソイルや流木が多く、石や砂利が少ない環境だと硬度が低くなりやすく石巻貝が産卵しづらくなります。

りょうた

うちの水槽もソイルや砂なので、石巻貝が産卵しやすい環境だったかもしれませんね。

 

ちなみに水質が低pH(酸性)に傾いている場合も、石巻貝にとってはあまりよろしくなく産卵などはあまりしなくなります。(殻が溶けやすくなるため)

硬度については試薬を使うことで測定することができます。

石巻貝を飼うときや水質をちゃんと調べたいかたは、一度使ってみましょう。

 

石巻貝の卵対策のまとめ

記事のまとめ
  • 石巻貝の卵は水槽のカベなどに産みつけられるため目立ってしまう
  • 水槽内(淡水)では石巻貝の卵は孵化せず、そのまま卵がある状態が続く
  • 水槽の景観が気になるなら、スクレーパーなどを使って除去するのがオススメ

このように卵(産卵や繁殖)という点で見ると、少し面倒な石巻貝ですが水槽の中のコケを取るということでは一番効果の高い生き物でもあります。

石巻貝は寿命が1年ほどなので、長期に渡っての飼育には向きませんがコケ取りなどで水槽の景観を保つことには優れています。

 

石巻貝の産卵についてはデメリットがありますが、同時にコケ取りの要員としては一番効果が高い生き物でもあります。

水槽内をキレイに保ちたいかたにはオススメですね。