2月15日@本拠地。悪夢のようなブラック企業を創ってみよう ~ LEGO®Serious®Play のメソッドと教材活用の WS ~

春のメダカの飼育について。押さえておきたいポイント

春の梅

冬はほぼ冬眠状態のメダカも、春になり暖かくなってくると徐々に活動的になります。

暖かくなれば、餌も食べるようになりますし、夏が近づくにつれて産卵もします。

 

冬の冬眠状態から活動的になるにあたって、春のお世話もメダカ飼育においては重要なのです。

特に屋外は気温、水温の上下も激しくメダカにとっては環境がかなり変わるような状態です。

そんな春のメダカ飼育でやることやポイントをまとめてあります。

 

春はメダカの活動開始の時期

冬は寒さのため、特に屋外でメダカを飼育している場合はメダカが冬眠状態に入っていますが、暖かくなると徐々に動きはじめ、活動的になります。

 

餌もちゃんと食べるようになります。

ここでの栄養補給がこれからの産卵に向けて重要になってくるので、しっかり餌を与えましょう。

注意
餌の与えすぎは水を汚すのでほどほどに。

 

産卵の準備の時期

メダカの卵

春になり水温が上がってくるとメダカは活動的になり、遅くとも4~5月頃には産卵もするようになります

MEMO
個人的な体感ですが、水温が20℃に達してくると産卵をするイメージです

室内と違い、特に屋外の場合は卵と親を分けることもしませんが、水草がちゃんとあれば産卵場所や稚魚の隠れ場所としては最適ですね。

 

室内については、外と違い室温、水温が一定の保たれているので極端に寒くなることもなく、冬でもある程度メダカは活動しています。

そのため外と比べると産卵の時期は早いです

MEMO
うちの場合、例年3月に入るくらいには産卵が始まることが多いです。ちなみにヒーターは未使用です。

 

 

屋外飼育の場合

室内でメダカを飼育する場合は、気温・水温の変動も大きくはないですが、屋外の場合は気温・水温による影響をかなり受けます。

そのため屋外飼育の場合は、特に季節ごとに気を遣うポイントもあるのです。

気温や水温の上昇とともに水草も育ってくる

屋外に置いている水草は寒さでほとんどが枯れてしまいます

冬のナガバオモダカ

ただ、ナガバオモダカやスイレンなどは見た目は枯れていても株自体は生きているので、気温・水温が上がればそれと共に再び芽を出して成長します

MEMO
定番のアナカリスやウイローモスは一回枯れたらそれで終わりです。

 

メダカも同様に暖かくなれば活動的になってきます。

屋外飼育にオススメの水草はコチラ
メダカの屋外飼育におすすめの水草

 

室内については低水温にすごい弱い水草でなければ、冬でも通常の状態を保っていることが多いです。

アナカリス、ウイローモスなど定番のものは、室内なら冬でも問題なしです。

主に室内にオススメの水草はコチラ
メダカの飼育にオススメの水草

 

冬に溜まったゴミの掃除

そして水槽の底は枯れた水草や落ち葉、藻などで冬の間に散らかった状態になっています。

MEMO
冬の間に適宜掃除するという手もありますが、水温が低い中メダカが動くのはかなり負担になるので、蒸発した分の水をつぎ足す以外は基本的にノータッチがオススメです。

 

そのため少し大変かもしれませんが、掃除は春になり水温が上がってからまとめてやった方がメダカ(+エビや貝類など他の生物)のためにもなります

掃除もむやみに手を突っ込んだりするとメダカが逃げ惑うので、ピンセットなどの道具を使うとメダカへのストレスも最低限で済みます。

水草トリミング セットステンレススチール製 ハサミ ピンセット サンドフラッター Foloda アクアリウム水槽管理 水草植栽 小園芸 爬虫類飼育熱帯魚水草セット小園芸 専用収納バッグ付き (6点セット)
created by Rinker

 

水換えは慎重に

水については屋外飼育の場合、室内よりバクテリアも定着することが多いので基本的に水換えは不要です

水換えをするとしても、よほど水が汚れてると見受けられた時くらいです。

MEMO
バクテリアがいることで、水質を改善してくれる効果もあります。

 

ただし、全ての水を換えると水中のバクテリアがいなくなったり、激減しそれによって水質が一気に変わります

そうなればメダカにかなり負担がかかるので、水を換える場合は変えても半分までにしましょう。

 

基本的にはぱっと見で「水が汚れている=メダカにとっても良くない環境」とは言い切れず、逆にキレイすぎる水だとバクテリアがいないという場合もあります。

また、屋外の場合は日光が当たる関係で水質を保つバクテリアが自然発生するので、特に何もしなくても水質は保たれることがほとんどです。

そのため、屋外飼育の場合は水換えをしなくても意外と大丈夫なのです

 

餌やりも徐々に

特に屋外飼育で元々餌を与えていた場合は、暖かくなり餌を与える場合は最初は少ない量を与えましょう

いきなり元の量を与えても、メダカからすれば活動を開始したばかりで消化器官も本格的に活動していません。

 

餌の与えすぎは、メダカの体にも負担がかかるので徐々に量を増やしていきましょう。

MEMO
人にもよりますが、うちの場合は屋外飼育の場合は餌は与えてません。日光がある程度当たれば、餌になる微生物が発生するためです。屋外飼育で餌は与えても与えなくてもどちらでも育っているケースはあるので、合う方で大丈夫です。
メダカに必要な餌についてはコチラ
メダカの餌。おすすめと与え方の注意点

 

春は活動開始の時期。産卵に向けて準備しよう

春のメダカ飼育について
  • 春になると徐々に活動的になる
  • 産卵の準備の時期。ちゃんと餌を与えて栄養補給を
  • 屋外の水槽は冬の間に枯れた水草などで散らかっているので、まずは掃除
  • 掃除をする際、あまりかき回すとメダカの負担になるので注意
  • 枯れてる水草も、ナガバオモダカやスイレンなどはまた芽を出す

以上が春のメダカ飼育でポイントになる話です。

春はメダカが活動開始する時期、特に今後の産卵・繁殖に向けてはその準備として大事な時期でもあります。

 

春の準備を乗り切れば、それ以降は活動的になり、産卵も盛んに行われ稚魚も生まれます。

メダカの本格的なシーズンを迎えるために、春の飼育をしっかりやりましょう。

 

夏のメダカの飼い方はコチラ
夏のメダカの飼い方と暑さ対策