ヤマトヌマエビもメダカと混泳させたりコケを取ることができる

こんにちは、りょうた(@nr880622)です。

前回かいた記事(ミナミヌマエビの飼育。メダカと混泳させるのに一番オススメ!)では、ミナミヌマエビについて紹介しました。

 

メダカと一緒に飼う生物ではミナミヌマエビが一番人気のようですが、似たようなエビでヤマトヌマエビというのもいます。

こちらもメダカと一緒に4年ほど一緒に飼っていますが、特に問題なく飼えています。

今回の記事ではヤマトヌマエビを紹介します。

 

餌。こちらからは与えなくてもOK

ミナミヌマエビと同じく特別にえさを与えなくても、メダカなどのエサの食べ残し、水草、コケなどを食べます。

なので、基本的に餌を与える必要はありません。

 

ただし、体が大きい分ミナミヌマエビより食べる量が多く、意図せず水草を多く食べられてしまう場合もあるのでそこは気をつけましょう。

 

言い換えれば、それだけ食べるので、ミナミヌマエビよりコケを取る(食べる)能力は高いです。

 

産卵・繫殖。ヤマトヌマエビの場合は困難

ヤマトヌマエビ

ミナミヌマエビ同様、抱卵はしますが基本的に繁殖は出来ません

 

元々、ヤマトヌマエビは汽水(淡水と海水の混ざる所)に生息しています。

また稚エビはある程度の期間を海で過ごすため、そもそも淡水で生きられません。

(過去に一度孵化はしましたが、すぐに全滅しました)

 

そのためヤマトヌマエビは水槽(淡水)で生きるのは問題ないですが、繁殖はできません。

 

スポンサードリンク




 

寿命。ミナミヌマエビより長め

ミナミヌマエビは1年くらいでしたが、ヤマトヌマエビは長ければ3,4年くらいは生きるそうです。

 

ただし、水槽内では繁殖ができないため、そのままの数で寿命を迎えることになります。

ミナミヌマエビと比較する時は、「繁殖の容易さ」をとるか「寿命の長さ」をとるか。

他の生物との相性

クロメダカ

ミナミヌマエビと同じくそこまで気を遣う必要はないです。

メダカとの相性も良いです。

 

強いて言えばメダカより大きい肉食性の魚は避けた方が良いですね。

 

水温

こちらもミナミヌマエビと同じく高水温には注意

エビ類は基本的に高水温に弱いです。

 

夏は室内でも水温が30℃になり、ここまでいくとエビにとっては危険なのでエアコンを使ったり、窓を開けて風通しを良くするなどして水温を調節しましょう。

コケを取る能力

コケだらけの水槽

体が大きい分、ミナミヌマエビよりはたくさんコケを食べてくれます。

なので少ない数でもある程度の効果を発揮してくれます。

 

ミナミヌマエビよりコケを取る能力が高いと考えると、ミナミヌマエビみたく大量に水槽に入れる必要はなさそうです。

脱皮する

脱皮したヤマトヌマエビの抜け殻

これもミナミヌマエビ同様ですが、成長に応じて脱皮します。

大人でも月に1回くらいは脱皮しますね。

 

ちなみに抜け殻に関しては放置しておいても、エビが食べたのかちょっとすると無くなっています。

景観が気になるようであれば、取り出しましょう。

 

農薬に注意!

こちらもミナミヌマエビと同様。

 

農薬がついていると、すぐにエビ(甲殻類)は死にます。

無農薬の水槽を買うか、農薬を分解する薬品を使いましょう。

※輸入物の中には薬品を使っても農薬が抜けきれない物も一部あります。(記載有り)

 

まとめ。ヤマトヌマエビも飼い方自体は難しくない

ということで、ヤマトヌマエビの紹介記事でした。

 

注意点やミナミヌマエビとの違いをまとめると。

 

◎注意点

 

・餌は与えなくても大丈夫。ただし、水草(柔らかい新芽とか)を食べることはある

 

・メダカとの相性は問題なし

 

・高水温に注意(30℃以上)

 

・水草に農薬がついていると死ぬので、無農薬の水草を買うか、薬品で農薬を分解する

 

 

◎ミナミヌマエビとの違い

 

・ミナミヌマエビより一回り大きい

 

・体が大きい分、コケをたくさん食べてくれる

 

・普通に飼うと繁殖は困難

 

・寿命は長め(うまく飼えば3,4年生きる)

 

 

という所ですね。

とはいえ、基本的な飼い方はミナミヌマエビとほとんど同じですし、特別に気を遣う事もありません。

 

ぜひ、自分に合うほう、好きな方を飼ってみましょう。

(もちろん両方飼うのもOKです!)

 

 

関連記事:ミナミヌマエビの飼育。メダカと混泳させるのに一番オススメ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA