ナガバオモダカはメダカの屋外飼育にオススメ

ナガバオモダカの花

メダカ飼ってます、りょうたです。

 

メダカ飼育のお供として水草を入れている方も多いと思いますが、室内と屋外とで使える(相性の良い)水草が異なってきます。

室内の飼育であればアナカリスやマツモなど定番のものがわかりやすいですが、屋外飼育となるとやる人がそう多くはないため、水草も「何を使おう?」ってなりますよね。

そんなメダカの屋外飼育に使える水草として定番の一つが、今回紹介するナガバオモダカです。

ナガバオモダカの概要

ナガバオモダカの花

北アメリカ原産の植物で、水草というよりは抽水植物に分類されている。

MEMO
抽水植物⇒浅い水中に生えて、根は水中(水底)、葉や茎は水面から出ている植物。スイレンも該当する。水草は基本的に全部が水中にあるものを指す。

 

メダカの屋外飼育に使われる植物としては、スイレンと並んで定番の一つ。

丈夫で初心者でも育てやすい。

4月から9月にかけては白い小さな花を咲かせます。

 

ナガバオモダカとメダカは相性が良い

メダカを屋外で飼育するときの水草としては、ナガバオモダカはスイレンと並んで定番です。

葉が良い具合にメダカの隠れる場所にもなり、メダカとの相性も良いです

ナガバオモダカの葉の下に隠れるメダカ

ナガバオモダカの葉の下に隠れてる青メダカ

特に冬は寒いためメダカの活動が鈍りますが、ナガバオモダカの水中の葉の下が良い隠れ場所になります。

 

ただしナガバオモダカの葉は細長いためメダカが産卵する場所には不向きなので、メダカが産卵する場所としてはホテイアオイやウィローモスの方が適しています。

メダカの繁殖を期待する場合は、ホテイアオイやウィローモスも入れておいた方が良いですね。

もちろん他の水草などと同じく、水質浄化の効果もあるのでメダカといっしょに入れておきたいところですね。

 

ナガバオモダカの季節ごとの様子

春~秋に花が咲く

ナガバオモダカの花

ナガバオモダカは花を咲かせます。

時期としては毎年4月~9月ごろに花を咲かせることが多いです。

 

花自体は2,3日で散りますが、年を重ねてナガバオモダカが増えるとそれだけ多くの花を咲かせます。

メダカといっしょに入れる植物で花を咲かせる植物はそう多くはないので、貴重ですね。

 

冬は枯れるが春に新しい芽を出す

冬のナガバオモダカ

冬は水面下の葉だけ残ります

水草全般がそうですが、ナガバオモダカも冬の寒さには弱いです

 

冬には水面から出ている葉はすべて枯れますが、水中の葉はそのまま残ります。

冬の間は水中の葉のみでほとんど成長せずに冬を越し、春になり暖かくなると再び水面からも葉を出して、花を咲かせます。

メダカも冬はほぼ冬眠状態ですが、ナガバオモダカの葉の下に隠れることが多いです。

冬のメダカの飼育についてはコチラ
メダカの冬越し。メダカは冬でも生きられる

ナガバオモダカ向けの土や肥料

僕の水槽ではソイルを使っていますが、問題なく成長しています。

ソイルは粒の表面が多孔質なため水質浄化の効果のあるバクテリアが定着しやすいというメリットがありますし、ソイル自体に養分がふくまれているため水草の成長に最適です。

室内飼育もふくめて、ソイルは万能ですね。

 

ソイル以外だと赤玉土も良いです。

ソイルと違って赤玉土自体に養分はほとんどありませんが、ソイルと同じく多孔質なためバクテリアが定着しやすいです

 

肥料については、肥料がなくてもメダカなど生体の排泄物を養分にして十分に成長できます

ナガバオモダカに使える肥料(油かすなど)もありますが、メダカなどへの影響が出てくる可能性があるので、基本的に肥料は不要です。

肥料によってはメダカやエビなど元々いる生体に悪影響がある場合もあるので、どうしても肥料を使うときは慎重に。

 

ナガバオモダカの増やし方

ナガバオモダカは繁殖力が非常に旺盛で水質が合えば、放っておいても勝手に増えていきます

うちでは2015年の春にナガバオモダカを1つ導入しました。

現在5年ほどたって、かなりの数に増えました。

ナガバオモダカ

水中、水上の細長い葉は、すべてナガバオモダカです。

元々1つだけだったのが、今やかなりの数に増えています。

ナガバオモダカの地下茎(ランナー)

ナガバオモダカは地下に地下茎(ランナー)をはりめぐらせて、地下茎の先端から新たなナガバオモダカが生えてきます。

むしろ増えすぎに注意なくらいですね。

今はソイルが見える部分が少ないくらいには増えてます。

 

メダカの屋外飼育は室内にはない味がある

ビオトープ

メダカの屋外飼育は室内にない様々なことがあります。

特にいえるのが、外なので外部から虫など他の生物がやってくることもあるので、ひとつの『生態系』みたいなものができるんですよね。

注意
ただしヤゴなどはメダカにとって天敵なので、いたらすぐに水槽から出しましょう。

 

田舎の方だと、カエルがやってくることもあるそうで、メダカの水槽にカエルというのも風情があって良いとは思います。

カエル

メダカもそうですが、生き物好きな方は外でもメダカを飼ってみると室内とはまたちがった楽しみ方ができるかもしれません。

このような生物、生態系のできている場所や空間を『ビオトープ』とも呼びます。

 

ちなみにうちの水槽の近くは春~夏にかけて、カナヘビが見られます。

カナヘビ

水槽の中だけでなく、水槽のまわりにもいろんな生き物がいます。

メダカの屋外飼育についてはコチラ
メダカは屋外でも飼育できる

 

外への放流は絶対にしないこと

ナガバオモダカは生態系被害防止外来種リストにも入っており、万が一外へ放流されてしまうと旺盛な繁殖力からそこに元々いた在来の植物などを駆逐してしまう可能性もあります。

(飼育下の環境なら問題ないです)

 

メダカに使われる水草としては、ホテイアオイやアナカリスもリストに入っていますが、水草にしてもメダカにしても飼っている生物は絶対に外に放流しないでください

 

屋外飼育はまずナガバオモダカ

ナガバオモダカはこんな植物
  • メダカの屋外飼育では定番の一つ
  • 4月~9月に花が咲く
  • 冬は寒さでいったん枯れるが、春にまた新しい芽を出す
  • 地下に地下茎を伸ばしてどんどん増える
  • 底砂はソイルや赤玉土がオススメ

メダカの屋外飼育にいれる水草(植物)として、ナガバオモダカは定番です。

迷ったらナガバオモダカでも良いくらいです。

 

メダカを屋外で飼いたいけど、いっしょに入れる植物を考えている方はまずはナガバオモダカからチャレンジしてみましょう。

ほかにメダカと相性が良い水草をお探しの方はコチラ
メダカの飼育にオススメの水草