【6月26日開催】ブラック企業から考える働き方

徹底比較!ミナミヌマエビとヤマトヌマエビの違い

ミナミヌマエビ

こんにちは、りょうたです。

これまでの記事で、メダカについて細かく紹介しましたが、今回はメダカといっしょに飼っているエビについて紹介していきます。

一般的に、エビはメインだったりエビのみで飼うというよりは、メダカや金魚などといっしょに飼って、ついでだったりメダカのエサの残りを食べるなどの掃除屋としての色が強いです。

ただ、実際飼ってみるとチョコチョコ動き回ったり、エサをついばんでいる姿がかわいらしかったりします。

そんな意味でも、アクアリウム特にメダカとの飼育においてエビはオススメなので、紹介します。

ミナミヌマエビとヤマトヌマエビの生態の比較

どちらも水槽についたコケを食べてくれる

ミナミヌマエビ

野生では川や沼などの淡水に生息するエビ。大きさは2,3㎝ほど。

エビ用のエサも売っていますが、エビはメダカのエサの残りや水槽に生えた藻・コケ、枯れて落ちた水草などを食べるので、必ずエサが必要というわけでもありません。

水槽の掃除屋みたいな感じですね。

ミナミヌマエビもヤマトヌマエビもどちらもコケを食べる、コケを取る効果はありますが、1匹単位で言うと体の大きいヤマトヌマエビの方が優勢ですね

補足

ただしミナミヌマエビの方が体が小さいのでたくさん飼える。

そのため実際飼育するとどちらもトータルでは差がないかも。

もちろんエビ用のエサも存在します。

エビのエサだけあって、あげたらあげたで食いつきはすごく良いです。

体の大きさが違う。大きい方がヤマトヌマエビ

ヤマトヌマエビ

ミナミヌマエビと同じく、ヌマエビ科に属するエビですが、大きさは3~5㎝ほどでミナミヌマエビより一回り大きく区別は簡単です

腹の横の点々もミナミヌマエビにはない特徴です。

こちらも同じくメダカのエサの残りや藻・コケなどといろんなものを食べるので、基本的な飼い方はミナミヌマエビと同じでOKです。

ミナミヌマエビ、ヤマトヌマエビの産卵と繫殖

ミナミヌマエビ。繁殖は簡単

寿命は1年ですが、メダカ同様にある程度水温が上がれば勝手に繁殖するので、飼育全般が容易で初心者向けです。

ただ高すぎると弱るのでご注意を。

水温が30℃を超えるときついです。

抱卵しているミナミヌマエビ

こんな感じで、メスが腹に大量に卵を抱えるようにして過ごします。だいたい1か月もあれば孵化します。

ちなみに卵は最初は写真みたいな濃い緑色をしていますが、時間が経つと、黄色(褐色)っぽくなり、この色になったら孵化も近いというサインです。

生まれた稚エビはかろうじて肉眼で見える大きさで最初はよく見ないとわからないくらい小さいので、メダカに食べられる可能性もあります。

そのため、メダカがいっしょにいる場合は隠れ場所になる水草を入れると良いです

メダカのように、別の水槽に稚エビを隔離するなど特別なことはしてません。

オススメの水草はコチラ

ヤマトヌマエビは淡水では繁殖不可

元々、ヤマトヌマエビは淡水ではなく汽水に生息しています。

汽水域(きすいいき)とは、河川湖沼および沿海などの水域のうち、汽水Brackish water)が占める区域である。漢字の「」は「水気を帯びた」という意味を含蓄し、「汽水」は淡水海水が混在した状態の液体を指す用語である。

一般にはに淡水を注ぎ入れている河口部がこれにあたる。深く入り込んだなどでもそれに近い状態があり、干潟の陸よりの部分は汽水域に入る。

汽水域 – Wikipedia

そのため普通に飼うと塩分がなく、汽水でなく淡水なので、 繁殖ができません

抱卵するヤマトヌマエビ
MEMO
厳密には抱卵はしますが、ほとんど孵化せず、もし孵化してもすぐ死んでしまいます。業者とかでないと非常に困難です。

一応アクアリウム用の塩もありますが、エビの繁殖というより殺菌作用としての意味合いのほうがいいでしょう

そのためミナミヌマエビみたく世代をまたいで飼うことはできないです。

もし、どうしても繁殖させたい場合、自分で汽水を作るという手もあります

かなり難しいみたいですが、チャレンジするかはあなた次第。

ミナミヌマエビ、ヤマトヌマエビのオスとメスの区別

ミナミヌマエビ。小さいので難しい

雌雄の区別については大人のミナミヌマエビでも、2,3㎝の大きさしかないため見て区別というのが難しいです。

ただ、ミナミヌマエビについては通常数匹~10匹くらいは同じ水槽でも問題ないので、ある程度の数がいれば雌雄どちらもいるはずです。

あとは勝手に繁殖するので、腹に卵を抱えていればそれが雌という感じです(笑)

その他、ミナミヌマエビについて詳しくはこちら

 

ミナミヌマエビの飼育。メダカと混泳させるのに一番オススメ!

ヤマトヌマエビ。体の横の点で区別できる

実は雌雄の区別についてはミナミヌマエビより簡単です。

雄のヤマトヌマエビ

腹の横の点々がポイントで写真のように普通の点々になっていれば雄です。

雌の場合は子の点々が、破線や一続きの線みたくなっていれば雌です。

あとは、基本的に雌の方が体が大きいので明らかに周りより大きい個体がいればそれが雌です。

その他、ヤマトヌマエビについて詳しくはこちら

 

ヤマトヌマエビもメダカと混泳させたりコケを取ることができる

ミナミヌマエビとヤマトヌマエビのコケを取る能力

ミナミヌマエビ
ヤマトヌマエビ
  • 1匹のコケを取る能力は低い
  • そのためコケ取り効果を狙うなら10匹などそれなりの数が必要
  • 体が大きいので1匹でもコケ取りの効果はそれなりにある
  • 一つの水槽に大量に入れる必要はない

ミナミヌマエビ。それなりの数が必要

コケ取りについては石巻貝の記事で書きましたが、正直イシマキガイには及ばないです。
(というよりイシマキガイの能力が高い)

単純に比べると、

ミナミヌマエビ<ヤマトヌマエビ<<石巻貝

と考えていいでしょう。

エビについてはコケを取るというより、メダカのエサの残りを食べることでコケの発生を多少は抑えるというイメージですね

特にミナミヌマエビの場合は1匹や2匹だとほとんど効果がないので、ある程度の数は入れたほうが良いです。

とは言っても、水草に付着したコケとかであれば、ある程度食べて除去してくれます。

ヤマトヌマエビ。体が大きい分、ミナミヌマエビよりは上

ヤマトヌマエビについては、ミナミヌマエビより体が大きく食べる量が多いので、コケ取りということではミナミヌマエビよりは上です。

なので、同じエビでも体の大きいヤマトヌマエビのほうがコケ取りの効果はまだ高いです

水温。どちらも高水温に弱い

ミナミヌマエビもヤマトヌマエビも、高水温には弱いです

そのため夏は特に水温が上がりすぎないように気をつけましょう。

だいたい10~28℃の間が適温です。

水温についてはメダカとおおよそ同じ考えで大丈夫です。

水草についている農薬に注意

水草の農薬に注意

お店で水草を買ってきて水槽に入れるときに、農薬がついているかどうかは要確認!
農薬がついている状態で入れてしまえば、エビは死んでしまいます。

そのため無農薬の水草を使用するかついている農薬を洗い流しましょう。

エビと農薬の関係についてはこちらの記事でまとめてます。

 

【水草その前に】エビや貝は、農薬付きの水草にご用心!

ミナミヌマエビもヤマトヌマエビも飼育はカンタン

ミナミヌマエビ
ヤマトヌマエビ
  • 大きさは大人でも2~3㎝と小さい
  • 水質や水温など環境が合えばすぐに繁殖する
  • 体が小さいためぱっと見でのオスとメスの区別は難しい
  • 大記者3~5㎝とミナミヌマエビの一回り大きい
  • 淡水では繁殖孵化(抱卵はするが稚エビが育たない。汽水にする必要がある)
  • 原の横の斑点の違いでオスとメスの区別が可能

コケを取る、ということなら正直エビよりも石巻貝のほうが上でしょう。

ただ、見た目はエビのほうが可愛いので、けっこう人気は出るのかなと思います。
(貝類は好みがわかれるようです)

繁殖面とコケ取り以外ではあまり大きな違いはないので、どちらかとなると好みの問題でしょうかね。
(もちろん両方飼うのもOKです)

メダカや金魚だけでも十分に楽しめますが、どうせならエビを入れるともう少し華やかな感じにもなります。

メダカだけで殺風景と思った人は、ミナミヌマエビやヤマトヌマエビの導入をオススメします。

ミナミヌマエビが良いと思った方はコチラ
ヤマトヌマエビが良いと思った方はコチラ